あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

砂沼サンビーチ2017料金割引券や前売り券は?混雑状況は?

      2017/07/02

砂沼サンビーチ

出典 http://www.sanumasunbeach.com/poolguide/

茨城県下妻市にある砂沼サンビーチは、滝すべりやウォータースライダーなどの10種類のプールが楽しめます。
一周約200mもある流れるプール、水の上でのターザンごっこや、人気のスリル満点のスライダーは、遊び心を十分満足させてくれます。

砂沼サンビーチは、遊戯的なものばかりでなく、25mの本格的プールも備えている活用度が広い、茨城県最大のプール施設です。

2017年、今年の営業期間をはじめ、アクセス(行き方)や駐車場情報などをお知らせします。
また、入場料金の詳細、割引券やクーポン、前売り券の有無、購入方法などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

 

砂沼サンビーチの期間・アクセス・駐車場は?

駐車場
<営業期間>

2017年(平成29年)7月15日(土)~7月17日(月)/7月22日(土)~9月3日(日)
※7月16日(火)~7月21日(金)は休園
※ウォータースライダー(専用浮き輪で滑るAレーン)は都合により中止
※営業期間中は無休~悪天候時や気温、水温が低い場合には休園の場合あり

<営業時間>
・月~金:9時~17時
・土日祝:8時30分~17時
・8月12日(土)~16日(水):8時30分~17時
※最終入場16時

<住所>
茨城県下妻市長塚乙4-1

<アクセス:最寄り駅>
【電車】
・つくばエクスプレス守谷駅→常総線下妻駅(約40分)
・JR取手駅→常総線下妻駅(約1時間)
・JR土浦駅→関鉄パープルバス下妻駅行き(約1時間)
・常総線下妻駅→タクシー利用(10分)

※最寄り駅は、下妻駅となり砂沼サンビーチに向かうには車でおよそ10分程かかります。
※下妻駅⇔サンビーチ間の直通バスが運行予定
関東鉄道のホームページで更新を適時チェックしてください。

【車】
・常磐自動車道谷和原IC→国道294号を下妻方面へ(約40分)
・常磐自動車道土浦北IC→国道125号を下妻方面へ(約40分)
・国道50号 結城→県道15号(結城下妻線)を下妻方面へ(約25分)
・北関東自動車道桜川筑西IC→国道50号を筑西方面から国道294号を下妻方面へ(約40分)

<駐車場>
・普通車:500円
・バイク:100円
・マイクロバス:700円
・大型バス:1200円
※障害者手帳提示で割引対象

<お問い合わせ先>
0296-43-6661

 

入場料金の割引券やクーポンはある?前売り券は何処で扱ってる?

割引券
<入場料金>

・大人:1,100円
・小中学生:500円
・幼児(3歳以上):300円
25名以上の団体割引で大人→880円、小中学生→400円、幼児→240円となります。
また、障害者手帳提示で割引対象(要問い合わせ)

団体の人数を満たしていなくても、割引券があったら良いですよね。
砂沼サンビーチのプールの割引券のチケットはコンビニで購入できます。

 

特別前売り入場券2017

全国の主なコンビニエンスストア(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルKサンクス、ミニストップ)にて、通常の入場料金よりお得な特別前売入場券が購入できます!
期間:2017年6月1日(木)~6月30日(金)

<特別前売り入場券(割引券)の料金>
大人800円(通常1,100円)/小中学生350円(通常500円)

(※電子チケットでの販売もあり、パスミーよりご確認ください)
(※営業期間中に利用回数制限のない「シーズンパスポート」や午後2時から入場できる「2時から券」もあり)

 

セブンチケットとJTBでの割引券の取り扱いをご紹介します。

【セブンチケット】
申込受付期間:2017年6月1日(木)10時~2017/09/03(日)12時
有効期間:2017/07/15(土)~2016/09/03(水)
前売り入場券
※申し込み受け付け期間は~9月3日までとなっていますが、7月以降は、料金設定が変わる見込み(例年、割引率が下がります)のため、注意!

【JTB】
販売期間:2017年6月1日(木)~6月30日(金)
コンビニ端末での購入となります。詳細はコチラ→★砂沼サンビーチ特別前売入場券2017★

販売期間:2017年7月1日(土)~9月3日(日)
※コンビニ端末での購入~詳細はコチラ→砂沼サンビーチ特別前売り券

スマホユーザーの方は、JTB電子チケット(スマートフォン専用サービス)のページへ。詳細はコチラ→砂沼サンビーチ 特別前売入場券2017

 

テントとか持ち込みできる?

テントの持ち込みは場合によっては可能です。
その際は、サンシェードタイプの小型の場合に限ります。
飲食物の持ち込みもできますが、食堂と売店があるので食事をする場合には利用してもよいでしょう。

反対に、持ち込み禁止のものとしては、酒類や危険物、スイカなどです。
また、水泳帽の着用は、義務付けられていません。
カメラ・ビデオでの撮影は許可制なので、注意しましょう。

※砂沼サンビーチのロッカーの仕様は、都度料金(100円)が必要となるタイプなので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

 

砂沼サンビーチの混雑状況

混雑
レジャー施設の混雑具合は、土日、祝日、連休、お盆時期は当然のこと。
夏休み時期と重なる7月~8月にかけては、ピークと言ってもいいほどですよね。

 

混雑状況などを口コミからの情報などをもとにお伝えします。

駐車場は、土日、お盆は満車になります。
特に、一番混雑するお盆には、早い時間に満車になっていることが多いです。

出遅れた場合は、周辺の民間駐車場を利用することになりますが…これも、うかうかしていると駐車できないこともあるので、気をつけてください。

駐車場は、開園の2時間前に開場します。平日、休日にもよりますが、土日祝、お盆時期だと6時30分に開場です。
開園前まで待ち時間がありますが、車で向かう予定なら早めに到着するようにしましょう。

砂沼サンビーチに入場してからも、人の混雑は酷い状況です。どこを見渡しても人で、プールは芋洗い。
スライダーの種類によっては待ち時間は、それぞれですが、どれにしても並ぶ必要はありそうです。

お盆以外の土日も混雑はしますが、まだマシです。
平日は、割りと余裕がありそうです。

車で行く場合は、行きも帰りも渋滞に巻き込まれる可能性があります。
砂沼サンビーチのホームページでは、迂回路を提示していますので、参考にしてください。

 

スライダー

広大な砂沼広域公園内の西岸にあるジャンボプールが砂沼サンビーチです。
茨城県屈指のアミューズメントパークとしても知られています。
いろんなタイプのプールは、あらゆる水のレジャーが楽しめ、夏のリゾート気分を盛り上げます。

屋外プールである砂沼サンビーチでは、通常規制が厳しいサンシェード(小型テント)の使用も許可されているので日差しを避けられるのが嬉しいところ。

お盆時期は、混雑が酷いとう口コミが多かった割りに、それでも「楽しめた」という感想がほとんどですよ。
家族でお出かけというと夏休み中が多くなりますが、なるべくなら、特に混雑する時期をちょっとずらして計画するのが良いかもしれません。

スポンサーリンク