あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

クリスマスのローストチキン~人気の簡単レシピはコレ!

   

ローストチキン
ローストチキンは、クリスマスに挑戦したい手作りメニューの一つですよね。家族で、仲間でクリスマスパーティーって時に外せないご馳走です。
豪華で見栄えのするローストチキンは、作るのも大変そうですが、そんなことはありません。
また、丸鶏で豪華に作るのも良いですが、手軽なもも肉もアリです。

オーブン、フライパンなどでも作れる人気の簡単ローストチキンレシピをご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

簡単でも本格的?鶏もも肉のローストチキン

ローストチキン

出典 http://cookpad.com/recipe/3454469

参考ページ:http://cookpad.com/recipe/3454469

<材料>
・鶏もも肉            3枚までOK(骨付きは2本まで)
●醤油              100ml
●赤ワイン(酒でも可)      50ml
●ハチミツ(砂糖でも可)     大さじ3
●みりん             大さじ2
●マヨネーズ           小さじ1
●にんにく(チューブ)      小さじ1
●ローリエの葉          1枚

<作り方レシピ>
1:ジッパー付き袋(ジップロックなど)に●鶏もも肉を一緒に入れて、よく揉み込み、1時間以上漬けておく。
2:漬け込んだもも肉を皮目を上にして、190度のオーブンで25~30分程焼いて出来上がり。

※オーブンで焼いている時に、焦げそうならアルミホイルをかけたり、時間の調節を。
※フライパンでも出来ます!フライパンに焦げ付きやすいのでクッキングペーパーを敷いた上にもも肉を乗せて焼いてください。
※つけダレは煮詰めてソースにしても美味しいです。

 

いつもの食卓にも♪鶏の手羽元のローストチキン

ローストチキン

出典 http://cookpad.com/recipe/1365124

参考ページ:http://cookpad.com/recipe/1365124

<材料>約4人分
・鶏の手羽元肉          10本
・塩こしょう           少々
●醤油              大さじ3
●酒               大さじ1と1/2
●ハチミツ            大さじ3

<作り方レシピ>
1:鶏の手羽元肉に塩こしょうを振っておき、●の調味料もあわせておく。
2:ジッパー付きの袋に1を入れ、更に合わせおいた●の調味料を入れる。
3:袋の空気を抜きながら、ジッパーをしっかり閉めて、袋の上から肉に調味料が馴染むように揉み込み30分以上おく。
4:オーブン天板にアルミホイルを敷き、四方の端を立てて土手を作り、3の鶏肉を皮が上になるように乗せる。
5:漬けだれを4の上からかけ、230度のオーブンで約35分程度焼く。
6:焼いている途中、2~3回オーブンから出してハケでタレを塗り、焼きあがったら完成。

※焼いている途中、漬けだれを肉に何度か塗ることによって、テリとツヤが出て仕上がりが良くなります。
※アルミホイルで土手を作って、肉の部分に留まらせておきます。または、大きめのクッキングシートでもOKです。
※お弁当のおかずにもどうぞ。

スポンサーリンク

 

フライパンで簡単ローストチキン~生焼けなし!

ローストチキン

出典 http://cookpad.com/recipe/675848

参考ページ:http://cookpad.com/recipe/675848

<材料>2人分
・骨付き鶏もも肉         2本
●砂糖              大さじ2.5~3
●みりん             50ml
●醤油              50ml
・油(お好きな油で可)      適量

<作り方レシピ>
1:ボールにタレ用の調味料●をあらかじめ混ぜてタレを作っておき、鶏肉は焼く30分前くらいに冷蔵庫から出しておく。
2:フライパンor厚手の鍋に油を適量しいて、白い煙が出る寸前くらいまで加熱する(中~強火)※油は少量でOK。
3:鶏もも肉を皮の方を下にして、フライパン(又は鍋)に並べ、強火のやや弱程度にする。
4:3に蓋をし、7~10分程度、蒸し焼きにする。※鶏肉の大きさ、火加減により若干変動あり
5:鶏肉の皮に少し焼き色がついたら、肉をひっくり返し、また蓋をして3~5分蒸し焼きにする。※火加減は、3のときより弱火にする。
6:5の時間が経過したら、●のタレをさっと混ぜ、フライパンの蓋を開けて一気に加える。※火かげんは弱めの中火
7:鶏肉を時々ひっくり返し、肉の両面に味を染み込ませながらタレを煮詰めて出来上がり。

※6で調味料をいれる前に、焼いているうちに脂が溜まってしまった場合には、ペーパーで吸い取ってもOKです。
※7の工程では、煮詰めるほどにタレが濃くなり、美味しくなりますが焦げやすいので注意してください。
※最後にタレと鶏もも肉を一緒に煮込むことにより生焼けの心配なしです。

 

クリスマスパーティーに最適~豪華な丸鶏ローストチキン

ローストチキン

出典 http://cookpad.com/recipe/479285

参考ページ:http://cookpad.com/recipe/479285

<材料>鶏1羽(1kg)
・鶏               1羽(1kg程度の小ぶりのもの)
・塩               肉重量の1%(10g)
・粗挽きコショウ(黒)      肉重量の0.4%(4g)
・スパイス            お好みで
(にんにく、タイム、ローズマリー、パセリ、セージ、オレガノなど)
・セロリ             1~2本
・小麦粉             適量
・オイル             適量

<作り方レシピ>
1:丸鶏は綺麗に内側、外側を洗って水気を拭き取る 
2:ボールに、塩、コショウ、好みのスパイスを入れて混ぜ、1の丸鶏の表、中ともにシッカリ擦り込む。
3:鶏肉の首の処理をする~首を曲げて穴を塞ぐようにして、首の上下にある皮を引っ張り首を隠すように重ねて楊枝で止める。
4:丸鶏のお尻を閉じ、その後、穴の左右の皮を引っ張って重ね、楊枝で留める。
5:鶏の手を身体に沿わせて楊枝で固定する。
6:オーブンの天板orトレーにアルミホイルを敷き、切ったセロリを並べ、その上に処理した丸鶏を乗せ、表面にオイルを塗り小麦粉を振りかけたあと、アルミホイルをすっぽりと覆いかぶせる。
7:200度に予熱したオーブンで6をを1時間焼いてから240度に上げ、アルミホイルを外して更に30分焼く。
8:焼きあがったら、楊枝を外し、足にリボンをかけるなど飾りつけ、周りにお好みの野菜を添えて出来上がり。

※4の工程のとき、中に詰め物をしてもOK。茹でたジャガイモなどを入れるとボリュームが出ますよ。

 

ローストチキン
シンプルだけど味わい深い、少し濃い目の味付け…などなどお好みによってアレンジを利かせるのも良いでしょう。
ご紹介したものは、どれも人気のローストチキンレシピです。お好みの部位の鶏のを使って、ぜひ作ってみてくださいね。

丸鶏のような大きめのものでも、処理をしたあとは、味付けしてあとはオーブンまかせなので、意外に簡単にできます。お手軽で使いやすい鶏もも肉、手羽元などはクリスマスのような特別な日だけでなく、普段の食卓にもぜひ登場させてください。

スポンサーリンク