あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

港まつり能代の花火2018の日程やチケット購入情報

      2018/06/15

能代の花火

出典 http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0205e01043/

東北地方で最大規模を誇る港まつり能代の花火は、例年7月に全国に先駆けて開催されます。秋田県の一流煙火業者4社で競い合う共演幻想花火が能代の花火の特徴です。

全プログラムで打ち上げられる15,000発の花火は、壮大すぎる規模。内容構成もかなり凝っているエキシビション花火大会であり、全国でも珍しい花火イベントとして知られています。
今年のテーマは「楽しくなければ能代じゃない!Are you レディ?Okay!」ですよ。息をのむほどの迫力満点の夜空が楽しめます。

2018年度の港まつり能代の花火日程、アクセス、駐車場情報をお伝えします、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

 

港まつり能代の花火の日程・アクセス・駐車場情報

能代の花火

出典 http://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87133.html

<開催日程>
2018年(平成30年)7月21日(土)
※雨天決行:荒天順延(22日・23日)

<時間>
19時30分~21時(開場15時)

<場所>
能代港下浜ふ頭 特設会場

<住所>
秋田県能代市浜通町

<アクセス>
【車】秋田自動車道能代南ICより国道101号~能代港方面9km
【JR】五能線能代駅より徒歩30分
【他】会場まで運行するシャトルバスや臨時列車「能代花火号」も予定されています。
⇒確認は、公式サイトで~

※会場付近では、交通規制があります
※駐車禁止違反車両の取締が強化されていますので、ご注意ください。

<駐車場>
あり:無料6000台~市内各所
パーキング案内 

<問い合わせ先>
能代の花火実行委員会:0185-52-6341

スポンサーリンク

 

観覧席チケットはいつから購入できる?

花火観覧席

出典 http://konys.exblog.jp/14176264/

能代の花火大会で、花火を見るためには、チケットを購入する必要があります。
会場内の事故防止や安全確保のため、観覧会場内には自由観覧場所がなく、すべて「指定席」となっているためです。
立ち止まっての観覧もできないので注意が必要です。

チケットは、当日券よりも200円~1000円安くなりますので前売券での購入がおすすめです(席のタイプによって前売り割引金額が違います)
遠方の方は、ネットで購入しましょう。

※2018年度から屋台エリアが立ち見席に変更されます!
【観覧席の種類】
・フレンド席(定員4名)
・マス席(定員6名)
・ファミリー席(定員6名)
・カップル席(定員2名)
・イス席(定員1名)
・車いす席(定員1名)介助者1名椅子付
・スペシャル席(定員3名)
・ワイド観覧席(定員3名)
・立ち見席(入場者数制限あり)

観覧席チケット購入方法~ネット予約と前売券販売

●ネット先行予約販売~4月10日(火)13時より開始~:イープラスにて
予約ページ

●前売券販売~6月13日(水)より開始:9時~17時
能代商工会館1階フロア(9時~17時)

窓口でご希望の席位置を確認しながら購入し、その場で観覧席チケットを受け取れます。

●当日券販売(完売していなかった場合のみ
・能代商工会館・観覧会場本部にて

 

能代の花火

出典 http://odekake-k.com/?p=5262

今年2018年で第16回目(通算40回目)を迎える港まつり能代の花火は、東北の三大花火と言うほどクオリティが高いものです。三尺玉2発打ち上げは、東北唯一のもの。
スターマインで構成する90分プログラムの中でも、1,000メートル超のワイドスターマインや、尺玉、2尺玉、3尺玉の連続打ち上げは「超ど迫力」水上花火もまた同様に見応えがあります。

花火が能代の夜空を染める90分間を、ぜひ存分に堪能してください。

スポンサーリンク