あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

みたままつり2017の日程や時間は?屋台が中止の理由~今年は?

      2017/05/30

みたままつり

出典 http://www.rurubu.com/photo/list.aspx?spotid=13015&type=3

みたままつりは、日本古来の盆行事に因み昭和22年(1947年)に始まりました。
戦没者の慰霊のためでもある、この「まつり」は、東京の夏の風物詩として親しまれ、毎年多くの参拝者で賑わいます。

以前は、屋台が軒を並べ、その数200店舗ほどでした。ユニークな店が多く、みたままつりの楽しみの一つとされていましたが、2015年より屋台の出店が中止され、境内での主演は禁止となっています。

今年、2017年のみたままつりの日程、時間をはじめ、そもそも屋台の出店が中止になった理由と今年はどうなるか?をお伝えします。

また、アクセスや駐車場情報もお知らせしますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

 

みたままつりの日程・時間

<祭事日程>
2017年7月13日~7月16日:6時~21時30分(提灯の点灯は夕刻~)

前夜祭 :7月13日 18時
第一夜祭:7月14日 18時
第二夜祭:7月15日 18時
第三夜祭:7月16日 18時

【主な催し】
7月13日 
11時30分:江戸芸かっぽれ「櫻川ぴん助社中」(参道)
18時:みたままつり前夜祭【本殿・参列可】
18時30分~20時30分:盆踊り「千代田区民踊連盟」(大村銅像)
18時40分頃~19時:千修吹奏楽団吹奏楽パレード(参道)     
19時:奉納和太鼓「崇教真光」(拝殿前)
19時:青森ねぶた「東京ねぶた連合会」(参道)
7月14日
18時:みたままつり第一夜祭【本殿・参列可】 
18時30分~20時30分:盆踊り《千代田区民踊連盟》(大村銅像)    
20時30分:奉納応援演舞「法政大学応援団」  
7月15日 
16時:江戸芸かっぽれ「櫻川ぴん助社中」(参道)
17時:神輿振り「こどもみこし・子供山車」(参道)
18時:みたままつり第二夜祭【本殿・参列可】
18時30分~20時30分:盆踊り「千代田区民踊連盟」(大村銅像)
18時30分:神輿振り「麹町靖国講」(参道) 
19時:日本歌手協会有志奉納特別公演(能楽堂)
7月16日
18時:みたままつり第三夜祭【本殿・参列可】
18時30分~20時30分:盆踊り「千代田区民踊連盟」(大村銅像)
18時:神輿振り「芝濱睦会」(参道)
19時~20時:つのだ☆ひろ 奉納特別野外コンサート(能楽堂)      

<昇殿参拝>
2017年7月13日~7月16日 9時~20時
※みたままつり期間中の社頭参拝は6時~21時30分まで

<料金>
無料(正式参拝、遊就館拝観は有料)

<献灯>
英霊への感謝と平和な世の実現を願って誰でも申し込み可(締め切り6月20日)
・大型献灯(1灯):12,000円
・小型献灯(1灯):3,000円

<問い合わせ先>
靖国神社社務所:03-3261-8326

 

屋台の出店が中止なったのは、そもそも何故?今年はどうなる?

みたままつりは、終戦から2年後の1947年に開始となりましたが、屋台の出店は70年間続いていました。
しかし、2015年より、その屋台の出店が中止となってしまったのです。

近年、若者達の遅くまでの飲酒や大騒ぎ、ナンパ、屋台が閉店したあとも飲食を続けているなどの行為があり、周辺の道路にはゴミが溢れ、近隣住民からも「騒がしい」との苦情が神社に寄せられたとのこと。

また、2014年には、喧嘩や提灯を壊す…というような器物損壊などのトラブルが多数あったそうです。こうしたことが原因で、屋台の出店が中止になったのですね。

今年、2017年も屋台出店の再開の予定はありません。

スポンサーリンク

 

アクセス・駐車場情報

<住所>
東京都千代田区九段北3-1-1

<アクセス>
【電車】
地下鉄東京メトロ「九段下駅」→徒歩5分
JR中央本線・総武線「市ヶ谷駅」「飯田橋駅」→徒歩10分

<駐車場>
あり:有料~100台:400円/60分
※行事開催時には制限されることもあり、たとえ駐車可能でも満車状態の場合があるので注意。

 

みたままつり

みたままつりの開催場所である靖国神社境内には、大小3万を超える献灯が掲げられ、九段の夜空を美しく彩ります。期間中は神輿や青森ねぶたなど各種の奉納芸能も。

つまみを食べ、ビールを飲みつつ…といった屋台の賑わいを楽しむということは、しばらくできないかもしれませんが、慰霊祭として厳粛な雰囲気を、ぜひ感じ取ってください。

スポンサーリンク