あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

高幡不動尊あじさい祭り2017見ごろやアクセス・駐車場は?

      2017/03/18

高幡不動尊あじさい

出典 http://sanpo02.lolipop.jp/sanpo/2013/tokyokinko/sanpo2614.html

高幡不動尊金剛寺は、関東を代表する古刹のひとつで、境内には歴史的な建造物が数多く立ち並び、重要文化財も所蔵している貴重なお寺です。

都内でも有数の紫陽花の名所としても有名です。
自生している山あじさいは約200種類以上・7500株余りと言われているんです。

特に見ごろの時期には、丘一面に色とりどりに咲き乱れ、境内を彩る景観は見事なものです。

そこで、高幡不動尊のあじさい祭りの見ごろや、開花状況、アクセスや駐車場情報をお伝えします、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

高幡不動尊金剛寺あじさいまつり2017日程やアクセス・駐車場は?

高幡不動尊駐車場

出典 http://kimama-go.rdy.jp/tama/takahata/ajisai-road.html

<開催日程>
2017年(平成29年)6月1日(水)~7月初旬

<時間>
9時~17時
9時~16時(奥殿・大日堂・拝観)

<住所>
東京都日野市高幡733

<アクセス>
【車】
(中央高速道路)国立・府中IC~国道20号(日野・八王子方面)~川崎街道(高幡不動方面)
(中央高速道路)八王子IC~国道16号(橋本方面)~北野街道~川崎街道(高幡不動方面)
【電車】
(京王線)高幡不動下車 徒歩3分
(中央線)立川駅~(モノレール)高幡不動駅下車 徒歩5分

<駐車場>
あり:無料
混雜次第で、駐車できないこともあります。
※高幡不動尊金剛寺周辺の有料駐車場はコチラ

<あじさい園入園料>
無料
(拝観料は別途要)

<あじさいの見ごろ>
6月初旬に、まず山あじさいが咲き始めます。
中旬を過ぎると、ガクアジサイなど大輪の紫陽花が一斉に咲く時期を迎えます。
その頃には、五重塔、あじさいの小径、大日本堂の周辺を彩ります。

品種の違う紫陽花が咲きそろうのは、6月中旬頃からとなります。
(天候、気象条件により開花状況は変わります)
境内にある山中に群生しているため、山の斜面全てに、あじさいが咲いているような状態です。

詳細は高幡不動尊ニュース更新情報をご覧ください。
開花状況の情報を流しています。

<連絡先>
TEL 042-591-0032(代)
FAX 042-593-3038

スポンサーリンク

 

高幡不動尊金剛寺のあじさい祭りの見どころは?

高幡不動尊あじさい

出典 http://kimama-go.rdy.jp/tama/takahata/ajisai-road.html

隣接する山がそのまま「あじさい園」であるかのごとくの敷地の広さです。
あじさいの株数は多いのですが、あじさい園自体が広いので、全体的にみれば、密集度はそれほどでもないかもしれません。

しかし、巡拝路が整備されているので、のんびり八十八ヶ所巡りをしながらあじさいを楽しむことができます。
所要時間は約2時間程度かかりますので、運動量はそれなりですが、お天気が良ければ散策するのも気持ち良いのでおすすめです。

高幡不動尊金剛寺のあじさいの品種は、ガクアジサイやヤマアジサイ、丸いのと平たいタイプの2種類が主なようですが、中には、西洋アジサイや珍しい品種の紫陽花もあり新鮮味があります。

 

高幡不動尊あじさい

出典 http://kimama-go.rdy.jp/tama/takahata/ajisai-road.html

紫陽花を堪能でき、風情たっぷりの高幡不動尊金剛寺は、交通の便は大変良いんですね。
駅からも近く、あじさいの時期には、おすすめの名所スポットです。

あじさい祭りの時期、特に混雜が予想されるのは6月中旬以降の土日です。
確かに、その頃があじさいの見ごろなのですが。
都合が許せば、平日が比較的空いていてゆっくり観賞できそうです。

また、ちょっと時期をずらして、あじさい祭りが開催されてから、すぐが良いかもしれません。

散策で疲れたら、五重塔の下の休憩所で一息つきましょう。
ちょっと都心から離れて、自然を満喫する1日をお過ごしください。

スポンサーリンク