あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

高崎まつり大花火大会2017駐車場や穴場スポットをチェック!

      2017/05/19

高崎まつり大花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33343.html

高崎まつり大花火大会は、高崎まつりの初日に開催されるイベントです。
北関東有数の規模を誇る群馬県高崎市の花火大会で、スピード感が半端ないのが特徴です。
約1時間の間に約1万5千発もの花火の展開は大迫力以外のなにものでもありません。
花火の種類が豊富なのはもちろん、次々と打ち上げられるため、息を付く暇もないほどです。

今年2016年の高崎まつり大花火大会の日程、時間や会場場所、駐車場情報などをお知らせします。
また、穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

高崎まつり大花火大会の日程・時間・会場は場所・駐車場は?

<開催日程>
2017年(平成29年)8月5日(土)
※小雨決行、荒天時は8月6日(日)に順延

<時間>
19時40分~20時30分

<打ち上げ数>
1万5千発

<会場場所>
烏川和田橋上流河川敷

<アクセス>
【電車】
・JR高崎駅西口から徒歩20分
【車】
・関越道高崎ICまたは前橋ICから車で25分
・上信越道藤岡ICまたは吉井ICから車で25分

<駐車場>
なし

<交通規制>
花火大会当日は、会場周辺で交通規制あり:18時~22時予定

<有料席>
あり

<問い合わせ先>
高崎まつり実行委員会:027-330-5333 

※予定は変更になることもあり得ますのでご注意を。

 

高崎まつり大花火大会の会場と場所取りは?

無料観覧スペースは、混雑した場合においては、入場制限を行うこともあるので注意が必要です。

●乗附・八千代運動広場
●和田橋運動広場
●烏川緑地・高松エリア
●旧高崎カントリークラブ

場所取りは花火大会当日の朝8時からとなります。
それ以前の場所取りに関しては、撤去されますのでご注意を。

スポンサーリンク

 

高崎まつり大花火大会の有料席チケット情報

高崎まつり大花火大会では、場所取りの煩わしさと無縁の有料観覧席が用意されています。
おつまみ、飲み物などが付いて特等席で観覧できるため、購入してゆっくり楽しむのもありです。

・前売り:1,500席(抽選)
・当日:先着200席(1人2枚まで)

例年、前売りの有料席は往復はがきでの申し込みで6月中旬頃から開始です。
詳細は、高崎まつり公式サイトで確認できます。

<問い合わせ先>
高崎市役所 観光課:027-321-1257

 

高崎まつり大花火大会の穴場スポットは?

人混みや混雑をさけて、場所取りに躍起にならずに…という穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

<穴場1:高崎公園>


穴場…というか、定番の場所なのですが…^^;
それでも、混雑も少なめで、付近にはトイレやコンビニもあるので便利ですよ。
最寄り駅は高崎駅で、徒歩15分くらいです。

 

<穴場2:ニトリ高崎店の駐車場>


やや花火大会の迫力度は低いですが、その分、混雑もなし。
周囲には、高い建物もないため、ほぼ花火が上がるのを遮るものがない場所です。

最寄り駅は、北高崎駅なので、混雑する高崎駅でないところも○

 

<穴場3:和田橋>


それほど、ガラガラに空いているというわけでないです…が、多くの人は鳥川河川敷へと流れるので混雑もやわらぎます。
花火大会当日には、この橋の上は交通規制が敷かれ車が通りません。
堂々と場所取りというものはできませんが、低位置を決めて花火鑑賞するには良い地点です。

 

<穴場4:高崎観音山丘陵>


高崎まつり花火大会会場からは、距離がある地点になります。
それ故、混雑は少なく、花火自体を高い場所から見られるのが良いです。

ただし、高崎駅から徒歩で40分以上かかります。。。
歩くのが苦でなければ、静かにゆったり花火見物できる穴場です。

 

高崎まつり大花火大会

出典 http://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87190.html

高崎まつりは花火大会は、北関東では屈指の規模のものです。
花火の種類が豊富で豪華、しかも50分で1万5千発もの花火が放たれるスポード感が爽快です!

しかも高崎まつりは、花火大会の他にも伝統的に受け継がれてきた山車や御輿などのイベントもあります。

もちろん、お祭りに欠かせない屋台の出店もあります。
高崎駅の西口側である「慈光通り」「大手前通り」が中心のようです。
他にも、例年もてなし広場内に「開運たかさき食堂」が開催されており、グルメを堪能できますよ。

せっかくなので、足を運んでみてはどうでしょうか?
花火だけではなく、お腹も満足できる高崎まつりに、ぜひお出かけください。

スポンサーリンク