あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

山形のさくらんぼ狩り2017時期とおすすめ農園は?

      2017/04/22

さくらんぼ
全国の7割のさくらんぼ生産量を誇る山形は、まさにさくらんぼ王国。
さくらんぼって、見た目にルビー色の可愛らしい姿で微笑ましいですよね。

そして、そのさくらんぼの中でも、味も人気も高い品種の佐藤錦が特に有名です。

さくらんぼ狩りの時期は、例年6月末頃から7月中旬くらいまで。
山形県内での栽培量が7割を超えるという佐藤錦を目当てに、さくらんぼ狩りに出かける人も多いのではないでしょうか。

そこで、山形で佐藤錦のさくらんぼ狩りができる、2017年度のおすすめの農園をご紹介します、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

 

山形で佐藤錦のさくらんぼ狩りできる農園

佐藤錦
佐藤錦がさくらんぼ狩りで採れる…と仰々しく書いてしまいましたが、実際、山形県内では、全収穫量の7割が、この佐藤錦なので、ほとんどの農園で扱ってるんですよね^^;

だから、ほぼ何処へ行っても大丈夫でしょう。
それをふまえて、口コミで評判が良いおすすめの農園を調べてみました。

 

宇野一秋農園

予約なしでも随時入園可能です。
駐車場完備ですが、予約優先なので、より安心するためには連絡を入れておくのがベスト。
2時間、食べ放題です~別料金となりますが自分でもぎ取った、さくらんぼをお土産にすることもできます。
ハウスの設置があるので、雨が降っても大丈夫です。

開園期間:2017年6月10日(土)~7月28日(水)(6月12日~15日は休園)
入園料:大人(中学生以上)1,300円/子供(小学生・園児)800円
開園時間:8時30分~15時(予約すれば、時間外可)
入園時間:2時間以内

<住所>〒999-3511  山形県西村山郡河北町谷地庚728-1 (紅花資料館向かい)
<TEL>0237-72-6094

近くの国道347号線沿いに美味しくて人気のお蕎麦屋さん「一寸亭(ちょっとてい)」があるので、寄ってみるのも良いかもしれまんが…昼時は激混みにて注意です。

 

仲野観光果樹園

さくらんぼの種類が豊富です、佐藤錦、紅秀峰、高砂、ナポレオンなどなど、約8種類で予約可能です。
雨除けテント付きで、雨天の時も安心です。

開園期間:6月上旬~7月中旬(問い合わせ要)
入園料:大人(中学生以上)1,500円/子供(小学生)1,200円/幼児(3歳以上)800円/2歳以下無料
開園時間:午前8時半~午後5時(受付は16時30分まで)
入園時間:30分

<住所>〒994-0103山形県天童市大字川原子1784-5
<TEL>023-656-2775

天童温泉では、日帰り入浴を受け付けているホテルが多いので、帰りにひとっ風呂っていうのも良いでしょう。

 

安達農園

口コミで、接客対応が良いというさくらんぼ狩り農園です。
品種は佐藤錦、ナポレオンなど、予約は不要ですが、車5台以上の場合要です(駐車場無料60台)時間内食べ放題です。
雨よけテント設置あり、全天候型なので安心。

開園期間:6月上旬~7月上旬(問い合わせ要)
入園料:大人(中学生以上)1,500円/子供(小学生)1,200円/幼児無料
開園時間:午前8時半~午後5時(受付は16時まで)
入園時間:60分

<住所>山形県東根市関山332-1
<TEL>0237-44-1231

 

王将観光果樹園

県内最大級の果樹農園で、さくらんぼ狩りの開園時期が早いのですが、これは温室だからです。
30分のさくらんぼ食べ放題、温室さくらんぼ狩りは、要予約です。

料金が高めですけど、いろんなプランが用意されていているので、ここじゃないとっ!ていう人もいるかもしませんね。
早めのさくらんぼ狩りを楽しみたい人は、温室さくらんぼ狩りも良いでしょう。
ゴールデンウィークにさくらんぼ狩りを…という場合には、おすすめです。

時期が早ければ早いほど、料金は割高になっています。

クーポン利用可なので、ぜひ利用してください。(通常料金で入園する場合のみ:ネット限定プラン不可)

開園期間(2017):5月20日~7月17日(開園当初は、温室さくらんぼ狩りのみ~6月上旬まで。6月上旬から~終了までは通常のさくらんぼ狩り)
入園料:温室2,700円~3,000円(税別)/大人(期間により料金が異なります)露地1,500円(税別)/大人⇒果物狩り期間毎の料金 
開園時間:午前8時半~午後16時までの受付
入園時間:30分

<住所>〒994-0103山形県天童市大字川原子1303番地
<TEL>023-657-3211 フリーダイヤル 0120-15-0440

 

山寺観光果樹園
2017年は園内整備のためさくらんぼ狩り中止

時間制限がない所が良いという人におすすめです。
平日は予約要、休日は予約不要です(10名以上は休日でも要)
駐車場完備、園内は屋根付きなので雨天でも平気です。

小学生以上が大人料金になるので、注意してください。
料金が高めですが、サービスで、お買い物券が付いてきます、それも500円分です。
それと、時間制限がないということを考えたら、お得感あります。

大食いの人には有り難い料金設定かもしれませんね。

開園期間(2016):6月13日~7月上旬(問い合わせ要)
入園料:大人(小学生以上)2,000円/幼児600円
開園時間:午前9時~午後5時
入園時間:開園時間内、時間制限なし!

<住所>〒999-3301 山形県山形市大字山寺1973-1258
<TEL>023-695-2443

 

まほろば観光果樹園(高畠町)>

佐藤錦、紅さやか、ナポレオン、紅秀峰などのさくらんぼ狩りが楽しめ、時間制限なしで食べ放題です。
料金も安いですし、良心的ですよね、口コミでも評価が良いですよ。
予約不要(団体要)ですが、日程は確認したほうが安心です。
ハウス園のため、雨の時でも大丈夫です。
駐車場はありますが、台数は少ないですね。
ホームページは貧弱なので^^;不明な点は、電話連絡が良いでしょう。

開園期間:6月下旬~7月上旬(問い合わせ要)
入園料:大人(中学生以上)1,200円/子供(3歳以上)700円/3歳未満無料
開園時間:午前9時~午後5時(入園受付は16時半まで)
入園時間:開園時間内、時間制限なし!

<住所>山形県高畠町二井宿132-4
<TEL>0238-52-0588

 

うぐいすの宿観光果樹園

手入れが行き届いているとの口コミのある農園で入園時間中食べ放題です。
無料駐車場あり20台です。
2016年度より料金が値下げされているのは、嬉しいですね^^
さくらんぼの品種プレートが木に取り付けられているので、わかりやすいですよ。

くだものらんど」の会員になると、予約限定特典などが受けられますので、チェックしてみてください。(キッズデーの入園料無料、早期予約特典の入園料割引など)

ホームページがリニューアルされたせいか(?)前面に「うぐいすの宿観光果樹園」の名前は出てきません。「くだものらんど」の表示がされます。

開園期間:6月上旬~7月上旬(問い合わせ要)
入園料:大人(小学生以上)1,200円/子供(3歳以上)600円
開園時間:午前9時~午後5時(入園受付は16時まで)
入園時間:40分

<住所>〒999-3301山形県山形市山寺1973-1533
<TEL>023-695-2404

 

さくらんぼ

ご紹介した農園以外にも、さくらんぼ狩りができる所は、まだまだたくさんありますよ!
…というか、ありすぎるくらいですが。

県内には、さくらんぼ狩りができる農園は約400箇所以上あるんですね。

そう言っても、選択肢が多すぎて、どの農園でさくらんぼ狩りをしたら良いの?ってことになります。

実際のところ、さくらんぼは、あまり当たり外れはありません。
山形県内のさくらんぼ農園であれは、どこを選んでもほぼ、間違いなく美味しいです。

料金も、時間もいろいろ、時間無制限などもあって、お得感たっぷりなところもあります。
しかし、料金の面だけに気を取られないで各農園の特色もあるので、それをふまえて決めるのが良いでしょう。

普段スーパーとかで購入するとなると、さくらんぼは高級果物。
時間制限があるところが多いとは言え、かなり割安に食べることができるのは、さくらんぼ狩りならではですよね。

もぎ取ったものは、食べ放題ですが、持ち帰ることはできません。また、もいだものは傷んでいない限り食べるのがマナーです。

予約なしで入園できる農園でも、なるべくなら連絡の一つも入れておくと、対応もより良いかもしれませんよ。
そして、忘れてならないのは、トイレを済ませておくということ。

可愛らしいさくらんぼですが、意外と体に良い成分を含んでいます。疲労回復や便秘解消効果も期待できるんです。
これだけではありませんが、そうはいっても、食べ過ぎは消化不良を起こして、お腹を壊してしまうかもしれないので、食べ放題だからと言って無理はしないように^^;

食べる量は、ほどほどにして楽しんでくださいね。

スポンサーリンク