あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

玉造温泉の日帰り入浴~おすすめの施設はココ!

   

温泉
温泉に泊まってゆっくりしたいけど、兎にも角にもそんな時間がない!…日帰りくらいだったら行けるのになぁ~。
と、つかの間の温泉気分を味わいたいって時には、日帰り入浴がおすすめです。

全国各地に日帰り入浴ができる温泉、旅館は数あれど、今回は、有名な玉造温泉を調べてみました。
玉造温泉は、歴史ある老舗の温泉旅館が多いスポット。
だけれども、古臭くなく、情緒あふれる雰囲気に浸りながら、温泉に浸かることができます。そして美肌の湯というのが魅力的♪

玉造温泉の日帰りプランがある評判の施設をご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

玉造温泉:日帰り入浴プラン有り~旅館やホテルなど

【玉造温泉 ゆ~ゆ】

ゆ~ゆは、日帰り入浴専門施設です。
俗にいう、スーパー銭湯のような位置づけですね。

でも違うのは、しっかりと「温泉」であるということ。
沸かし湯ではないのに、低料金で入浴できます。

<日帰り入浴受付>10時~21時20分(入浴時間は22時まで)/朝風呂:日曜日、正月、ゴールデンウィーク、お盆など限定~5時~7時10分(入浴時間は7時30分まで)
<休館日>月曜日(祝日の場合は翌日)
<料金>大人(中学生以上)410円/小人(3歳以上)200円~大人・小人ともお得な回数券あり
<住所>島根県松江市玉湯町玉造255番地
<TEL>0852-62-1000 フリーダイヤル:0120-025-373

 

【佳翠苑 皆美】

この皆美も創業120年の老舗です。
玉造温泉は、歴史のある旅館が多いんですよね。

とはいえ、館内はとても手入れが行き届いており、古臭さはは感じられません。
美肌の湯にゆっくり浸かれます。

<日帰り入浴受付>11時~15時(毎週土・日・月のみ~事前連絡必須!)
<料金>大人1,500円/小人700円
<住所>島根県松江市玉湯町玉造1218-8
<TEL>0852-62-0331 フリーダイヤル:0120-025-373

スポンサーリンク

 

【松乃湯】

かなり歴史のある松乃湯は、明治18年創業。
温泉大浴場「月照の湯」の利用となります。
吹き抜けの開放感が気持ちいいですよ。

日本三大美人泉質である硫酸塩泉でお肌にたっぷり潤いとハリを与えます。
フェイスタオル1枚貸出し(無料)別途バスタオルを200円でも可能。

<日帰り入浴受付>11時半~20時(受付最終:19時30分)
<料金>大人1,000円/小人500円
<住所>島根県松江市玉湯町玉造1215
<TEL>0852-62-0611 フリーダイヤル:0120-380-611

 

【玉造グランドホテル長生閣】

お風呂は、個性的で豪華です。露天風呂やめのう風呂が楽しめます。

利用時には、バスタオル、お抹茶サービス付き。
毎月26日の風呂の日は、小学生から大人まで600円、小学生未満は無料との粋なはからいです。(しかしお抹茶サービスはありません)

<日帰り入浴受付>11時半~14時/18時~21時
<料金>大人1,500円/小人700円
<住所>島根県松江市玉湯町玉造 331
<TEL> 0852-62-0711

 

【清風荘】

和風の温泉旅館の清風荘です。縁結びにも効果があると言われるパワーストーンの青めのうが敷き詰められた大浴場は、その輝きも美しいですよ。アルカリ性の美肌の湯で美人度をあげられるかも?

<日帰り入浴受付>11時~15時(予約要)
<料金>大人1,000円
<住所>島根県松江市玉湯町玉造1183-1
<TEL> 0852-62-0031

 

【玉造国際ホテル】

大浴場から宍道湖を眺めながらの入浴できるのがウリですね。
玉造温泉は数あれど、この見事な情景を見ながらっていうのは、唯一でしょう。

日帰り温泉は、12時からなので、温泉に浸かりながらの朝日にはお目にかかれませんが、それでも景色は絶景なので、満足度も高いです。

<日帰り入浴受付>12時~20時
<料金>大人(小学生以上)500円、小人(小学生未満)250円
<住所>島根県松江市玉湯町湯町148‐2
<TEL> 0852-62-0531

 

mark_onsen

1泊ないしは、2泊くらいもあれば、温泉もゆっくりのんびりできますよね。
でも、なかなかそんな時間がとれない人がほとんどでは?
日帰り温泉だったら、比較的手軽に行けるかもしれません。

今回ご紹介した温泉は、口コミでも満足度の高い旅館やホテルを取り上げましたが、玉造温泉には、他にも素晴らしい温泉がいくつもあります。

その施設によって、料金や利用時間が違いますし、予約が必要だったり、曜日が指定されているところもあります。
せっかく行ったのに入れなかった、ということのないようしっかり事前確認をしてくださいね。

ちょっとの時間をみつけて、思い立った時に足を運んでみてください、それが日帰り温泉の醍醐味ですよ。

スポンサーリンク