あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

夏季の熱海海上花火大会2017日程や時間、駐車場は?

      2017/04/25

熱海海上花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33263.html

歴史ある花火大会である熱海海上花火大会は、今年2017年で66年目を迎えます。
熱海湾は、花火業者達が日本一の花火打ち上げ会場と絶賛するほどの地形です。
三面を山に囲まれたすり鉢状であるため、大きなスタジアムと同じような音響効果で花火の音がより反響し、迫力が感じられます。

この会場を最大限に活かした花火大会が今年も開催されます。

そこで熱海海上花火大会の日程や開催時間、駐車場、穴場スポットなどの情報をお知らせします、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

 

熱海海上花火大会の日程や時間、駐車場はある?

熱海海上花火大会は、「春季」「夏季」「秋季」「冬季」と四季を通して行われます。
今回は、夏季の開催に関してお知らせします。

<開催日程>
2017年(平成29年)
7月23日(日)・7月28日(金)
8月5日(土)・8月8日(火)・8月18日(金)・8月20日(日)・8月24日(木)
※雨天決行

<時間>
20時20分~20時50分

<打ち上げ場所>
熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設) 

<開催会場>
静岡県熱海市渚町地先 親水公園ほか

<打ち上げ数>
約5,000発

<アクセス>
JR東海道新幹線熱海駅から徒歩20分

<駐車場>
臨時駐車場などの設置はありません。

●熱海駅周辺の駐車場はコチラ 

※当日は大変混雑するため、公共交通機関の利用推奨。熱海の駐車場自体もそれほど多くないので、車での移動は控えた方が良いでしょう。
※花火大会終了後は、歩行者優先となり会場周辺の駐車場の出庫がスムーズに行えない場合があるので注意してください。

<交通規制>
あり:花火大会会場周辺

<問い合わせ先>
熱海市観光協会:0557-85-2222

 

熱海海上花火大会の見どころって?

熱海花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34166.html

熱海海上花火大会は年に何回もある花火大会です。
もはや、この花火大会は「夏」だけのものではありません。

だからなのか、年間通しての分散効果が働いて(?)他の大規模な花火大会からみると混雑度は低めです。
その分、多少はゆっくり花火鑑賞ができるのではないでしょうか。

夏季の花火大会だけでも7回、各日、約5,000発の打ち上げ数があります。

単発のスターマイン、新種の花火が途切れることなく打ち上がり、フィナーレの「大空中ナイアガラ」は幅約1,000mにも及ぶ大きさを誇ります。
まるで真昼のように海上は輝き、すり鉢状の地形ならではの音響効果からは半端ない迫力を感じることができます。

スポンサーリンク

 

熱海海上花火大会の場所取りや穴場は?

夏季の花火大会は、例年有料観覧席の用意があります。
5月中くらいから、公式サイトでチョコチョコ確認してみてくださいね。
(※因みに昨年は、6月1日より、全国のセブンイレブンにて販売され、熱海市観光協会窓口でも前売券が購入できました。)

※熱海温泉ホテル旅館協同組合に加盟している施設に宿泊するのであれば、宿泊者専用無料観覧席が用意されます。

場所取りに躍起になるのは嫌だなぁ…という場合は、有料席を検討しても良いでしょう。
とは言え、指定席ではないため会場へ早めに行って場所を確保する必要があるので注意してください。

ある程度、混雑していたとしても観覧場所は結構広めなので、有料席を購入しなくても楽しまめすが、いくつか穴場スポットをご紹介しますね。

 

<穴場1:熱海サンレモ公園>

打ち上げ会場も比較的近く、花火自体がよく見える地点です。
熱海湾沿いのすぐ傍に位置し、ちょっとトロピカル風な雰囲気のある公園です。

 

<穴場2:マリンスパ熱海>

こちらも熱海湾に面した位置にあります。
入場料がかかりますが、施設内からゆっくりと花火鑑賞したい人におすすめです。

 

<穴場3:熱海城>

入場料がかかりますが、夜景も花火も綺麗に見られる穴場スポットです。
通常は、17時までの営業時間ですが、花火大会の日には18時~21時までの夜間営業をしています。
座席は予約受け付けなし、先着順となるので早めにいって場所取り(席確保)しましょう。

 

熱海海上花火大会

出典 http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=449

熱海海上花火大会の第一回目は、この地域が様々な災害に見舞われた後の地元市民の努力の証と花火を打ち上げたことが始まりとのこと。
その伝統は受け継がれ、夏の風物詩となりました。
現在でも、地元住民だけではなく、遠方から訪れる観光客にも愛される花火大会です。

熱海は花火だけでなく、観光地としても有名です。
日中は観光を、夜は花火を楽しむ、そして温泉も?
という過ごし方も良いかもしれませんよ。

一年のうち何度も機会がある熱海海上花火大会、ぜひ一度と言わず何度も足を運んで下さい。

スポンサーリンク