あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

溶連菌感染症の原因~大人の症状と治療について

   

溶連菌感染症
溶連菌感染症は、大人でもかかることがあるって知ってますか?子供さんがいなければ、この溶連菌感染症という病気自体、あまり聞いたことがない人もいるかもしれませんね。

どの年齢でも発症しますが、だいたいは、子供が多くかかる病気だと考えらています。
それは実際、間違いではないのですが…。
学校などの集団生活の場での感染が多いんですね。

しかし、大人でも感染する場合もあるので、要注意です。原因となる感染経路は家族を通じてというものの割合が高いです。
感染したとしても大人の場合、発症せずに自然治癒することも少なくないのですが、一旦発症してしまうと、高熱や発疹などをはじめとした様々な症状が出ることもあります。

詳しい原因と潜伏期間、症状出現に至るまでの経過や治療、どんなことに注意しなければならないのかをご説明します。

スポンサーリンク

 

溶連菌感染症~大人がかかる原因と感染経路

くしゃみ

溶連菌感染症の流行時期は、主に冬と春から夏にかけてです。
子供からうつるという前提においては、大人もこの時期にかかりやすいと考えて良いでしょう。

潜伏期間は約2日から5日程度で、それから発症して治療~投薬内服後から24時間くらいで感染力が低下するとのことです。

溶連菌感染症に大人がかかるのは、子供が学校や保育園などで感染してそれを親がうつされるとう感染経路をとります。

子どもたちは、集団生活の中で、くしゃみや唾などの飛沫感染や、経口感染で菌に接触、体の中に取り込んでしまうのです。
そうして潜伏期間を経て、発症~家族と食器やタオルなどの使い回しで、感染してしまうというのが原因なんですね。

しかしながら、大人では通常、免疫力が子供より強いため、感染した場合でも、発症せず自然治癒することもあります。
ただ、何でもそうですが、抵抗力が落ちている時期…、疲労がたまっているとか、風邪をひいているとかの時には、気をつけなけばなりません。

特に、妊娠中は要注意です、家族の感染がある場合には徹底的に予防して、感染を未然に防ぐように心がけましょう。

大人が溶連菌感染症を発症したときの症状は?

喉が痛い女性
子供が溶連菌感染症を発症した時には、38度~39度くらいの発熱や喉の痛み、嘔吐…、その後に発疹、舌に苺のようなブツブツ(イチゴ舌)と段階的に症状があらわれます。

大人の場合には、こうした子供には特徴的な症状というものがあらわれないこともあり、単なる風邪と勘違いしてしまう程度のものが多いです。

具体的に大人の症状を具体的あげると頭痛、微熱、喉の痛み…などです。
まさに風邪の時と同じですよね。

しかし、大人は、自然治癒することもあるとはいえ、時には重症化することもありますので、安易に考えるのは危険です。
周囲に溶連菌感染症に罹患している者がいないかもしっかりチェックしましょう。

放置や治療を途中でやめてしまっては、症状を長引かせるのはもちろん、心臓弁膜に障害を起こす可能性のあるリウマチ熱、急性糸球体腎炎などの合併症を起こす恐れもあります。

スポンサーリンク

 

溶連菌感染症の治療と経過

内服薬
溶連菌感染症の疑いがあったら、早急に受診しましょう。

診断のための検査は、綿棒で喉をぬぐって溶連菌の有無を確認します。
検査前に、抗生物質を内服していると正確に診断できなくなるので注意してください。

早めに治療を開始すれば、症状が軽く軽くすみ、合併症の予防にもつながります。
確定診断され、処方された内服薬(主に抗生物質)を飲み始めると、数日以内には、熱も下がって楽になってくる場合がほとんどです。
痛みもとれてくるでしょう。

しかし、ここが大事なところです、症状が緩和されたからといって、自己判断で薬を中断してしまうと、治りきらずに再発する可能性が高いのです。

溶連菌を完全に消滅させるには、薬の内服を10日~2週間程度、継続しなければなりません。
とにかく、医師の指示通りに飲み続ける必要があります。

溶連菌感染症~家族誰かが発症したら

手洗い
まずは子供が溶連菌感染症にかかった場合、自分も感染する可能性があることを自覚し、疑わしい症状がでたらすぐに受診しましょう。

家族に発症した者がいれば、食器、タオルは別々にして、できれば家の中でもマスク装着、手洗いの徹底などを行うのが理想です。

くれぐれも治療の中断はしないようにしてください。しっかり内服薬を飲み切らないと、すぐに再発するようなことが起こりやすいです。
それを何度も繰り返すと、その抗生物質に耐性ができて効かなくなってしまいます。
治るもの治らなくなったら、それこそ大変です。

抵抗力強い女性

往々にして、免疫力が下がっているときに発症しやすいです。
他の疾患でも同様ですが、体が弱っているといろいろと不調な状態になりやすいですよね。

子供が溶連菌感染症にかかったとしても、親はたとえ感染しても発病しないほどの抵抗力をもっていたいものです。
世話をする人が共倒れになってしまったら、困りますよね。

そのためには、疲れを溜めず、休養や栄養をしっかりとる…結局は、規則正しい生活をしましょうってことになるんですがね^^;

スポンサーリンク