あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

入学祝いのお返しって必要なこと?時期や品物選びはコレでOK

      2017/02/24

内祝い

子供の入学にお祝いを頂いたけど…内祝いのお返しの品物は何にしたら良い?お返しの時期はいつ頃…と考えてしまっていませんか?

毎年の習慣などと違って、たまにしか遭遇しない事態に戸惑ってしまうこともあるでしょう。
お返しひとつするのに、何か決まり事ってあるのかと悩みますよね。

子供の入学でバタバタ忙しいけど、親としては祝ってくれた人に対して有り難い気持ちだし、お返しもしたい。
そこで、入学内祝いのお返しについての考え方や時期、どんな物が適当かについてご説明します。

スポンサーリンク

 

入学祝いのお返しは何処でも同じ考え?

地域

入学祝いは、子供が勉学に励むことができるような品物を贈るというものですよね。お祝いを贈る時には、通常「お返しはいらない」とされています。

本来、入学祝いというものは、対象となる人は、子供です。
自分自身でお返しができないことから、必要ない…との考え方なんです。

こうしたことから、子供からのお礼のみで済ませることが多いんですね。

でも実は、これは地域によるんです…。

住んでいる場所によっては、「お返し」という考え方ではなく、入学というおめでたい事の喜びを分かち合うためのものとして「入学内祝い」として用意することが一般的な地域もあります。

そうだとしても、年配の人ならまだしも、まだ若い親である場合は、よくわからなかったりします。
両親や先輩ママに尋ねてみたりするなど、現在住んでいる地域の習慣を確認しましょう。

どちらにしても、入学祝いを頂いたら、直接、子供からお礼を言わせる…最初の段階はこれです。
もしくは、送って頂いた場合は、電話でお礼を言わせる。

とにかく礼儀を尽くしましょう。
お礼を言われて不愉快になる人はいませんよ。

入学祝いお返しの相場と時期

考え中主婦

<祖父母に対して>
お祝いのお返しについて、相談したい両親や義理の親に、子供の入学祝いを貰うことも多いでしょう。
特に祖父母では、ランドセルが定番だったりで、高額な品物が多いようです。
そうした場合であっても、何より孫のお祝いをしたいだけという気持ちが強い人達であるはずなので、無理に内祝いをしようとすると、気を悪くするかもしれないですね。

孫からの手紙や絵や入学式の写真などを添えて、もしどうしてもというなら、ちょっとしたお菓子を渡す…というくらいでも良いと思いますよ。

<知人・親類>
知人や親戚の方に対しては、半返しから1/3程度のお返しをします。
一般的な品物は商品券やお菓子、コーヒーやジュースのセット、洗剤など、食品や消耗品の類で、あとあと残らない品物が適当です。

※お返しの品物には、現金と腰から下につけるような物と肌着はNGですので注意してください。

スポンサーリンク

 

<お返しの時期>
内祝いをするなら入学祝いを頂いてから通常、3週間~1ヶ月以内の入学式が終わってからとなります。
ちょうどゴールデンウィークと重なる時期になることから、うっかりしているとタイミングを逃しまいますので、注意しましょう。

ゴールデンウィークの前には、相手方に渡すことができるようにしたいものです。
忙しい時ですが、段取り良く早めに準備、お返しの品物の手配を済ませましょう。

するかしないか迷うなら入学祝いのお返しは、しておいた方が無難

箱入りお菓子

通常お返しの必要はない入学祝いですが、内祝いでお返しする地域以外でも、実際には、お祝いを贈れば、お返しを貰えると思っている人も意外と多いのです^^;

その場合、ちょっとやっかいですよね。
そのような人から入学祝いを貰って、お礼だけを伝えるといった行為をした時に非常識だと思われかねません。

マナー違反をしたわけでもないのに、後々気まずくなってしまうのは避けたいものです。
だから…そんなことで悩むのは時間の無駄です。

お返しの相場にのっとって、内祝いをお贈りしましょう!
とかく人付き合いって難しいものです、関係を良好に保つためにもうまく立ちまわる…これ必大事ですよね^^

スポンサーリンク