あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

ヘルパンギーナの症状と治療法は?かかりやすい年齢は?

   

発熱

ヘルパンギーナは、夏風邪のウイルスによって起こる病気です。
原因ウイルスの大多数はエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群である場合が多いですが、コクサッキーBウイルス、エコーウイルスなどもあります。

ヘルパンギーナのかかりやすい年齢や、症状、治療法や手当などをお伝えします。

スポンサーリンク

 

ヘルパンギーナの症状と感染経路は?

ヘルバンギーナは、発熱と口腔粘膜に現れる水疱性の発疹を特徴とする急性のウイルス性咽頭炎です。
6ヶ月以降の乳幼児を中心に夏季に流行し、4歳以下、特に1歳前後がかかりやすいです。

ヘルパンギーナの感染経路としては、咽頭分泌物に含まれるウイルスの飛沫感染(空気感染)や便に排泄されたウイルスの経口感染が主なものです。

突然39度前後の高熱が出るのと、喉の奥(喉ちんこの根本あたり)に小さな水疱が数個から数十個もできます。
このため、喉が腫れて痛み、唾液を飲み込むことさえ辛くなり、よだれが多くなるんですね。

水疱が敗れるのは、2~3日経ってからから。
この時期には、さらに痛みが強くなるため、子供の機嫌は最悪に。

食欲も落ち、嘔吐することもあります。
ただし、咳や鼻水などの症状はみられません。

高熱は2~3日で下がることが多く、水疱も1週間程度でおさまります。

ヘルパンギーナの合併症
発熱初期に、熱性けいれんを起こすことがあり、まれに髄膜炎を合併することがあります。
ヘルパンギーナの経過中に、嘔吐や頭痛を何度も繰り返すようなことがあれば注意が必要です。

 

治療法と家でのケア

病院
ヘルパンギーナにかかると、子供は口の中が痛むので、熱いものや酸っぱいものなどは刺激となります。
このようなものは避け、薄味で柔らかく、喉越しの良いものを少量ずつ与えてあげてください。また、高熱も出ますので、適宜、こまめな水分補給が必要です。

安静にしていれば、自然に症状は軽快し、治癒しますが、高熱がいつまでも下がらなかったり、水分も摂れないほどの喉の痛みがある、合併症の兆候があるなどした場合には、受診をしてください。

高熱があっても比較的元気であれば、シャワーも可能です。

スポンサーリンク