あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

オロナインパックのやり方~ここが肝心!角栓を取った後のケア

      2016/07/07

オロナインパック

出典 http://ameblo.jp/accoaccoacco1123/entry-11981240643.html

鼻に詰まった角栓で悩んでいる人って少なくないですよね。毛穴が角栓で詰まって、黒ずみやイチゴ鼻になっていませんか?毎日、鏡の前でため息…なんてこともあるかもしれません。

でも安心してください、話題になっている角栓を除去する方法があります。

鼻の角栓取りには、毛穴パックが定番ですよね。
その毛穴パックと併用すると、なおさら効果を発揮してくれるオロナイン!
鼻の角栓や黒ずみをパック単品使いよりも、より綺麗に取ってくれるんです。

しかし…油断してはいけません、角質を取ったあとのケアが、パックよりも大事です。
オロナインパックの効果的なやり方と、施行後のケアをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

オロナインパックはなぜ効果がある?

疑問の女性
鼻にペッタリ貼る毛穴パックって、随分昔からありますよね。
メーカーや、種類もいろいろあって、より強力なのはメンズタイプだったりとか。。。

だったら、それで十分じゃない?と思いがちですが、それでも満足できないのが人間の性ですよね。

オロナインパックは、そんな人間の欲求を叶えてくれます♪(多少オーバー)
オロナインの主成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液というもので、これは殺菌、消毒薬として使用されています。
他にも、天然由来の界面活性剤の一種である、自己乳化型ステアリン酸グリセリルという成分も含まれているんですね。

界面活性剤といったら…水と油を混ざりやすくさせるもの。
この自己乳化型ステアリン酸グリセリルが、角栓の脂とパックする時の水分とをまとめて、パックに吸着しやすくさせます。
それだけでなく、オロナインを塗ることで、角栓の黒ずみや汚れが溶けて、ゴッソリ取れるというわけです。

 

ただ、製造元の商品ページでは、オロナインパックの効果については明記されていないどころか、ふれられてもいないので、注意してくださいね。オロナインの成分的に、このような働きがあると考えられます。
…が、実際、効果を実感している人が大勢いるということは、紛れもない事実ですよね。

毛穴パックをしても、たいした取れない…って人は、試してみてみる価値ありですよ。

 

オロナインパックのやり方~この手順でやれば効果的♪

洗顔
<手順1>

普段通り洗顔し、汚れをしっかり落としてから、オロナインを厚さ1mm程度に鼻が白くなるくらいタップリ塗り、10分~15分放置。

※洗顔は、毛穴を開きやすくするため、ぬるま湯で行い、しっかり泡立てて洗う。

<手順2>
ぬるま湯でオロナインを十分に洗い流し、水分は拭わないで濡れたままに。

※ぬるま湯でないと、しっかりオロナインを洗い流せないのと、冷水だと毛穴が締まってしまう。お湯が熱すぎると、オロナインの成分を落としすぎてしまうので注意。

<手順3>
鼻が濡れている状態で毛穴パックをし、所定の時間を守って剥がす。

<手順4>
パック後は冷たい水で軽く洗顔し、化粧水をつけて普段のお手入れを行い、たっぷり保湿する。

 

【ポイント】

オロナインパックの威力ってすごいって聞いてたけど、思ってたより、そうでもなくてガッカリ…ってこともあるかもしれません。

蒸しタオル
そんな場合には、毛穴の開きが十分でなかったことも考えられます。
ぬるま湯洗顔ではダメなら、蒸しタオルをじっくり鼻に当ててから行ってみてください。
1分程度、温めるとより効果的ですよ。

また、パックと鼻との間に隙間ができやすいため、密着度が今ひとつってこともあります。
その対策としては、ティッシュの塊を適当に鼻の穴に詰めて、鼻を密着しやすい形に整えてやると良いでしょう。

毛穴パックは、頻回な使用をせず、多くても週一程度にしてください。

 

オロナインパック後の必須のケア!

引き締め化粧水
オロナインを使ってパックをした後の毛穴は、角栓が取れて開いたままになっています。
ここで、何もしなければ、開いた毛穴にまた角栓が溜まっていくことになるので、パック後は、この毛穴を引き締めなくてはなりません。

パック後のお手入れとして使う化粧水は、引き締め効果のあるものを使ってください。冷蔵庫で冷やしておくと、さらに効果的です。

そして、オロナインパックによって、角栓が取れただけでなく、肌の表面の角質も剥がしてしまっています。より乾燥しやすい状態ですので、化粧水のあとはしっかり保湿もしましょう。

パック後のケアを怠ると、毛穴が開きっぱなし、乾燥しっぱなし…で、余計、皮脂の分泌を促してしまい、パックをした意味がなくなってしまいます。
角栓を再び溜め込んでしまう原因になりますので注意してくださいね。

 

鼻の角栓

オロナインは、ずいぶん昔からある、誰もが知ってる軟膏ですよね。
切り傷、火傷、あかぎれ…、意外にもニキビにも効果があるんですね、それから…なんと水虫にも!

まさに万能薬…と、まではいかないにしても、使用頻度の高い軟膏です。

しかし、角栓取りの毛穴パックに威力を発揮するなんて…これも意外ですよね。
すでに、毛穴パックなるものが登場して久しいですが、鼻のイチゴ鼻と言われる角栓や黒ずみ…もっとゴッソリ取りたい!もっとすっきりしたい!って人には、強力な助っ人になりそうです。

しかし、毛穴パックをすること自体、賛否両論あります。
パックをした後、余計に毛穴が広がって、角栓が溜まりやすくなる、とか。

確かに、頻回な処理は、そうなることもあるでしょう。
その上、正しいやり方をしないと、効果が不十分だったり、肌に過剰な刺激を与えることになります。

ただオロナインは、より角栓を取りやすい状態にもっていき、すっきりさせるために効果的ですよ~というだけの位置づけです。

角栓がゴッソリ取れる瞬間は、なんとも言えない快感で癖になりますが、くれぐれもやりすぎは禁物です、適切なケアを心がけてくださいね。

スポンサーリンク