あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

新年度の挨拶文~使い回しOKなメール例

   

メール

ビジネスマンにとって新年度の挨拶って大切なことですよね。
会社によっては、そのような習慣がない所もあるのでしょうが、必要に迫られている人にとっては、面倒くさい思いがあるのではないでしょうか。
しかし、しておかないといけないもの…頭を悩ませる人も多いでしょう。

しかも新年度という区切りの時期です。
初め良ければ、全て良しっていう簡単なものではありませんが、心証良く立ち回りたいものですよね。

そこで好い印象を持ってもらえるような新年度の挨拶メールを、文例を交えながらご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

新年度の挨拶って必要なもの?

メール

新年にも挨拶は交わしているかもしれませんが、新年度は世間一般的なめでたい新しい年を迎えた…ではなく、会社組織としての新しい区切りとなるので、意味合いが違うんですよね。

とはいっても、近年では改まって新年度っていう括りの挨拶ってそんなには、しないことが多いのでは?
役所絡みならまだしも、民間企業の場合は特にです。

この時期、新任なら確認をとって挨拶に行くことも少なくないでしょうが、異動などもあったりするので、どこも慌ただしくしていることが多いでしょう。

それが理由なのか、時代的にメールでの挨拶でも通例になっている雰囲気があります。メールが失礼にあたると考える人も少なくなっているんでしょうね。

新年度の挨拶文はビジネスライクで簡単に

新年度の挨拶のメールを送るなら余り長文の必要はなく、いい意味でビジネスライクでいきましょう。相手も、わきまえているはずです。

相手との関係性を再認識するような、以前関わりのあった案件や内容をさりげなく盛り込んで、引き続きご愛好をお願いする旨を伝える流れが良いでしょう。
受け取った側にも、その気持ちが伝わりますよ。

できれば、新年度における業務予定も記載しておくと好印象ですね。

スポンサーリンク

 

【新年度メール挨拶文~文例】

○○株式会社
営業部 ○○様

陽春の候、貴社におかれましてはますますのご清祥のこととお慶び申し上げます。
○○会社・営業部○○でございます。

昨年度は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
今年度も引き続き、○○の件ではお世話になるかと思いますが、更なる努力を致しまして、精一杯の対応をさせていただきます。
一層のご指導、ご鞭撻をお願い致します。

また、お目にかかれますのを楽しみにしております。

※新年の挨拶よりも格式張った感は低いです。
また、季節感を多少入れた方が自然でしょう。

お辞儀する男性

新年度の挨拶メールを受け取る側も忙しいですし、なにも挨拶メールは望んでいないかもしれません。
だからといって、丁寧なメールを貰って迷惑だってことはないでしょう。

メールでは、お客様や取引先の付き合いのある相手に対して新年度における抱負、以後の付き合いのお願いなどを伝えます。新年度の挨拶を一言伝えるという行為自体に意義があるので、それで十分なんですね。
新年度における改まった気持ちを表現するメールというものを心がけてください。

スポンサーリンク