あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

戸田橋花火大会2017の穴場スポットは?有料席はある?

      2017/05/30

戸田橋花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33402.html

戸田橋花火大会は、荒川を挟んで「いたばし花火大会」と同時に開催される花火大会です。
両岸合わせると約12,000発もの花火の共演となります。尺玉をはじめ、フィナーレを飾るウルトラスターマインなど見どころタップリの迫力満点の花火が打ち上げられます。

広い荒川の河川敷を活かした打ち上げで、半世紀以上の歴史と伝統ある花火大会です。

そこで、今年2017年の戸田橋花火大会の日程や有料席、屋台の情報をお知らせします。また、穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

戸田橋花火大会の日程・時間・場所・有料席は?

戸田橋花火大会

出典 http://www.pepetashiro.com/category/conver/page/2/

<日程>
2017年(平成29年)8月5日(土)
※雨天、強風時は翌日に順延

<時間>
19時~20時30分

<会場場所>
荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷 埼玉県戸田市戸田公園

<住所>
埼玉県戸田市 国道17号戸田橋上流戸田市側荒川河川敷

<アクセス>
JR戸田公園駅から徒歩20分
※混雑によっては徒歩40分~50分程度

<打ち上げ数>
約6,000発(いたばし花火大会合わせて約12,000発)

<駐車場>
なし

<交通規制>
当日会場周辺~戸田公園駅で車両進入禁止:17時~21時30分頃まで

●荒川土手下の国道17号から戸田競艇場(笹目川)までの道路
●戸田ボートコース北側沿いの一方通行の道路
●戸田中通りの国道17号から大前橋まで
●戸田中通りから南側(会場側)の道路全て
●戸田公園駅、国道17号、市役所通り、荒川土手下に囲まれる範囲の道路全て
●国道17号、新大宮バイパスの規制なし

※風向きによっては、ボートコース沿いの通路が花火大会開催中、通行止めになる場合あり
※自動車、バイクだけでなく自転車も規制対象
※バス、タクシーの乗降場所が移動、変更

<有料席>
あり:例年、先行販売が6月中旬~下旬発売。一般販売は7月初旬、売り切れ次第終了。

※シングル席・ペア席・フアミリー席・グループ席などで、イスの用意はなし。芝生席orブルーシート席のみ。

<問い合わせ先>
戸田橋花火大会実行委員会事務局:048-431-0206
戸田橋花火大会公式サイト

※予定は変更になることもあります、ご了承ください。

スポンサーリンク

 

戸田橋花火大会の混雑具合と穴場スポットは?

戸田橋花火大会では、有料指定席の用意もあります。そして場所取りは、花火大会当日、明るくなってからより許可されています。
有料席を購入してまでは…、場所取りに躍起になりたくない…って方に、いくつか穴場スポットをご紹介しますね。

 

<穴場1:戸田競艇場 南側河川敷>


無料で開放されている場所です。
ゆったり花火観賞でき、戸田競艇場の駐車場に駐車可能です。
戸田公園駅から、徒歩で40分ほどかかりますので、車の方におすすめです。
戸田橋・いたばしの両方の花火が見られます。

 

<穴場2:イオン北戸田店>


駐車場からの観覧となります。
メイン会場の最寄り駅ではない北戸田駅を使うことになるので、混雑も回避できます。
トイレや食事の心配なく、何か食料を買い込んでつまみながら見物しましょう。

 

<穴場3:笹目橋付近>


混雑は少なめです…が、屋台はあまり出ていません。
この場所までの道すがらで、屋台に立ち寄り食べ物を調達しておく必要があります。

花火をゆっくり観賞できれば…という人におすすめの穴場スポットです。

 

<穴場4:浮間公園>


公園内にトイレもあるので便利です。

戸田橋花火大会最寄り駅の戸田公園駅よりも浮間舟渡駅の方が近いです。
実際には、この場所で、場所取りしている人もいますが、それほど混雑は酷くはありませんので、比較的ゆっくり花火観賞ができます。

 

戸田橋花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/27146.html

戸田橋花火大会は、1951年に板橋・戸田両区町間で都県境変更を行ったことにより、これを記念して開催され、半世紀以上の歴史と伝統のある花火大会です。

迫力ある尺玉やフィナーレのウルトラスターマインがなんといっても、見どころであるとともに、カラフルで可愛いらしい花火は、見ていて癒やされます。
臨場感が味わえる有料指定席での花火観賞がおすすめです。…が、そこは見物する人の考え方次第、ゆっくり穴場スポットでの観賞をするもよし。

駅から会場までの道、会場付近には多くの屋台の出店もあるので、立ち寄ってお祭り気分を味わえます。
自由気ままに、夏の風物詩である戸田橋花火大会をお楽しみください。

スポンサーリンク