あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

おすすめスイムキャップ厳選~シリコン・メッシュタイプ

      2017/04/27

女性スイマー
健康管理やダイエット目的、または趣味で、スイミングスクールに通う女性もいるでしょう。
室内プールではスイムキャップを被るのはマナーですよね。
でも…スイムキャップって、顔の大きさが強調されるし、あんまり格好良いもんじゃないのよね…と思っている人は意外と多いかも。

でも、なにより規則だし、キャップを被らなければ、髪も痛みます。
せめて、おしゃれなスイムキャップを選びたいもの。

そこで、おすすめのスイムキャップをいくつかご紹介します。
シリコン、メッシュが中心です、ぜひ参考にしてください。

 

 

おしゃれなスイムキャップいろいろ

●シリコンタイプ●

 

【スピードのスイムキャップ】

薄くて、頭に馴染みやすいスイムキャップ。無地でシンプルなので、着る水着を選ばずに被れそうですね。フリーサイズ、8色展開ですが色欠けがあります。オーソドックスな色味が人気です。

 

【高純度シリコンラバー使用スイムキャップ】

とにかく安いものが良いって人向き。ロゴはうっすらと入っていますが、殆ど何も描かれていないくらい目立ちません。(色にもよります)シンプルで安いです^^;フリーサイズで7色。この値段だったら何色か持っていても良いかもしれませんね。よく伸びて被りやすいとのレビューも多いです。

 

【ミズノ無地シリコンスイムキャップ】

8色、フリーサイズ、無地のスイムキャップです。 定番の色が揃っており、伸縮性も適度で被りやすいタイプです。

 

【アリーナドーム型無地~MLあり】

ドーム型のシリコンスイムキャップです。こちらのサイズは2種類、MとLから選べます。パープルの色が綺麗ですね。

 

【カラフルが楽しいスピードのキャップ】

こちらもおしゃれタイプで、柄が特徴的です。 ちょっと目立ちたいって時には、おすすめ。サイズはフリー(50~59cm)です。

 

【華やかおしゃれなキャップ】

可愛いけれど子供っぽない、おしゃれなスイムキャップです。 サイズは1サイズでフリー、色味はこれだけです。

 

 

●メッシュタイプ●

【スピードのメッシュスイムキャップ】

柔らかくて、被りやすいものを…という場合は、メッシュタイプが最適です。こちらは、メーカーのロゴが大きめでアクセントになってますよ。5色展開、サイズはM、Lがあります。

 

【アリーナメッシュキャップ】

こじんまりとしたロゴが何となく可愛い雰囲気があるキャップです。色は11種類、サイズがS~Lがありますが、サイズによって色欠けが結構あります。ベース色は、黒と白で、やはり黒が人気のようですね

 

【遊び心あり~ミズノのメッシュスイムキャップ】

かなり可愛いです。この雰囲気が嫌いでなければアリのキャップです。水着が無地で、黒とか紺の場合、このスイムキャップを被ってメリハリをつけるというのも良いかもしれません。サイズはM、Lで6色です。

 

スイムキャップスイムキャップの選び方として、大体はシリコンかメッシュの二者択一になるでしょう。

シリコンキャップは、髪をビショビショにしたくない人には適しています。
プールの水の塩素が気になるって場合にもシリコンだったら安心です。
しっかりピッチリと被れることは、利点でもあり、欠点でもあります。

フィット感が、人によっては圧迫感が強すぎたり、蒸れを感じたりすることも。
特に、初めてシリコンキャップを手にした人は、慣れるのにしばらくかかるかもしれませんね。

対してメッシュスイムキャップは、締め付けられることなく被りやすい、比較的シリコンよりも価格が安いというのが利点です。
しかし、頭全体が濡れてしまうので、髪は確かに痛みやすいといえます。

ジムや、スイミングスクールの指定もあるかもしれません。

とかくシリコンタイプは、被るのに苦労する人も多いんですね。
被るコツは、こちらが参考になります→シリコンスイムキャップの被り方

素材によって、いろいろ良し悪しがあるので、よく考えてお気に入りの物を選んでください^^