あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

葛飾納涼花火大会2017穴場スポットや屋台情報をチェック!

      2017/08/08

葛飾納涼花火大会

出典 http://www.townhousing.co.jp/shop/monnaka/information/?id=12

東京葛飾区で開催される葛飾納涼花火大会は、今年2017年で第51回目となります。
今年は13,000発の花火を予定しており、色とりどりのステージを演出、葛飾の夜空を彩ります。

葛飾納涼花火大会の日程、最寄り駅などを含めたアクセス情報、屋台、花火大会観賞のための穴場スポットなどをご紹介します、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

 

葛飾納涼花火大会2017の日程・アクセス・最寄り駅は?

葛飾納涼花火大会

出典 http://taka110.la.coocan.jp/katsushika11.htm

<開催日程>
2017年(平成29年)7月25日(火)
※荒天時は翌日に順延、翌日も荒天の場合は中止

<時間>
19時20分~20時30分

<会場:住所>
葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷):葛飾区柴又七丁目17番13番地先

<アクセス・最寄り駅>
●京成線:柴又駅下車~徒歩にて約10分
●JR線:金町駅下車~徒歩にて約20分
●北総線:新柴又駅下車~徒歩にて約15分

※新柴又駅が比較的すいています。

<駐車場>
なし

<有料席>
河川敷に有料指定席が設置される予定
販売期間:5月下旬頃予定(作年はチケットぴあ)
2人マス席・4人マス席・ベンチ席ほか。
※細は公式サイトをご確認下さい。

<問い合わせ先>
葛飾区コールセンター(はなしょうぶコール):03-6758-2222

 

葛飾納涼花火大会の観賞穴場スポットは?

葛飾区納涼花火大会では、有料席の用意もあるので、そちらを購入されるのであれば、穴場スポットで観賞する必要はありません。

それ以外でも、有料席の外側や江戸川河川敷などで楽しむことができます。
…が、できるだけ混雜を回避したい場合の穴場スポットをご紹介します。

 

<穴場スポット1:新葛飾橋(水戸街道)>



千葉県松戸市上矢切~東京都葛飾区金町に架かる橋です。
打ち上げ場所からそれほど近いわけではありませんが、花火の打ち上がる様子は見られます。

 

<穴場スポット2:松戸市側河川敷(江戸川河川敷)>

会場から江戸川を挟んだ位置にあるゴルフ場です。敷地は広いですし、混雜度は低いです。場所取りをしなくてもゆっくり観賞できる可能性は高いですよ。
川面に映り込む花火も美しいです。

スポンサーリンク

 

屋台の出店場所は?

屋台も花火大会の見どころのひとつであり、楽しみですよね。
葛飾区の納涼花火大会でも屋台はあります。

柴又帝釈天の参道に出店されます。
屋台に立ち寄るなら、最寄り駅は京成電鉄 柴又駅です。

 

屋台

出典 http://yataijyouhou.com/?p=33

柴又帝釈天参道を歩いて会場入りすれば、屋台での食べ歩きもできますし情緒溢れる下町の雰囲気も楽しめます。
今年は、記念の年であるので例年以上の盛り上がりが期待できますね。

夜空を彩る大輪の花火で観客を魅了する葛飾区納涼花火大会。
恒例のナイアガラでの強烈な光りと音とのコラボの夜空を埋め尽くす様子はまさに圧巻です。
この花火大会は、打ち上げ場所から近いので、迫力、臨場感が半端ありません。

葛飾下町花火を十分に堪能できる夏の思い出になることでしょう。

スポンサーリンク