あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

福岡筥崎宮放生会2017の時間、見世物小屋とおはじき攻略

      2017/05/20

筥崎宮放生会

出典 http://www.welcome-fukuoka.or.jp/info/1566.html

筥崎宮放生会は、福岡県で開催される博多の三大祭の一つです。
万物の生命を慈しみ、秋の祭りに感謝する祭りで、1000年以上も続く歴史あるものなんですね。
祭り開催期間中は、様々な祭事が執り行われるほか、大勢の人が訪れ賑わいます。

箱崎宮放生会といえば、有名なのが「おはじき」や「ちゃんぽん」。
また、沢山の屋台が出店しますが中でも「見世物小屋」が人気です。

今年2017年の福岡筥崎宮放生会の日程をはじめ、場所、時間、アクセス、駐車場、交通規制情報などをお知らせします。
筥崎宮名物の「おはじき」「ちゃんぽん」、名物屋台の「見世物小屋」の詳細についてもご紹介しますので、ぜひチェックしてくだい。

スポンサーリンク

 

福岡筥崎宮放生会の日程・会場場所・時間は?

<開催日程>
2017年(平成29年)9月12日(火)~9月18日(月・祝)

<会場場所>
筥崎宮・周辺

<住所>
福岡県福岡市東区箱崎1-22-1

<行事>
9月12日:御下り
18時~御神幸が「筥崎宮」を出発→九大病院前・JR吉塚駅前・箱崎小学校前→22時に頓宮到着
9月14日:御下り
19時~「御下り」のコースを逆に進む~約1時間かけて「筥崎宮」へ

※2年に一度(西暦の奇数年)御神幸(御神輿行列):御下り・御下りに氏子約500人の奉仕により行われます→2017年は該当年です。

<問い合わせ先>
筥崎宮:092-641-7431

 

アクセス・駐車場・交通規制情報

<アクセス>
【公共交通機関:最寄り駅など】
●福岡市営地下鉄:箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
●JR鹿児島本線:箱崎駅下車→徒歩8分
●西鉄バス:箱崎下車→徒歩3分
●JR九州バス:箱崎1丁目下車→徒歩2分
【車】
福岡都市高速東浜出入口から国道3号経由10分

<駐車場>
有料駐車場あり:約1,000台(宮前駐車場・特別駐車場)~下記の交通規制図参照
収容台数に限りがあるため、駐車できないこともあり得ます。
筥崎宮周辺の有料駐車場はコチラを参照してください。

<交通規制>

交通規制図

出典 http://www.hakozakigu.or.jp/access/

放生会期間中は、会場周辺は交通規制が敷かれますし、混雑、渋滞が予測されます。可能な限り公共交通機関の利用が望ましいでしょう。

 

福岡筥崎宮の「おはじき」と「ちゃんぽん」の購入方法は?

<おはじき>

おはじき

出典 http://fanfunfukuoka.com/feature/30892/

福岡放生会では、「おはじき」と「ちゃんぽん」「新生姜」の3つの縁起物が販売されます。中でも一番人気があって、有名なのは「おはじき」ですよね。

おはじきといえば、平べったい丸いガラスで出来た子供の玩具のイメージがありますよね。
しかし…筥崎宮で販売されるおはじきは、見た目も意味もまるっきり違うものです。まず、先ほど述べた「縁起物」で、「厄をはじく」という厄払いの意味があるとのこと。

ガラス製ではなく、毎年、テーマに沿って趣向を凝らしたデザインで作られた土製の素焼き仕様。博多人形師である「白彫会」が丹精込めて仕上げるという拘りようです。

こう言うと、なんだが重々しい風格のあるもののように感じますが、全くそんな雰囲気はなく、可愛らしいおはじきなのです。

おはじきの数は30個(30種類)前後が1セットで価格は桐箱入りで3,000円です。
また、上位版(?)の額入りのおはじきもありますが、こちらは1万円とのこと。

限定1,200個のみの販売となり、その年のものは、その年でしか買えないので、かなり希少価値があります。
…オークションでは、10倍位の値段がついたりするようですよ。

放生会の初日の12日の8時から筥崎宮で販売されますが、そう簡単には手に入れられない代物です。競争率が半端なく高いんですね。
まず、販売時間に行っても購入できません。
当日の早朝の6時前後に整理券の配布が始まり、あっという間に終了してしまうことがほとんどです。

確実に整理券を入手するためには、前日の21時前後くらいから並ぶのが可能性が高いとのこと。
不安な方は、前日の夜から並びに挑戦する方法もアリでしょう。遅くとも当日、3時頃までに並ばないとかなり厳しいでしょう。

また、販売開始時間に、その場にいないと無効になりますので、整理券をもらえたからと安心して移動しないようにご注意ください。

 

<ちゃんぽん>

ちゃんぽんと言ったら、あの食べる「ちゃんぽん」を想像してしまいますが…。
当たり前ですが、ここで言う縁起物のちゃんぽんは別物です。

筥崎宮放生会で販売されるものは、長崎のお土産のガラス細工の「ビードロ」と同じものです。
ただし、放生会のちゃんぽんは、巫女さん達がガラスに筆で絵付けをしています。

価格は3,000円~9,000円ほどで、筥崎宮のお守り授与所で販売されます。

スポンサーリンク

 

筥崎宮放生会屋台の人気は見世物小屋

見世物小屋

出典 http://takahan.co/kanko/5635/

放生会の名物といえば、「おはじき」「ちゃんぽん」…そして屋台です。

1キロほどの長い表参道の両側に軒を連ねて立ち並ぶ屋台の数は約700軒程で、その姿は壮観とも言えるほど。人出も凄いです^^;

定番のグルメ系はもちろん、遊戯系も豊富にありますし、お化け屋敷も…。
その中でも、特に人気なのが「見世物小屋」です。

見世物小屋というからには、ちょっと変わった芸がありそうですよね。

例えば…ギャルのマジックショー、驚異の怪力女のショー、カッパの空中遊泳、魔術や小奇術、炎の火災ショーなどがあります。

お祭りといえば、昔は全国的にソコソコあった見世物小屋も、今では箱崎宮放生会だけになってしまったようです。そうなると、いつまで見られるかわからないという思いが…。
たまには現実離れした世界を楽しむのも良いかもしれませんね。

なお、屋台は全般的に放生会期間中、10頃から21頃まで、お店によっては24時頃まで営業していますが、最終日だけは夕方くらいまでなので注意してくださいね。

 

屋台

出典 http://bikerevive.jp/blog/?p=574

捕獲した魚や鳥獣を野に離し、殺生を戒める宗教儀式のことを放生会といいます。
全国の寺院や八幡宮で開催されますが、放生会の読み方は、「ほうじょうえ」…というのに対して、福岡県の筥崎宮放生会だけは、「ほうじょうや」という読み方をするんですね。

7日間の期間中にに訪れる人は100万人とも150万人とも言われている九州随一の秋まつりです。
日頃、意識することが少ない、他の生命への感謝の気持ち感じながら、ぜひお祭りを存分にお楽しみください。

スポンサーリンク