あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

男の子と女の子、それぞれの初節句のお祝いや段取りは?

   

初節句
3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句は毎年祝う行事ですが、生まれて初めて迎える初節句は特別なものです。
赤ちゃんの健やかな成長をお祝いするのと同時に、厄除けを願い行事です。
雛人形や鯉のぼり、兜などの節句の飾りを用意し、楽しいイベントにしましょう。

スポンサーリンク

 

初節句のお祝いのやり方

節句は「節供」ともいい、季節の節目になる日です。
「供」は神様にささげる供物(くもつ)を意味し、人を招いて飲食を楽しむのが習わしです。

疑問
<初節句のお飾りを用意するのは誰?>
節句の飾りは母方の実家が贈るものとされいますが、最近は、両家で折半することも多くなっています。
両家で用意をしてくれる場合、子どもの親が同行するか、お祝い金としていただくのが無難です。

<生まれてすぐに初節句を迎えるときはどうしたらいい?>
節句の直前に生まれて、まだ首も座らないような時期であれば、無理してまでその年に行わなくても問題ありません。翌年を初節句としてお祝いしましょう。

<親のお飾りを使うのはOK?>
ひな人形は、子どもの成長と幸せを祈り、子どもの身代わりとなって厄を受けてくれる役割があります。そういう本来の意味から考えると、できるだけ兼用や譲り受けは好ましくありません。

<兄弟姉妹で共有しても良いもの?>
節句の飾りは厄除けの意味があるので、一人ずつ持つのが理想です。
しかし、スペースの都合などで現実的には難しいこともありますよね。
そのような場合は、別の人形や飾りを用意するのが良いでしょう。

 

初節句のお祝いの贈り方とお返し

●お祝いを贈るとき
節句の飾りは大きな物なので、いくつあっても良いわけではありません。相手の都合を聞くか、現金、商品券などが無難。
また、節句のお祝いの贈り物は初節句のときだけです。

・表書き:「御祝」「祝初節句」
・水引:赤白の蝶結び
・金額:親族は5000~1万円、知人は3000~5000円程度
・品物:ひな人形、こいのぼりなど
・時期:半月前~当日、飾り物は1ヶ月前

●お祝いのお返し
両親からのお祝いの場合は、自宅に招いて一緒に祝い膳を囲みましょう。他の人からであれば、頂いた金額の1/2~1/3の品物を選び、赤白の蝶結びの水引でお返しします。
表書きは「内祝」のほか「桃の花」「菖蒲」でもOKです。

スポンサーリンク

 

女の子の桃の節句

女の子の桃の節句は、ひな人形や桃の花を贈るかわいらしい行事です。
雛人形は女の子の身代わりとなって、厄を落としてくれる有り難いものなので、ぜひ用意しましょう。

ひな祭りの由来
平安時代に、人形(ひとがた)に自分の厄や災いを移し、川や海に流した流し雛の行事が、ひな祭りの原型です。江戸時代になると一般の人々も雛人形を飾るようになり、我が子に災いが降り掛からないようにと願ったとのことです。

<桃の花を飾る>
桃の節句の頃になると、花屋さんにも可愛らしい桃の花が並び始めます。「桃」は、邪気を祓う力があるとされ、色々な神事でも使われる花です。家の中にも飾り、魔除けの力を発揮させましょう。

<雛人形や飾りはいつからいつまで?>
雛人形や、桃の花などの飾りは、立春(2月4日ごろ)から2月中旬にかけ遅くても、ひな祭りの1週間前までには飾るようにします。
因みに、桃の節句の時には、雨水の日に飾り付けをすると良縁に恵まれると言われているようですよ。
片付けが遅いと結婚が遅くなる、というのは迷信です。
地方によっては旧暦まで飾るところもありますが、一般的には3月中旬頃まで。乾燥した天気のいい日に片付けましょう。

 

男の子の端午の節句

男の子の成長と健康を祈願するのが端午の節句です。よもぎ、菖蒲などの邪気を祓う効果があるものを取り入れて、家には兜や鎧、こいのぼりを飾ります。

端午の節句の由来
5月5日に菖蒲を取り入れた行事は奈良時代に宮中で行われていました。
現在の節句に近い形になったのは鎌倉時代からです。菖蒲と武道の「尚武」が同じ読みであること、菖蒲の葉が剣の形に似ていることなどから、男子の節句になったようです。

<内飾りと外飾り>
端午の節句には2種類の飾りがあります。外飾りの鯉のぼりは、立身出世を祈願するものです。
内飾りの鎧、兜などは、昔は武将が身を守る道具でしたが、現代はたくましく立派に育つように、という気持ちを表しています。

<端午の節句の飾りはいつからいつまで?>
端午の節句の飾りは、春分の日(3月20日頃)から4月中旬までには飾りましょう。そして5月中旬頃までには片付けるのが一般的です。節句は季節の節目なので、長く飾り過ぎることのないように注意しましょう。

スポンサーリンク