あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

インテリアの反対語はなぜアウテリアでない?本当の対義語は?

   

「インテリア」は、ほぼ誰もが知っている言葉ですよね。でも、その逆、反対語って何なのかって知らない人も多いのでは?現に、私は知りませんでした^^;

短絡的には、「in⇔out」……だから、アウテリアでは?なんて考えてしまいそう。

でも、インテリアはラテン語の言葉に由来しているので、英語の反対語である「アウト」は使わないということ。というわけで、ラテン語の対義語「エクステリア」が正しいんです。

インテリアは内側の概念、エクステリアは外側の概念の意味を表します。

インテリア→内装
エクステリア→外装

エクステリアは外の庭や外壁、フェンスなど(屋内の椅子やテーブル、カーテン等の反対の意味)の外観全体を表現するものとして使用されます。

 

ちなみに、「アウテリア」っていう言葉も建築用語として実際あるようです。
でも、それは和製英語。
「インテリア」というぐらいだから、外は「アウテリア」でしょ~って考える人が多いからできた言葉なのかもしれません。

スポンサーリンク