あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

昼食後に眠くなるのは異常なのかも…眠気の原因と対策

   

眠気
午前中は、なんともなかったのに昼休みに昼食を摂ってしばらくすると、異常な眠気がさしてくる…こんなことってないですか?

ご飯も食べて、エネルギーを補給したから、午後からの仕事も頑張らねば、と思った矢先にこんなことでは困ってしまいますよね。

こんなに眠くなるのは、何かの病気か?と疑ってみたくもなりますし、できれば、なんとかしたいものでしょう。

実は、この昼食後に眠気に襲われるのは、理由があるんですよ。
生活にも支障をきたしかねない眠気の原因と対策をご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

食後に眠くなる原因と朝食後よりも昼食後に眠たくなる理由

サイクル動物はたいてい寝ている時間と、起きている時間があります。
その中で人間は通常、昼間は起きて活動し、夜に眠る単相性睡眠動物の括りになります。

そのサイクルをとる人間であっても、活動期である昼間に一時的に覚醒の出力が低下することもあるそうです。それが丁度、昼食後の時間に重なるということなんですね。

しかし、それだけではなく、食事したことによる影響も関係しています。

というのは、食事をすると血糖値が上がります。血糖値が上がると覚醒力が低下し、これが原因の一つでもあります。

だから昼食後は、特にダブルで影響を被っているわけです。

血糖値が上がると眠たくなる理由としては、オレキシンという物質も関与しています。このオレキシンというのは、神経伝達物質の一種で、覚醒と深く関わりをもっています。オレキシンが欠乏すると適切な覚醒状態を保てず、眠気が増すのです。

他にも、満腹になったという満足感が眠くなる要因の一つと考えられるようですよ。

スポンサーリンク

 

昼食後の眠気対策~どうするのが効果的?

コーヒー
昼食後の眠気の原因は、理解できたかも…しれない。でもそれだけじゃどうにもならんでしょ、と思っている人もたくさんいるでしょう。

この眠気をどうにかしたいってのが本当のところですよね…対策はいくつかあります。

 

★昼寝★

眠気対策として効果的なものは、可能であれば昼食後、短めの昼寝をすることです。
最近は、午後から短時間の昼寝を許可している会社もあるようです。むしろ推奨しているとかですね。
短時間の昼寝をしたあと、作業効率も上がるという理由からです。

この場合、1時間も2時間も寝ていいというわけではなく、せいぜい20分、長くても30分以内でなければなりません。

それは睡眠の深さと、起きたときの覚醒状況は睡眠時と関わっているからです。
むしろ、昼寝に関していえば、短時間こそ効果的であり、効率的なのです。

とはいえ、皆が皆、このような恵まれた会社に勤めているわけではないですよね。
そんな時には、食事をしたあと、机に伏せて15分でも眠るようにすると良いです、そして眠る状態も重要です。
そのまま深い眠りに入ってしまうのを避けるために、なるべく不自由な体勢をとって眠るようにしてください。

昼休みの時間を有効に使うには、外食せず、お弁当持参か、コンビニ調達か…、少しでも昼寝タイムを確保するよう心がけましょう。

午後からの異常な眠気を回避するためには、多少の努力は必要です。

 

★カフェイン★

馴染みのある眠気対策ですよね。コーヒー、お茶、紅茶などに含まれているカフェインで眠くなるのを防止するというものです。

知っている人も多いですが、カフェインには覚醒作用があります。
もちろん、カフェインを摂取するときには、無糖が基本です。
あくまでも飲み過ぎには注意、一時的な覚醒作用だけと考えましょう。

因みに、昼寝が可能であれば、昼寝前にカフェインを摂っておくと、目覚めのときに、よりすっきりするのでおすすめです。

 

★ストレッチ★

カフェインと同様、一時しのぎにしかならないかもしれませんが、眠気を感じたら、軽いストレッチを行うのもいいでしょう。体を動かしているときには、眠気が覚めますよね。

ただし…動きをやめるとまた眠くなる可能性はあります^^;

眠気の原因~脳への血流やセロトニンが原因というのは眉唾?

睡眠
食後の眠気の原因として、食べ物を消化するために血液が胃や内蔵に集中して、脳に行く血液が不足するから脳の活動が落ちて眠くなるんだ…ということを聞いたことはありませんか?

しかしながら、これは生物学的にありえないことらしいですよ。
脳の血流は、最優先されるものであり、それによって血流が低下することは考えられません。

もう一つ、食後にセロトニンが増えて、その精神安定作用によって眠気をもたらす…という考えもあります。
…が、これに関しても、食事をしたからといってセロトニンの量が急激に増えて影響することは考えづらいそうです。

食後の血糖値の変動や、オレキシンの関与などは、眠気の原因とはなりますが、度合いとしてはそれほど大きなものではないだろうと言っている専門家もいます。

そもそも、昼食後の眠気は、慢性的な睡眠不足が大きく関わっていそうです。
これを解消しなければ、根本的な解決は望めません。

日本人の睡眠時間の短さは、世界的にみてもトップクラスです!
…自慢できることではありませんが^^;

寝不足が重なっていくと、覚醒する毎に睡眠負債が溜まっていくことになります。
適切な睡眠時間はそれほど大切なんですね。

昼食後の眠気を改善するために、普段から睡眠を十分にとること、これが最大の対策かもしれません^^;

スポンサーリンク