あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

年賀状の書き損じはがき~交換や換金できる?手数料は?

   

年賀はがき
年賀状を自分で作成していて書き損じたり、ミスプリント…って、少なからずありますよね。
もしくは、多めに買ったはいいけど、余った年賀はがきが結構ある…なんてことも。

そんな、書き損じた年賀はがきや、未使用の余った年賀状は換金できるのか、切手などに交換できるのか?他のものには?
…なんてことを調べてみました、また、手数料についてや書き損じはがきで寄付や募金が可能なのかもお知らせしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

余った年賀はがきの使いみち、交換は?

年賀状を作成中、ミスプリントで駄目にしてしまった…なんて時には、年賀はがきの販売期間内であれば、郵便局で手数料を払って、新しい年賀はがきに交換してもらうのも良いでしょう。

しかし、去年余ったままの年賀はがきが出てきたから、今年の年賀はがきに手数料を払って交換してもらおう!…というのは出来ませんのであしからず^^;

返信分を見越して多めに買って余った年賀状、時期を過ぎれば持て余してしまいますよね。必ずといっていいほど、何枚か残ってしまうはずです。

もちろん、普通に郵便はがきとして使ってもかまわないのは、ご存知の方もいるでしょう。
とはいえ、「年賀」とはっきり印字されているので、ちょっと気が引けてしまうところ。懸賞の応募などに使うのもアリですが、一昔前ならいざ知らず、最近はそんな利用をすること自体少なくなっているようです。

こんな時は、普通の郵便はがきに手数料を支払って交換してもらうのが一般的です。

 

書き損じ年賀はがきの交換は?

書き損じはがきも、余った年賀はがきと同じく、手数料を払えば新しい郵便はがきに交換できます。

因みに、宛先不明で戻ってきたはがきは、交換してもらえません。
年賀状は消印が付いていないので、投函して、配達までの手順を踏んだはがきかどうか、わからないのは?と考えてしまいますが、実は違うんです。

年賀はがきの見えないバーコードにより、一度配達されたものかどうか、すぐわかるようになっています。くれぐれもズルはしないように(笑)

 

書き損じ年賀はがきの交換手数料は?

5円
書き損じはがきの交換手数料は、1枚につき5円です。
手数料は、現金で支払う必要があります、引換後の切手分からの差し引きはできませんので注意してください。

※切手の場合も同じく1枚につき5円、往復はがきは1枚につき10円
※特定封筒(レターパック)は、1枚につき41円

スポンサーリンク

 

交換できるのはハガキだけ?切手や他のものへは?

普通の官製はがきに交換可能と前述しましたが、通常切手にも交換可能です。もしくは、特定封筒(レターパック封筒)などにも交換してもらえますが、その場合は、同等料金分が必要です。

また、ゆうパックの郵送料金は、切手でも支払いができますよね。
ということは書き損じはがきを切手に交換したとして、ゆうパック代金に当てることが間接的にできることになります。

※汚れたり、棄損した郵便はがきや切手などは、無効となり交換対象外になります。

 

換金は?寄付や募金はできる?

書き損じはがきは、郵便局で手数料を払ったとしても換金はしてくれません。

しかし…、換金すること自体は、必ずしも無理なわけではないんですね。金券ショップにもよりますが、切手に交換したあと買い取りしてもらえることもあります。
郵便局で手数料を払った上に、金券ショップでの買い取り額は大体80%くらいですが、それでも家で不要なものを眠らせておくよりは良いですよ。

割りと多めの書き損じや未使用のはがきがある人にはおすすめです。

 

また、せっかくだからこれらを使って寄付や募金ができないか?と考えている人もいるかもしれませんね。

例えばNPO「シャプラニール」では、未使用や書き損じはがきを回収して、郵便局で切手シートに交換してから換金し、これをバングラディシュやネパールの子どもたちへの教育資金としています。

金額的には少額ですが、多少なりとも寄付や募金といった意味合いには違いありません。
このような国威際貢献、国際協力活動をしている団体は数多くあので、興味のある方は一度調べてみてはどうでしょうか。

 

無料交換できる場合もある

通常は、未使用であっても交換手数料を支払わなければ、郵便はがきや切手に交換できませんが、無料交換できる場合があります。
近親者の不幸による服喪のために不用になってしまった年賀ハガキや、年賀切手においてです。

無料交換期間は決められているので注意してください。お年玉付き郵便はがきの販売開始日から、販売終了日までで、服喪であることを申し出て、所定の請求方法で手続きする必要があります。

郵便局今回は余った年賀はがきや書き損じの年賀状についてご紹介しましたが、もちろん普通の郵便はがきに関しても同様です。

どうしたらいいのか考えてしまいがちですが、この際、面倒臭がらずに処理してしまいましょう。
たかが何十円?何百円?かのことかと放置せず、交換できるものに交換して、少しでも有効的に活用してくださいね。

スポンサーリンク