あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

高尾山ビアガーデン2017予約はできる?混雑状況は?

      2017/09/30

高尾山ビアマウント

出典 http://hitosara.com/season/beergarden/bg_0033.html

標高500メートルの高尾山ビアマウントは、昼間は、目の前に関東一望の大パノラマが広がり、 夜には1000万ドルの夜景を楽しむことができるビューポイントです。
毎年、夏季限定でオープンするビアガーデンは、この眺望が人気で、多くの人が訪れる人気の場所なんですね。
都心や横浜の夜景とともに優雅に食事やお酒を楽しめます。

今年2017年の高尾山ビアマウントのビアガーデンの開催期間を始め、行き方や料金、服装などの情報をお知らせします。
また混雑状況やおすすめの利用方法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

高尾山ビアガーデンっていつから?開催期間と予約情報

高尾山ビアガーデン

出典 http://www.tokyobeergarden.com/tokyo-other/takaosan.php

<営業期間>
●2017年(平成29年)6月15日(木)~10月15日(日)
・平日:15時~21時
・土・日・祝~13時~21時

※無休(10月中旬~6月は休業)

●利用時間:飲み放題・食べ放題2時間制バイキング
【料金】
・男性(高校生以上):3,500円     
・女性(高校生以上):3,300円
・中学生:2,500円
・小学生:1,500円
・未就学児(3歳~):500円

※利用時間2時間以上の場合には、1人につき500円の延長料金~延長料金は30分毎加算

【料理・ドリンク】
料理の種類は常時30種類以上、ドリンクは各種ビールをはじめ、ハイボール、ワイン、カクテル・サワー、かめ樽焼酎、ソフトドリンクなど

ビアガーデン営業期間中(6月~10月)には、イベントが盛りだくさんです!

【予約について】
予約は団体10名以上につき受け付けています。
電話予約:042-665ー9943
インターネット予約(予約専用サイト):7月分~6/1より開始・8月分~7/1より開始・9月分~8/1より開始 
高尾山ビアマウント公式サイト

 

高尾山ビアマウントへのアクセスは?徒歩で行ける?服装は?

ケーブルカー

出典 http://www.tokyobeergarden.com/tokyo-other/takaosan.php

<アクセス:行き方>
【公共交通機関】
・京王高尾山口駅(新宿)から47分)→徒歩5分
・ケーブルカー清滝駅から高尾山駅下車徒歩すぐ
・フト山上駅下車、徒歩5分
【車】
圏央道高尾山ICから国道20号経由4分

※高尾山ビアマウントの営業期間中のケーブルカーの終発時刻は21時15分

リフトに間に合わなかった場合でも徒歩でなんとか高尾山駅まで行くことができます。
…多少気合がいるのは事実^^;
距離自体はそれほどないのですが、結構キツイ上り坂を進まねばなりません。

●服装に関して●
標高500mの高尾山ビアマウントは、天候にもよりますが時折冷たい風が吹くこともあります。
服装は、基本的にその時期に着ている通常のものでかまいませんが、夏であっても薄い上着など、さっと羽織れるものを1枚持参した方が無難です。
靴もできれば歩きやすいものがおすすめです。

スポンサーリンク

 

高尾山ビアガーデンの混雑状況は?

高尾山ビアガーデン

出典 http://sanguchi.happy-town.net/t_gourmet/00003277.html

高尾山ビアマウントのビアガーデンの営業期間中の土曜日や休日前は特に混雑します。
天候にもよりますが、2時間待ちを基本にするべきでしょう。

席は割りと多めに用意されており、2時間入れ替え制。
土曜日は通常13時からとなりますが、1時間くらい前に並べば最初の回に入ることができそうです。

一番混雑するのは、17時の回か18時の回です。
涼しくなってくる頃というものあり、夜景が見え始めて景色が綺麗だということからですね。

基本は、整理券をもらって、高尾山を散策するつもりで待つのが得策でしょう。
混雑時には、整理券を配布するシステムで、配布場所はマウント会場の入口階段下です。

整理券は1人1枚です。何時に入れるかという確約したものではありませんし、順番が来て呼ばれた時に、その場にいなければキャンセル扱いになるので注意しましょう。

 

 

高尾山ビアマウント

出典 http://www.takaotozan.co.jp/beermnt/bminfo/detail.php?q=bminfo5534a1ef1de2d

高尾山ビアマウントは、都内の「一度は行きたいビアガーデン」として選ばれているくらいの人気スポットです。家族、中間、カップル…など、どの客層でも満足度は高いですよ。

さすが標高500メートからの眺望がなせる技、多少大げさ感もあり?の「1,000万ドルの夜景」のフレーズも全く期待を裏切ることなく、感動を与えてくれます。

見晴らしのスケールが半端無い高尾山ビアガーデンで、ぜひ、ゆったりと食事を楽しんでください。

スポンサーリンク