あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

上司やお客様、誰が先に乗る?エレベーターのマナーや席次

   

エレベーター
ビジネスシーンでの会議や会食などはもちろん、エレベータ―内での立ち位置にも席次があります。
それぞれに、上座と下座があるんですね。
いつもなにげなく乗っているエレベーターですが、席次があることは意外に知られていません。

会社で、上司やお客様と乗り合わせた時に、失礼にならない席次のマナーと、誰が先にエレベーターに乗るべきか?などについてもお伝えします。

スポンサーリンク

 

エレベーター内の席次

ボタンの操作盤が左右どちらにあるかに関わらず、入口から見て左奥が上座で、次にその右、操作盤の前が下座です。操作盤が右にあるときは、その前が下座、左右両側にあるときは左が下座。
目上の方を降順に並べると、お客様→上司→先輩→自分…という感じなります。

複数の会社が同居しているオフィスビルでは、例え失礼のないよに…と考えても上司やお客様の席次を厳密に守ることは確かに難しいです。
しかし、いざというときのために、この基本の席次は、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

エレベーターマナーは乗る人数が決め手になる

エレベター内に案内する場合において、相手方が一人の場合と複数の場合とではマナーが違います。

相手が一人の時には、開いているドアを自分が押さえ、先に乗り込んでもらいます。
相手が複数の時には、「失礼します」と一声かけてから先に自分が乗り、操作盤の位置に立って開いているドアを押さえ、他の人を中へと案内します。

国際礼儀(プロトコール)では、乗る時も降りるときもお客様が先です。人の流れによってお客様より先に乗り降りせざるを得ない時は、「お先に失礼します」のひと言を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク