あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

東京多摩動物公園~さよならライオンバスの詳細と混雑対策

   

多摩動物公園

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/honmon1968/25732328.html

春うららかな時期に東京の多摩動物公園に家族でお出かけする人もいるでしょう。
ゴールデンウィークもありますし、最適な季節ですものね。
多摩動物園は、みどりの日(5月4日)、開園記念日(5月5日)、都民の日(10月1日)無料公開日となっています、ご存知でしたか?
当然のごとく、その日や連休期間中はもちろん、休日はたいへん混雑します。

しかしその前に、ライオンの群れを間近で見ることができるライオンバスが2016年4月1日から運行休止となり「さよならライオンバス」イベントの開催が予定されています。
こちらも春休み期間となり、混雑が予想されます~その日程、概要をお伝えしますね。

また、多摩動物公園へのアクセス、休日の混雑状況や食事のとり方などその場で困らないためのポイントをまとめましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

 

多摩動物公園へのアクセスと駐車場

多摩動物公園付近駐車場

出典 http://jumpyaers.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

【多摩動物公園】
<住所>東京都日野市程久保7-1-1
<アクセス>
電車:京王線、多摩都市モノレール「多摩動物公園駅」より徒歩1分
車:中央自動車道「国立府中IC」より約20分(約6キロ)/圏央道「あきる野IC」より約17キロ
<駐車場>なし
※土日・祝日などには公共交通機関(電車・モノレール)の利用を推奨しています。
<開園時間>9:30~17:00(入園券販売時間:16:00まで)
<休園日>
・水曜日( 水曜日が祝日・都民の日~その翌日が休園日)
・年末年始(12月29日~翌年1月1日)
<入園料>
・一般:600円
・中学生:200円(生徒手帳要)
・65歳以上:300円(証明書要)
<ライオンバス>
料金:
・大人・・・360円
・3歳~中学生・65歳以上・・・100円
運行時間・・・10時~16時

<駐車場に関して>
多摩動物公園には、駐車場がありませんので、付近の有料駐車場を利用することになります…が、休日は大変混雑します。無料開園日は、更にすごいことになりそうなので、公共交通機関で行くのが良いかもしれません。

もし車で…ということであれば、開園時間(9時半)よりかなり早く到着するようにしましょう。
園入口前の道路には、民間の有料駐車場が多数あります。1日での設定料金なので、時間は気にしなくてもいいですよ。
料金は、時期によって違うようです。平日は比較的安めですが、春休やゴールデンウィークなどでは、倍くらいに跳ね上がります。
駐車場所は、多摩動物園入口に近い方から埋まっていき、すぐに満車になるので気をつけてください。
どこに停めようか迷っている猶予はないと考えて、空いている所があれば、すかさず停めた方がいいですよ。

多摩動物公園の見所~ライオンバスとイベント

ライオンバス

出典 http://ctec3.blog.so-net.ne.jp/2012-07-17-2

東京多摩動物園の一番人気であるといっていいライオンバスは、2016年4月1日から当面運行を休止します。
これは、ライオンバス発着場の耐震化に伴う工事のためとのことです。
当面…とのことですが、再開時期は具体的に発表していません(約3年間?)
運行休止にともない、その前にイベントが開催されます。

<さよならライオンバスイベント概要>

【スクラッチくじ配布】
各日先着3,000名にぬいぐるみ(ライオン)などのオリジナルグッズが当たるスクラッチくじが配布されます。
●イベント日時:2016年3月28日(月)~3月31日(木)の4日間
※通常水曜日は休園日ですが、3月30日は開園します。
●場所:正門改札付近
※当日分なくなり次第終了です。

【パネル展示「アフリカにに生きる動物たち」】
アフリカに生きる動物たちの紹介、ライオンバスの歴史のパネル展示
●イベント日時:2016年3月10日(木)~3月31日(木)/9時30分~16時30分
●場所:ウォッチングセンター内エントランスホール

【くらべてみよう!ライオンバスと路線バス】
ライオンバスと路線バスを各1台展示して、ライオンバスをじっくり観察、路線バスとの違いを発見しよう!
●日程:2016年3月22日(火)、3月24日(木)
●場所:正門広場

スポンサーリンク

 

<目玉はやっぱりライオンバス>

ライオンバスは多摩動物公園の一番の目玉です。
これに乗るのが目的で来園する人もいるくらいです。20頭ほどのライオンが放し飼いにされており、そのエリアにバスが入ってコース内を走ります。

ライオンを間近でみることができるライオンバスは、子供だけではなく、大人にも大人気ですよ。
ライオンバスに乗ろうと決めているなら、なにはともあれ、これを最優先とするべきです。開園時間とともにまず乗り場にダッシュです。(チケットは乗り場で販売)
途中、昆虫館などがありますが、ここは素通りして後回しにしてください。

そうでなくても、さよならライオンバスのイベント期間は、通常の休日以上にライオンバスに人が集中することが考えられます、ぼやぼやしてられないのです。

多摩動物公園内での食事

多摩動物公園内での食事を注文できるところは、レストラン1箇所とカフェ1箇所です。
もちろん、休日などは混雑します。たぶん入れないと考えておきましょう。

となると、必然的にお弁当を持って行った方がいいことになります。
朝、お弁当作りとなると慌ただしいということでしたら、コンビニ調達でも良いと思いますよ。

園内のベンチも期待できません、人が多すぎなので^^;
座れないことも考えて、レジャーシートを持参した方が確実です。

ライオンバス

出典 http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/eventlist/

ライオンバスは、自由に動いているライオンを間近で見ることができるようにと1964年に開始されました。多摩動物公園内1ヘクタールの広さの敷地に、バスを走らせるという世界に先駆けたものだったんです。
50年もの歴史があるんですね~、現在のバスは燃料も地球環境と動物に配慮したエコな車輌を使用しています。
この度の運行休止は、非常に残念ですが、致し方ないものです。

ライオンバス発着場の工事中は、ライオンの展示も休止となっています…が、放飼場の一部を仮囲いし、その中にライオンを出すこともあるそうですよ。
その時には、園路からライオンを見ることができます。

休日、ゴールデンウィーク、春休などは結構な…というかかなりの混雑になりのは覚悟しておいた方がいいです。しかもイベント開催時期も相当混みあうと考えて間違いないでしょう。
そうであっても、はじめから計画を立てておけば、多少なりとも効率的に見て回れます。

でも、特に注意しなければならないのは、子供の疲れですよね。大混雑で疲れてダダをこねてしまうこともあり得ます。時々、オヤツを食べさせたり、休憩をとったりしましょう~どうぞ、楽しい休日をお過ごしください♪

スポンサーリンク