あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

京都祇園祭2017の日程と楽しみ方

      2017/03/18

京都祇園祭

出典 http://rakutabi.kyo2.jp/c5054.html

京都の祇園祭りは、日本三大祭のひとつであり、歴史が長いことでも知られています。その豪華さと、1ヶ月間にも及ぶ祭事は、類をみないほどの大規模な祭りです。

約1100年も前に祗園の神を祀り、災厄の除去を祈る祗園霊会が始まりであったとのこと。この伝統は京都の歴史とともに歩んできたものです。

祭りのハイライトである「山鉾巡行」は、ユネスコ無形文化遺産にもなっています。

現在は、神社や氏子達だけではなく、京都市全体の祭りとして広がりをみせている祗園祭の今年度2017の日程や楽しみ方をご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

京都祇園祭の日程と見所

京都祇園祭

出典 https://www.kyokanko.or.jp/gion/gyoji.html

2017年の祇園祭は、7月1日(吉符入)に始まって7月31日(疫神社夏越祭)までの1ヶ月にわたり、催されます。例年大幅な変更はりません。

主な行事はコチラで確認してくださいね⇒京都市観光協会

 

<見所ポイント>

●7月14日~7月16日●
前祭(さきまつり)宵山は、3日間連続で、山鉾町の各町内で山鉾飾りの展示などがあります。夜は提灯が点火され雰囲気があります。午後からは一部の通りで露店も楽しめます。
歩行者天国になる夕方(午後6時~)が賑わいます。

●7月17日●
山鉾巡行~前祭巡業(23基の山鉾)

コース:四条烏丸 (午前9時00分) →河原町四条(9:409)→河原町御池 (10:35)→新町御池(11:25)

●7月21日~7月23日●
後祭(あとまつり)宵山も3日間連続で行われます。前祭と同じく山鉾飾りの展示があります。
※後祭では、露店は認められていないようなので、その心づもりでいてくださいね。

●7月24日●
山鉾巡行~後祭巡業(10基の山鉾)
コース:烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:05) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸(11:22)

●7月24日●
花傘巡行
コース:八坂神社(午前10時00分) →四条寺町 → 寺町御池(10:48) → 河原町御池 → 四条河原町(11:19) → 八坂神社(11:43)

約50年前に山鉾巡行に合同されたものが、山鉾の古い形態を再現する目的のため始められたもので、見応えがあります。
若い芸姑さんやミス着物などの参加があり、きれいどころが楽しめるので、こちら目当ての人もいるくらいですよ。

 

観賞地点はのおすすめは、山鉾巡行のスタート地点より、河原町通です。
山鉾巡行に続き、花傘巡行を見ることもできてお得感があります。

※両祭りの山鉾の巡業コースは京都観光協会公式サイトで確認できます。

スポンサーリンク

 

【山鉾建て

■前祭 鉾建て:7月10日~11日/前祭 山建て 7月12日~14日
~各町での巡行の山鉾の組立てがされ、鉾の組立ては伝統の手法で3日間かけて行われます。

■後祭 山鉾建て:7月18日~7月21日:23基の山鉾

山鉾建ての基本は、四本柱に貫や筋違で胴組を組み立てるものとなっていますが、各町によって独自性があります。固定方法は伝統的な技法で、釘を1本も使わない荒縄による縄絡みだけで固定します。この固定方法の優れているところは、巡業の際の揺れの影響を受けづらいことです。

 

都合が合えば、「鉾の曳き初め」もおすすめです。

・7月12日:長刀鉾・函谷鉾・月鉾・菊水鉾・鶏鉾(四条通と室町通)
・7月13日:放下鉾・船鉾・岩戸山(すべて新町通)
・7月20日:後祭の北観音山・南観音山・大船鉾(すべて新町通)

組立後の、山鉾の試し運行を午後2時前後に行います。
誰でも、もちろん女性でも、山鉾を引っ張ることができますので、良い記念になるのではないでしょうか。
とても楽しい雰囲気で行われているようです。

曳き初めの前日に見られる「鉾立て」は、25メートル程もある鉾を起こす作業です。ウィンチとワイヤーで行われますが、すごく迫力があり面白いです。

 

花傘巡行

出典 http://tarttu.blog.so-net.ne.jp/2014-07-23-6

祗園祭りの日程、時間などは変更になる場合もあります。
開催日が近づいたら公式ページで詳細を確認してみてくださいね。

より賑やかな雰囲気を楽しみたいなら山鉾の数も多く、露店も出る前祭が良いかもしれませんが、そこはお好みで。
宵山では期間限定の和菓子なども楽しめます、甘いもの好きなら堪らないかも?

とにかく祇園祭の時期は、一年のうち京都では一番の暑さです。適宜、休憩や水分をしっかり取り熱中症にならないような対策をとって、挑みましょう。
宿やホテルは早めに確保した方が良いでしょう。

スポンサーリンク