あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

東京大茶会2017で茶道を体験!申し込み方法をチェック!

      2017/07/23

東京大茶会

出典 http://koganenosato.org/detail/evt/evt0167.html

東京大茶会は、平成20(2008年)から始まり、今年で10回目を迎えます。
都内の庭園において、様々な茶道の流派が一堂に開催する大規模な茶会なんですね。

本格的な茶席だけでなく、和やかな雰囲気で楽しむ野点、初心者や子供、外国人の方でも気軽に体験できる企画がいろいろとあります。
普段、茶道に馴染みのない人でも、お茶の文化に親しみ、楽しめるイベントです。

今年2107年の東京大茶会の日程をはじめ、場所やアクセス、催事の一つである茶会への申し込み方法などをお知らせしますので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

 

東京大茶会の日程・場所・時間は?

東京大茶会の日程は、9月と10月の会期で、それぞれ二日間行われます。

 

●2017年(平成29年)10月7日(土)・8日(日)

<場所>
江戸東京たてもの園
※荒天時のみ中止
<住所>
東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内
<時間>
10時~16時10分(開園時間9時30分~16時30分)※入園は16時まで
※受付開始:9時30分/最終受付15時30分
<入園料金>
東京大茶会開催中は無料

 

●2017年(平成29年)10月21日(土)・22日(日)

<場所>
浜離宮恩賜庭園
※荒天時のみ中止
<住所>
東京都中央区浜離宮庭園1-1
<時間>
9時30分~16時10分(開園時間9時~17時)※入園は16時30分まで
※受付開始:9時/最終受付:15時40分
<入園料金>
一般300円/65歳以上150円/小学生or都内在住で在学中学生は無料

<問い合わせ先>
東京大茶会事務局:03-3533-8199(平日 10:00~18: 00)
東京大茶会公式サイト

 

2016茶席への申し込み方法や催事の参加料は?

★申し込み方法★

両会場で行われる「茶席」 (WELCOME!英語で楽しむ茶席を除く)に参加するには、事前申し込みが必要です。
申し込み期間は8月1日(月)~8月31日(水)

●ウェブサイトからの申し込み(※締切:8月31日23時59分)
申し込みフォーム
※抽選結果は9月9日(金)頃までにメール連絡

●往復はがきでの申し込み(※締切:8月31日消印有効)
・希望会場(1.江戸東京たてもの園 2.浜離宮恩賜庭園)
・希望日
・希望時間帯(午前または午後)
・参加人数(2人まで)
・代表者氏名(ふりがな)
・郵便番号、住所、電話番号

以上を明記の上、東京大茶会事務局まで。

※返信用はがきにも代表者氏名、郵便番号、住所を記入
※1人1会場につき1回限り~応募者多数の場合は抽選
※抽選結果は9月9日(金)頃までに返信用はがきにて連絡

【はがきお申し込み先・お問い合わせ先】
東京大茶会事務局(株式会社ムラヤマ内)
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア8F
TEL:03-3533-8199(平日10時~18時)

★催事内容と参加料★

両開催場所での催事に参加する場合には別途、参加料がかかります。
・茶席:700円(事前)
・英語で楽しむ茶席:700円(当日)
・野点:300円(当日)
・茶道はじめて体験:300円(当日)
・子供のための茶道教室(9月開催):200円(当日)
・高校生野点(10月開催):300円(当日)

※申し込みに関する詳細や催事の内容などは、東京大茶会2017公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

 

アクセス情報

江戸東京たてもの園
・JR中央線「武蔵小金井駅」北口2番、3番乗り場より西武バス(約5分)「小金井公園西口」下車にて徒歩約5分
・西武新宿線「花小金井駅」南口→(徒歩約5分)「南花小金井」乗り場より西武バス(約5分)「小金井公園西口」下車にて徒歩約5分

浜離宮恩賜庭園
・都営大江戸線「汐留駅」「築地市場駅」ゆりかもめ「汐留駅」から徒歩にて約7分
・JR東京メトロ銀座線都営浅草線「新橋駅」から徒歩約12分

 

東京大茶会

出典 http://koganenosato.org/detail/evt/evt0167.html

東京大茶会は、豊臣秀吉が天正 15(1587)年 10 月に京都・北野天満宮で盛大な茶会「北野大茶湯」を開催したという故事を基に始まったものです。

世界に誇れる日本の伝統文化である茶道の「和の文化」が身近に、気軽に楽しめるようなプログラムが多数用意されているほか、日本の伝統芸能ステージイベントや飲食ブースの出店もあります。

茶道…お茶会…といったら、着物じゃないの?と思われがちですが、来場者は、平服の方も多く、服装を気にせず参加できるのも良いところ。

東京の秋の風物詩として親しまれている東京大茶会に、ぜひお出かけください。

スポンサーリンク