あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

効果的なシールのはがし方~おすすめの方法と代用になるものは?

   

シール

出典 http://blog.livedoor.jp/akitanamahage/archives/1128382.html

子供って、とかくシールを何処にでも貼ってしまうっていうのは、やっかいな遊びの一つでしょう。
仕方ないと言えば仕方ないのでしょうが…、自分も昔やったって覚えのある人もいますよね。

まぁとにかく、子供の仕業ではない場合でも、シールを貼ったあとって剥がすの大変です^^;
はがしている途中で破けたり、剥がしても粘着剤がベタベタ残ったままだったり、時間が経ってからだと尚更はがしづらくなったり…と。

そこで、シールのはがし方で効果のある方法を調べてみました。
おすすめの方法をご紹介します、裏技でもなんでもありませんが…^^;ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

 

シールは何故くっつく?このくっつく成分が鍵

シールが物に貼りつくのは、粘着剤が貼ろうとしているものとの間の隙間に入り込み、密着するからです。

市販のシールはがし剤などの成分は、この粘着剤を分解させるものが含まれています。
主に、酢酸系~レモンやオレンジの成分、酢にも同様のものが入っていますよ。

だからよく、シールはがし剤は、酢で代用できると言われるのです。

因みに、日本で認知されているシールという呼び方は、外国では通用しません。シールの意味は、「封印する」で意味合いが違います。

日本で言うところのシールは、英語圏では…ステッカーです。
最近は、この「ステッカー」の呼び名も一般的になりつつありますよね。

シールのはがし方~対象の材質で使い分けが必要

シールの剥がし方は、いろいろな方法がありますが、貼られている物の材質によっては、適していないはがし方もあるので注意が必要です。

ドライヤー

【ドライヤー】

ドライヤーの熱で、シール粘着剤を柔らかくし、はがす方法です。

<はがし方>
シールの端っこを少しめくり、接着面を温める感じで、ドライヤーで熱風を当てます。
しだいに接着剤が柔らかくなってくるのを待ち、抵抗が弱くなってきたら、はがしていきます。コツはゆっくりと剥がす…です。

金属やガラスなど、シールはがし剤などが浸透しにくい材質のものには適している方法です。

※熱に弱いものには使わないでください。あっという間にとれるというものではありませんので、何度も根気よく熱風を当てましょう。
※シールを貼ってから、かなり年月とか経っている時など、長期間経過している場合には、効果は期待できないかもしれません。

 

【中性洗剤・酢】

いつも食器を洗うのに使っている台所洗剤、酢などもシールはがし剤の代用になります。

剥がしたいシールに中性洗剤、または酢をタップリつけ、染み込ませるために上からラップで覆います。
10分以上おいておくと、洗剤、酢の成分が粘着剤を溶かして、剥がれやすくなります。

この方法だと、ベタベタが残らず、はがしたあと拭き取るだけでOKです。

 

【市販のシールはがしスプレー・はがし液】

試行錯誤するのも面倒って時には、市販の専用のものを購入しましょう^^;

今時は、100均でも手に入ります。
「強力」と銘打ったものとの成分の違いや濃度の違いは定かではありませんが、そこそこいい感じでとれます。

代用品の場合と同じく、シップ状態(付けたあとラップで覆う)にしてからはがすのがコツで、より効率的ですよ。

ただし、シールをはがしたあと表面状態が悪くなったり塗装膜が曇ったりする場合があるので注意しましょう。(プラスチックなどに多いです)

スポンサーリンク

 

シールをはがしたあとの粘着剤のベタベタをとる方法

ガムテープ
【ガムテープ】

ガムテープを適当な長さに切り、シールのはがしたあとのベタベタ部分にガムテープを押し当てて、何度か繰り返してとっていきます。

【ハンドクリーム】
ハンドクリームは、シールの上から塗っても効果はありませんので、シールをはがしたあとの処理に使います。ベタベタが残っている場合に、指につけて擦るときれいにとれます。

【消しゴム】
ハンドクリームと同様にシールを剥がしたあと、消しゴムでこすります。
範囲が狭いものであれば、消しゴムが手軽です。

【除光液】
コットンなどに除光液を浸して、ベタベタを拭き取ります。
変色しそうな材質のものは使用を控えましょう。
プラスチックなどは、表面がくもる可能性があります。

 

ガラス瓶
シールはがしに使うもので、水分を含んでいるものは、当然ですが貼り付けてある対象の素材が紙などの濡れてしまうとダメなものには使えません。

また、プラスチックなんかだと綺麗にはがしたとしても、成分によって塗装膜がくもったりする可能性もありますので、気をつけてくださいね。
目立たないところで試し使用をしてからの方が良いかもしれません。

買ってきた食器とか、ガラス瓶に付いているラベルとかは、お湯や水に浸しておくだけで粘着剤がふやけて綺麗にとれることも多いです。

急がないのであれば、この方法が安全でおすすめです。

いろんなはがし方がありますが、状況を考えながら、お好きなもの試してみてください♪

スポンサーリンク