あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

阿佐ヶ谷七夕祭り2017開催時間は?屋台はある?

      2017/05/18

張りぼて

出典 http://www.asagaya.or.jp/tanabata/2015tanabata.html

日本三大七夕まつりとして、全国的にも周知されている阿佐ヶ谷七夕祭りは、毎年、七夕にちなんで東京都杉並区阿佐谷で月遅れの8月に開催されます。

祭り期間中は、町全体が七夕をモチーフにした装飾で彩られ、アーケード入口には巨大なくす玉、アーケード内には吹き流しや提灯、名物となっている世相を反映した巨大な張りぼてが飾られ、毎年多くの観光客が訪れます。

今年2017年の阿佐ヶ谷七夕祭りの開催日程、時間、屋台の出店などの情報をお知らせします。
また、見どころ、楽しみ方などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

阿佐ヶ谷七夕祭り2017の開催日程・時間・アクセス・駐車場は?

阿佐ヶ谷七夕まつり

出典 http://hapiba.jimdo.com/

<開催日程>
2017年(平成29年)8月4日(金)~8月8日(火)
※雨天決行

<開催時間>
10:00~22:00

<開場場所>
JR阿佐谷駅周辺商店街 (阿佐谷パールセンター他)

<住所>
東京都杉並区阿佐谷(JR阿佐谷駅周辺)

<問い合わせ先>
阿佐谷商店街振興組合:03-3312-6181
阿佐谷公式ホームページ

<アクセス:最寄り駅>
【電車】
・JR中央線、総武線「阿佐ヶ谷」駅下車:徒歩約1分
・東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷」駅下車
【バス】
・京王井の頭線浜田山駅~コミュニティバス「すぎ丸」乗車→終点阿佐ヶ谷駅
・石神井公園駅北口、中村橋駅、下井草駅から関東バス乗車→阿佐ヶ谷駅ゆき終点「阿佐ヶ谷駅」

<駐車場>
なし
阿佐ヶ谷七夕祭りでは、主催者側からの駐車場の提供はありません。
どうしても車で向かいたいという方は、周辺の有料駐車場を利用することになります。
しかし、阿佐ヶ谷駅や南阿佐ヶ谷駅周辺は、阿佐ヶ谷七夕祭り開催期間、特に週末においては、大変混雑します。
後々のことを考えても、出来る限り公共交通機関を利用した方が良いでしょう。
もしくは、最寄り駅よりも前の駅周辺に駐車して、そこから電車で向かうといった方法が得策かもしれません。

スポンサーリンク

 

阿佐ヶ谷七夕祭りの屋台の出店とおすすめのグルメは?

屋台
張りぼてだけでなく、お祭りといったら屋台ははずせません。
商店街のお店が、定番メニューはもちろん、それぞれ趣向を凝らした特徴ある屋台を営業しています。

お祭りの屋台といえば数あれど、この阿佐ヶ谷七夕祭りの屋台の質はかなりのもの。
珍しいものを扱っていることも多いんですね。

例えば、阿佐ヶ谷七夕祭りの屋台で人気があるのは「くるくるソーセージ」、「ぼこちゃん」「じゃがちゃん」大きなお鍋で作るパエリアやキッシュなど。

なんとイタリアンも味わえます。ミート屋のペンネも絶品ですよ。

しかし、一番人気なのは何と言っても「かき氷」
これは…かなり口コミでも有名になっています。

「鉢の木」のかき氷は、これでもかというほどにカップに盛られたフワフワの氷の上に、果肉たっぷりの自家製ソースがかけられています。

すでに名物となっているかき氷なので、2~3時間待ちが必至です。
なにがなんでも食べたい…という人は覚悟をきめて並びましょう。

 

かき氷

出典 http://ameblo.jp/tc-vkids/entry-10976674627.html

お祭り気分を味わうためには、装いも…って人も多いはず。
せっかくの七夕祭りなのだから、浴衣で行きたい人も多いでしょう。
七夕祭り…というだけあって、浴衣の人の割合も割りと多いようです。

少なくとも、浴衣で阿佐ヶ谷七夕祭りに行って場違いな感じにはならないので安心して良いでしょう。
また、カップルで浴衣という出で立ちにも遭遇したりして、微笑ましい限りです。

「阿佐谷七夕まつり」は、昭和29年に始まり、今では東京の夏の風物詩となっています。
伝統的な格式あるものなのか?と思いきや、ユニークかつ時代の流れをうまく取り入れているお祭りです。

手作りの飾り付けやアニメのキャラクターなど、若い世代にも受け入れられる話題性の高い張りぼてもたくさんあります。
七夕気分を堪能できる阿佐ヶ谷七夕祭りに、ぜひお出かけください。

スポンサーリンク