あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

津花火大会2017場所や時間、駐車場は?穴場スポットは?

      2017/05/19

津花火大会

出典 http://www.rurubu.com/photo/list.aspx?spotid=15246&type=3

津花火大会は、津市の夏の風物詩として大正時代に始まった歴史ある花火大会です。
観覧席に限界まで近づけた台船上で、多彩なスターマインを短時間のうちに次々と打ち上げます。
疾走する船から海中に尺玉を投げ込んでいく海上花火は、毎年、華やかさを増し続け、臨場感のある演出を間近に楽しめます。

2017年今年の津花火大会の日程をはじめ、時間や場所、駐車場の情報などをお知らせします。
また花火観賞のための穴場スポットもご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

 

津花火大会の日程・場所・時間・駐車場情報

<開催日程>
2017年(平成29年)7月29日(土)
※荒天時は7月30日に順延(最長8月1日まで)

<時間>
19時45分~21時

<打ち上げ数>
約3,000発

<会場場所>
阿漕浦海岸一帯

<住所>
三重県津市津興

スポンサーリンク

 

<アクセス>
【電車】
・JR近鉄津駅東口3番バス乗り場からシャトルバス運行(約10分*有料:片道220円)
【車】
・津IC下車すぐメッセウイングみえ駐車場からシャトルバス運行(約10分*有料:片道220円)
・国道23号線沿いボートレース津駐車場から徒歩15分

<駐車場:無料>
ボートレース津(3,000台):三重県津市藤方637
メッセウイングみえ(1,000台):三重県津市北河路町19-1

<交通規制>
花火大会当日は会場周辺道路にて車両通行禁止:18時~22時予定

<有料席>
なし

<問い合わせ先>
津花火大会実行委員会事務局:059-229-3234
当日の開催に関するお問い合わせ(音声案内):0180-99-3434

※予定は変更になる可能性もあります、ご了承ください。

 

津花火大会の穴場スポット情報

有料席が用意されていない津花火大会では、やはり場所取りが必要となりそうです。
メイン会場でなくても、ゆっくり花火が観賞できる穴場スポットをいくつかご紹介しますね。

 

<穴場1:なぎさまち>


津松阪港にある港湾であり、商業施設です。
実は、人はそれほど少なくない場所ですが、おしゃれな雰囲気があるので人気のスポットです。
屋台も多少出店しています。

 

<穴場2:ショッピングモールLut’S(ラッツ)>


コチラも商業施設です。
ラッツの屋上駐車場が、花火大会のために開放されているようですが、毎年かどうは不明なので、気になる方は確認してみてくださいね。

会場からも、割りと近いので花火自体は大きく見えるのでおすすめです。

 

<穴場3:阿漕浦海岸や御殿場海水浴場の砂浜>


穴場スポットというか…そのまんまです。かなり広い敷地になりますので、打ち上げ場所から多少離れた砂丘であれば、あまり混雑を気にすることなく花火見物ができます。

 

津花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34202.html

2017年の今年、津花火大会は66回目を迎えます。
例年、14万人以上の多くの見物客がおとずれる人気のイベントですが、なおさらその数に拍車をかけそうですよね。

大迫力の色とりどりのスターマインや孔雀が一斉に羽を広げたような華麗な姿が人々を魅了させる海上花火など、見どころ満載です。
ぜひ、浜辺に腰を下ろし潮の香りの中で存分にお楽しみください。

スポンサーリンク