あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

横須賀開国祭花火大会2017時間や場所と穴場をチェック!

      2017/05/19

よこすか開国祭開国花火大会

出典 http://hanabi-info9.blog.so-net.ne.jp/2014-06-11

よこすか開国祭開国花火大会は、7日間にわたる、よこすか開国祭のフィナーレを飾るものです。
海上から打ち上げられる尺玉やスターマイン、水中花火、空中ナイアガラなど、ダイナミックで迫力のある花火が夜空を美しく彩ります。

30分間に約5,000発もの花火が矢継早に展開される様子は壮観で、息を呑むほど。
例年、17万人ほどの見物客が訪れるほどの人気のある花火大会です。

そこで今年2017年のよこすか開国祭開国花火大会の日程をはじめ、時間や場所などをお知らせ、また穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

横須賀開国祭花火大会の日程・時間・開催場所は?

<日程>
2017年(平成29年)8月5日(土)
※荒天時中止、延期なし

<時間>
19時15~20時45分

<開催場所>
神奈川県横須賀市うみかぜ公園、三笠公園 ほか

<住所:打ち上げ場所>
神奈川県横須賀市新港町 新港埠頭沖

<アクセス:最寄り駅>
【電車】
・京急横須賀中央駅→徒歩25分
・京急汐入駅→徒歩15分
・JR横須賀駅→徒歩20分

<駐車場>
なし
※車での来場不可、公共交通機関利用必須

<交通規制>
花火大会当日は会場周辺で車両通行禁止:17時~22時予定

<有料席>
あり:市民協賛席2500円(1席自由席・1ドリンク付)2,000席予定
詳細は横須賀市観光協会

<屋台>
みかぜ公園、三笠公園の周辺を中心に屋台(露店)の出店あり

<問い合わせ先>
スカナビi(横須賀観光インフォメーション):046-822-8301

※予定は変更になることもあり得ます、ご注意ください。

スポンサーリンク

 

横須賀開国祭花火大会の穴場スポットはある?

有料席が手に入らなかった…などなど、会場に早く到着できなかった場合の穴場スポットを幾つかご紹介します。

 

<穴場1:三笠公園>


早い時間から場所取りをするのが、よりベター。
三笠公園は、世界三大記念艦のひとつである「三笠」が保存されていますし、見て回るのも楽しいでしょう。

設備も整っているので、気持ちよく花火見物ができます。

 

<穴場2:横須賀米軍基地>


花火大会当日は、一般開放してくれます(ネイビーフレンドシップデー)
時間は10時~21時までなので、午前中から入ってベストポイントチェックするのがおすすめです。
三笠公園寄りが、打ち上げ場所から近いので良いですよ。

 

<穴場3:中央公園>


公園自体が少し高台になっていて、打ち上げ花火は綺麗に見えますが、低めの花火は見えずらいです。
花火だけではなく眺望が良いので景色が楽しめるスポットです。

 

<穴場4:海辺つり公園>


打ち上げ場所から2キロほど離れた位置にある、釣り広場や芝生広場が人気の公園です。
水中花火は見えづらいという難点はありますが、打ち上げ花火は綺麗に見えます。

 

<穴場5:新安浦港>


最寄り駅からも、そんなに遠くないのでアクセスも良い点が○
土日には朝市が開催されるなど、人気のスポットです。

うみかぜ公園に向かわずに、ここから観賞もアリです。
花火も綺麗に見える場所ですよ。

 

 

よこすか開国祭開国花火大会

出典 http://yakei-world.com/photo_list.php?spot=812&page=1

よこすか開国祭花火大会は、30分という短い時間に次々とバラエティーに富んだ花火が展開されるのが特徴で、ただ、ただ花火だけを純粋に堪能できます。
短時間なだけに、より華やかに美しく咲かせる花のようです。

もちろん、よこすか開国祭では、お楽しみは花火大会だけではありません。

一週間にわたる開国祭では、横須賀市や近隣市町のダンスチームによるコンテストや「開国わいわい広場」でのダンスやライブステージも楽しめます。
屋台に立ち寄り、食べたり飲んだりしながらイベントや花火観賞するもよし。

ぜひ、港町横須賀で華やかな夏の思い出をつくってください。

スポンサーリンク