あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

なにわ淀川花火大会2018日程やアクセスは?穴場スポットは?

      2018/07/26

淀川花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34084.html

1989年より市民ボランティアによって開催スタートとなったなにわ淀川花火大会。水都大阪を流れる淀川と大阪の街をこよなく愛する人々の努力による手作りの花火大会として始まりました。
現在では、大阪の夏の風物詩として全国でも最大級規模を誇り、地元住民ならずも全国的にみてもかなり人気があります。

高度の異なる花火の数々や尺玉一斉打で始まる趣向を凝らした「音楽シンクロ花火」など見どころ満載です。最後のフィナーレまで、まさに気が抜けない魅力的な花火大会となっています。

2018年なにわ淀川花火大会の日程やアクセス、有料観覧席などのチケット情報や穴場スポットをご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

なにわ淀川花火大会の日程・アクセス・駐車場は?

<日程>
2018年(平成30年)8月4日(土)
※雨天決行、荒天時中止

<時間>
19時40分~20時40分
音楽に合わせた花火の打ち上げでド迫力間違いなしです。

<場所>
新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷

<打ち上げ数>
非公開

<アクセス>
●十三会場側最寄り駅
・JR東西線:御幣島駅~徒歩5分
・阪神電鉄:姫島駅~徒歩5分
・阪神電鉄:南方駅~徒歩5分
・阪急電鉄:十三駅~徒歩5分
・JR:塚本駅~徒歩5分
・大阪市営地下鉄:西中島南方駅~徒歩5分    

●梅田会場側最寄り駅
・阪急電鉄:梅田駅から徒歩20分
・地下鉄千日前線:野田阪神駅~徒歩10分
・阪神電鉄:野田駅~徒歩10分
・JR:大阪駅~徒歩10分
・JR東西線:海老江駅~徒歩10分

※最寄り駅へ到着するのが18時以降になってしまうと、花火打ち上げ開始時間までに会場に到着できない可能性があります。(各駅での入場制限や安全確保のために規制されるため)早めの会場入りをおすすめします。

<有料席>
あり:協賛観覧席
有料の協賛席は、十三会場と梅田会場で用意されています。
また納涼船も人気があります~詳細はコチラ 

<駐車場・駐輪場>
なし
※車での来場不可、会場周辺では交通規制実施予定。

<問い合わせ先>
なにわ淀川花火大会運営委員会:06-6307-7765 (24H 音声ガイダンス)
なにわ淀川花火大会公式サイト

※予定は変更になることもあります、ご了承ください。

 

なにわ淀川花火大会の見所とプログラム

淀川花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33806.html

19時40分:オープニング
ド迫力のオープニングで、国内最大規模のエンターティメントショーのスタートとなります。観客は一気になにわワールドへ惹きこまれます。

19時55分:FIREWORKS MUSICAL
まるで踊っているかのようなリズミカルな花火。夢のようなひとときが感じられます!

20時6分:第30回記念 特別演出「 水都大阪 夢花壇 」
第30回記念に用意された「水都大阪夢花壇」は、水面いっぱいの水中花火が楽しめます。水面から空までの立体的な花火は迫力満点!

20時13分:スカイナイトオーケストラ
オーケストラに合わせて打ち上がる高速花火は音楽とともに会場の空気を一変させ、華やかでありながら繊細なその演出は人々を魅了します。

20時21分:EXPO 2025 大阪へいらっしゃい!!!
2025年国際博覧会への誘致実現を目指して、力強いわくわく感でイッパイの花火です。

20時32分:日本の伝統+大阪の活力=いのち輝く未来社会
花火食人が精魂込めてつくった「八重芯」を盛大に贅沢に打ち上げ、8号玉水中花火と10号玉花火連発を水面に融合させます。

20時37分:グランドフィナーレ
圧倒的なボリューム感のあるフィナーレで締めくくります~興奮冷めやらぬとは、まさにこのこと?

スポンサーリンク

 

なにわ淀川花火大会の場所取りできる?穴場スポットは?

なにわ淀川花火大会の花火会場の場所取りは、12時より解禁されます。それ以前の場所取りは、撤去されますので(有人でも)注意してください。
なかなか早くメインの会場へ到着できないという方へ、穴場スポットをいくつかご紹介しますね。

 

<穴場1:海老江地区野球場>


高速道路の高架があるので、やや見えづらいですが、割りをゆっくり花火を観賞できる穴場です。淀川駅から徒歩16分と、便も良いので、家族連れなどにも良いでしょう。

 

<穴場2:淀川河川公園西 中島地区野球場>


打ち上げ場所からは、やや離れていますが花火の上がる様子は綺麗に見られます。屋台もありますし、雰囲気はいいですよ。結構、場所取りも可能な穴場です。

 

<穴場3:梅田スカイビル空中展望台>


花火大会でなくても、眺望が素晴らしいです。当日、花火大会に合わせて営業時間が3部営業に分かれています。
花火大会の時間帯である二部に際しては、特別入場券が必要となります。
詳細は、現在まだ案内されていません適宜ホームページで確認を。
JR大阪駅、阪急梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩9分です。

 

<穴場4:中津公園近くの河川敷>


この周辺の河川敷には屋台も出ています。中津駅からしばらく歩くので、小腹を満たしましょう。

 

淀川花火大会の屋台はどこに出店される?

なにわ淀川花火大会では、屋台の数はなんと500店舗くらいの出店があるんです。一番多く出ている場所は、有料席周辺なのですが…。有料席購入者専用の屋台もあるほどです。

十三会場周辺も多く、屋台のジャンルも豊富ですが、梅田会場側は、やや少なめ。特に、阪神高速の東側、淀川河川公園、十三大橋周辺などがおすすめです。

屋台が多いということは、人も多いということで混雑は必須です、その点、ご注意を。
屋台の営業は、大体16時頃から始めているようです。混雑のピークは19時頃なので、屋台を楽しむなら営業開始から、18時頃までにしておくと良さそうです。

 

淀川花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34101.html

なにわ淀川花火大会は、毎年60万人ほどの見物客で賑わう大規模な花火大会です。
オープニングから、あっという間に時間が過ぎてしまうくらいの感覚に陥るほど、充実した花火が満載で、まさに興奮冷めやらぬ状態が続きます。打ち上げ数は、非公開ですが約2万発との噂も?

ただ、大阪の夏は、言うまでもなく暑く、会場周辺は、どこも混雑が酷い状態です。熱中症対策をしっかりして、ボリューム満点のなにわ淀川花火大会を満喫してください。

スポンサーリンク