あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

山形大花火大会2018会場の場所と駐車場は?穴場スポットは?

      2018/08/06

山形大花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0206e00657/

山形大花火大会は、毎年、山形県山形市の須川河畔でお盆時期に開催される花火大会です。
開催テーマに沿った音楽に合わせての花火の打ち上げは、小型花火から尺玉までバラエティに富んでおり、約2万発が華やかに夜空を演出します。
頭上にあがる大迫力の花火は、まさに圧巻。

今年2018年度の山形大花火大会の日程を始め、時間、会場の場所、駐車場情報などをお知らせします。また、花火が見える場所の穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

山形大花火大会の日程・時間・会場場所や駐車場は?

山形大花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33784.html

<日程>
2018年(平成30年)8月14日(火)
※小雨決行、荒天時中止

<時間>
19時~21時

<打ち上げ数>
1万5000~2万発

<会場場所>
須川河畔反田橋付近

<住所>
山形県山形市大字下反田 須川河畔 反田橋付近

<アクセス>
【電車】
JR山形駅からシャトルバスで20分
【車】
県外からの場合は、会場周辺に駐車場がないため山形北IC下車にてビッグウィング(無料駐車場1,000台)から臨時直行バス利用

※JR山形駅・山形ビッグウィング・あかねヶ丘陸上競技場・県工業技術センターより有料臨時シャトルバス運行予定

●無料駐車場●
・あかねヶ丘陸上競技場(山形市あかねケ丘2-4-1)250台
・県工業技術センター(山形市松栄2-2-1)100台
・ビッグウィング山形市平久保100番地)1,000台
(・霞城セントラルは有料)

※臨時直行バスと駐車場の詳細はコチラ

<駐車場>
会場周辺には駐車場なし

<交通規制>
花火大会当日は会場周辺は車両通行止め:昼ごろ~
※一般車両の進入禁止区域:県道18号線から国道458号線までの区間、反田橋から飯塚橋までの区間~規制解除は当日深夜予定

<問い合わせ先>
山形大花火大会実行委員会:023-632-8665
山形大花火大会公式サイト 

 

山形大花火大会の有料席は?

さじき席

出典 http://blog.goo.ne.jp/akasiyayuutatu/e/3165a390078b8f577a8b45828f73b596

山形大花火大会では、有料席(特別さじき席)の用意があります。
イープラス、楽天チケットで購入できます。

さじき席のタイプによっては、専用駐車場の特典や専用タクシーチケットなどの特典も付いてきますよ。

有料席で、ゆっくり花火観賞をしたいということであれば検討しても良いでしょう。スペシャル席以外は、当日券の扱いもありますが、売り切れてしまう場合もあるので、購入を考えているなら注意してくださいね。
有料席の詳細はコチラで確認できます。

※公式サイト情報は、時期によっては作年のものである可能性がありますので、ご注意を。

スポンサーリンク

 

 山形大花火大会の穴場スポットは?

山形大花火大会は、打ち上げ数も2万発の大規模な花火大会であるため、他県からも多くの見物客が訪れ、場所取りも難しいです。有料席のチケットを購入できれば安心ですが、そこまでしなくても…とか手に入れることができなかった…とう場合もあるでしょう。

そこで、花火が見える場所の穴場スポットを幾つかご紹介します。

 

<穴場1:富神山(とかみやま)>


打ち上げ場所から、少し離れた位置で山頂に展望台がある山です。花火自体は、綺麗に見える場所ですよ。
花火を見下ろして観賞することになり、その際、市内も一望できる眺望の良さが魅力の穴場スポットです。もちろん夜景も綺麗で、標高もそれほど高くなく手軽です。

 

<穴場2:西公園の駐車場>


花火大会会場からは距離が離れてますが、打ち上げ花火は問題なく見える場所です。公園なので、視界を遮るものがないのが良いところ、もちろん駐車場もあります。
広い敷地のため、ゆっくりシードなどを広げて花火見物を楽しむことができます。

 

<穴場3:イオン山形南店の屋上駐車場>


打ち上げ場所からは離れますが、地元住民の人気の穴場スポットです。トイレや食事の心配は無用、小さい子供のいる家庭には有り難い場所です。
ただ、花火観賞用としての無料開放などというものは、されていないので注意してください。

 

<穴場4:山形県立産業技術短期大学校の周辺>


こちらの短大周辺のあぜ道でも、花火がよく見える場所です。

 

<穴場5:霞城セントラル>


打ち上げ場所、会場からは離れますが、ビルに登れば花火は綺麗に見られます。レストランもあるので、食事をしながら花火観賞♪ってこともできますよ。
こちらの場所からの花火見物をしたい場合は、予約をしておきましょう。そして、花火が見える場所(席)の確認をお忘れなく。

 

山形大花火大会

出典 http://www.tohokukanko.jp/event/23705/

山形大花火大会は、毎年20万人以上の人が訪れる人気の花火大会です。2時間で約2万発が打ち上げられる花火は感動と迫力の連続。
また、見どころのひとつでもある「遠州新居の手筒花火」は、オープニングを飾り、降り注ぐ粉が、始まりの期待感を盛り上げます。

花火大会といえば、屋台(露店)を期待する人も多いと思いますが…。山形は名物の多いところですよね、そのため絶品の食べ物がたくさんあります。
それらの美味しい食べ物を扱っている屋台は、花火大会会場に立ち並びます。16時くらいから営業開始しているので、混雑の少ない時間に利用しましょう。

山形大花火大会は、2018年の今年、39回目を迎えます。夏の一日を十分に満喫してください。

スポンサーリンク