あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

お盆玉の袋はポチ袋で良い?相場はどれくらいなの?

      2018/10/23

お盆玉
お盆玉とは、年始にあげるお年玉と同じように、お盆休みに親戚の子や孫などにあげるお小遣いのことです。

このお盆玉って、あまり聞き慣れないですよね。ここ最近、たまに耳にすることがあるくらいの言葉ではないでしょうか。

子供には嬉しい習慣でしょうが、はた迷惑に感じるのは大人だけ?(笑)まだ一般的なものとしての認知度はイマイチですが、そのうち馴染みのあるものになるかもしれません。

お盆玉なんて必要ないと思う人も、思わない人も、いざというときには知識として覚えておいた方が良いでしょう。
そこで、お盆玉とは、どういった経緯で始まったものなのか、由来や歴史についてご紹介します。また、お盆玉を入れる袋は何処で手に入るのかとか、相場などもお知らせしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

お盆玉の専用の袋って何処で買える?

ずばり、お盆玉専用の袋は郵便局で購入できます。このお盆玉袋なるものを世に出したのは郵便局なんです。
初めてお盆玉袋を発売したのは、2014年の7月。翌月のお盆に間に合うようにってことだったのでしょう…^^;

なぜ郵便局が?…と、疑問に思うわけですが…この理由として「郵便局は、人と人を繋ぐのが役割、お盆玉もそのキッカケになれば」とのことだそうです。なんとも、納得できるような、できないような…。

そうしたことで、お盆玉袋が生まれたわけですが、実はお盆玉のためのポチ袋は、その前から他のメーカーから売りだされていました。認知度が、それほどなかった頃からもお盆に子供たちにお小遣いを渡していたんですね。

現在、郵便局だけでなく大手文具店でも取り扱っている場合もあります。Amazonなどの通販サイトでも購入できますしね。

もちろん、お盆玉袋に拘る必要はありません、専用のものでなくても年中取り扱いのあるポチ袋で十分です。

スポンサーリンク

 

お盆玉の相場はどんなもん?

疑問
お盆玉の金額の相場ってどれくらいなんだろう…と、いざ渡そうと思っても、ちょっと考えてしまうかもしれません。お年玉と同額くらいなのか、それとも安めで良いのか?ってことも気になりますよね。

しかし、お盆玉であげる金額って、実際には相場みたいなものはないんです。まぁ、お年玉と同じですね、この仕組は^^;

そのご家庭によっても違いますし、お金ではなくプレセントの場合もあるようです。
期間も、厳密なものはなく、お盆時期にお孫さんや親戚のお子さんが遊びにきている時に渡すのが一般的ですが、あまり気にする必要はありません。

 

お盆玉の由来や歴史・発祥の地域って?

由来
お盆玉の発祥の地は、山形県の一部の地域とのことです。この風習は、江戸時代からありました。当時は、夏に奉公人へ衣服や下駄などの品物を渡すものでした。昭和初期頃から子供へのお小遣いをあげるという行為に変わったようですが、その頃はまだ、全国的なものでなかったのです。

2010年に文具・紙製品事業メーカーの株式会社マルアイが造語として「お盆玉」の商標登録をし、お盆玉用のポチ袋を売りだしました。なので、「お盆玉」という言葉自体、結構新しいものなんです。

さらにその4年後、郵便局がお盆袋を発売したことにより、世間にも知られるところなったわけなんですね。

それにしても、このお盆玉の新習慣は定着するのか、かなり気になります。良い悪いは別として、何だか「う~~む…」という感じは否めません^^;

スポンサーリンク