あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

卒業式で母親の黒ストッキングはダメ?服装やスーツのマナーとは

      2017/02/24

スーツ

出典 http://ameblo.jp/naowr/entry-11177646440.html

新年が明けると、小学校、中学校を卒業する子供をもつ母親としては、卒業式に自分が着ていく服装に悩む時期ですよね。
服装はスーツでいいのか、ストッキングは黒じゃダメなのか?
どんな色が良いのか、デザインは?
…何がマナー違反なのか、よくわからなかったりします。

でも、恐れることはありません、基本を抑えておけば大丈夫です。
しれっと、この儀式を乗り切りましょう。
こうすれば、冷ややかな目で見られないっていう装いをご提案します。

スポンサーリンク

 

卒業式に母親が履くストッキングの色とマナー

ストッキング

年が明けると子供が今年、卒業生だったら、ママ自身も出席しなければならない卒業式の服装を考え始めることでしょう。

「私、足が太いから黒いストッキングが履きたい」っていうママも、もしかしているかもしれませんね。
でも、ちょっと待ってください…これはやめておいた方が良いんです。

ヒンシュクを買うまではいかないでしょうが、卒業式でのストッキングの色なんかは、多少マナーがあります。

ママの服装はだいたいスーツが多いでしょう。
必ずストッキングを履きますよね。

子供の卒業式で母親が履くべきストッキングとしては、ナチュラルな肌色が基本となります。

黒っぽいスーツで卒業式に参加した場合、黒のストッキングを合わせたくなるかもしれませんが、それでも、黒はNGっていうことも覚えておきましょう。

ナチュラルな肌色、しかも肌の色にちかい色がベストです。

最近、よくみかけるラメ入りやワンポイントのストッキングも避けるべきです。
さほど、派手でもないし、卒業式もいけるのでは…と思いがちのタイプもありますが、そうではありません。
卒業式は、晴れの行事ではありますが、これらは派手を象徴したものです。
たとえ目立たないラメであっても、厳粛な場にはそぐわないのです。

寒いからタイツでも良い?

パンツスーツ

卒業式の月は、だいたい3月ですよね。
まだ寒い時期ということもあってタイツを履きたいんだけど…という場合もありそうです。

でも…あくまでも基本はストッキングなんですね^^;

でも、日本は、縦に長い国です。
地域によっては、雪が降っていたりすることも大いにあります。
時と場合によりけりで、タイツもアリだと個人的には思います。

だったら、寒くてタイツを…と言うのであれば、思い切ってパンツスーツにすることをおすすめします。

パンツでも失礼にはなりませんよ。
ストッキングだ、タイツだ…と悩むより、パンツの下にもレギンスを履くなどして、しっかり防寒できますしね。

スポンサーリンク

 

卒業式の母親の服装~スーツはどんなタイプが良い?

卒業式は、一般的に「卒業証書授与」という格式張った儀式が行われる式典です。
入学式よりも、そういった面で厳粛なんですね。

参列する母親の服装もその点に留意したものであることが大切です。
華やかであっても、厳粛なもの…これが選ぶときのポイントです。

…なので、卒業式での母親の服装は準礼装もしくは略礼装が適当です。

上着を必要とするスーツが定番でありジャケットは必須となります。
割りとカッチリ目のスタイルと考えておけば、大方間違いではないでしょう。

色も、黒や濃紺、チャコールグレーあたりの落ち着いたシックかつダークなものであれば、失敗することはないです。

卒業式は昼間のフォーマル的な要素が強いので、原則的には、ロング丈のスカートは着用しません。あまりにもミニ丈のものも控えるのは当然のことですね。
膝丈前後の長さのものが基本です。

カッチリスーツ

卒業式に参列する際には多少のマナーがあったりもしますが、実際のところ、マナー違反の母親達の服装もかなり多く、それも時代の流れと認めざるを得ません。
とはいえ、卒業式は母親にとっても感慨深い一日であるはずですし、素直に子供の成長の喜びを実感でる大切な機会です。

自分は基本にのっとって、きちんとした服装で…と考えるのでしたら、ストッキングやスーツなどの服装選びに頭を悩ますかもしれませんが、そこはうまく乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク