あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

大人のおたふく風邪は重症化しやすい~感染を防止するためには?

   

おたふく風邪
おたふく風邪とは、流行性耳下腺炎のことを言います。
この慣れ親しんだ呼び名の「おたふく風邪」は、まさにこの病気を発症したときの様子そのままが、ゆえんなんですね。
丸顔のおたふくの様な面になるからなんです。

さて、このおたふく風邪は、もっぱら子供が罹ることが多い病気と思われがちです。
それは実際そうではあるのですが、大人が発病することもあるんですよ。

大人がかかると、子供の場合よりも重症化しやすいとも言われます、しかも特に男性は重篤な後遺症が残ってしまうことも。

そこで大人のおたふく風邪の症状と対策、治療に関してお伝えします、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

大人のおたふく風邪の初期症状は?

熱のある人
おたふく風邪を発症すると、風邪症状のような咳、鼻水から始まって発熱し、次第に、特有的な首の痛みが出て耳下腺が腫れてきます。耳の付け根から顎の辺までに渡って丸く膨らむのです。

その後、倦怠感、頭痛、腹痛などの症状を起こすこともあります。
こうなってくると、おたふく風邪なんじゃないかと予測もできるのですが、感染力が強いのは2~3週間とされる発症前の潜伏期間です。

…ということは、子供が感染しているのを知らずに、発症前に親が感染してしまうという可能性も大なんですね。または、子供を看病していて感染したとか、普通に起こり得ることです。

大人がおたふく風邪に感染したときの症状も子供と同様です。
通常、子供の発熱は、37~38度程度ですが、大人が発病すると40度以上の高熱が出ることがあります。

この高熱がくせ者なんですね、合併症が起こりやすくなります。

特に、これから結婚を控えた男性には致命的となる障害が残る可能性があるので注意が必要です。

大人のおたふく風邪の怖い合併症

おたふく
おたふく風邪の合併症は次のようなものがあります。

●無菌性髄膜炎
髄膜炎は、おたふく風邪に罹患した人の10%程度が発症すると言われています。激しい頭痛がある場合には、要注意です。
子供だと、ほとんどの場合、2周間程度で回復し障害も残さないのですが、大人だと死亡率自体が高くなるなど重症化しやすいです。

●脳炎
おたふく風邪を発症した人の約0.2%に起こります。
割合的には、それほど高くないのですが、後遺症が残ることがあるので注意が必要です。
意識がおかしくなったり、痙攣発作を起こすようなことがあればすぐ受診を。

●膵臓炎
子供で時折起こすことがある程度での合併症で程度の差が大きく、腹痛や吐き気、下痢などの症状があります。
重症な場合の腹痛は激痛です。嘔吐や発熱を伴い、稀にショック症状を起こすこともあります。

●ムンプス難聴
おたふく風邪を発症した人で起こすのは稀ですが、ゼロではないです。見逃されがちというか、気がつかないこともあるので気をつけてください。
片側から話しかけてもらうなど、チェックしてみるのが良いのでしょうが、そこまで気にかけられないのが実情です。

スポンサーリンク

●卵巣炎:女性
成人女性の7%程度に起こると言われています。
おたふく風邪の症状に加えて、下腹部痛があるのが特徴ですが、その後の経過として不妊の原因になることは稀です。

●精巣炎(睾丸炎):男性
子供のおたふく風邪の合併症としては、ほとんどありませんが、これが問題となるのは成人の男性です。
成人(思春期以降)の男性がおたふく風邪に罹患した場合、10~30%程度の人がこの睾丸炎(耳下腺炎性睾丸炎)を起こします。決して少なくない割合ですよね。

多くは片側性で、不妊になるのは、両側の場合といっても注意するに越したことはないでしょう。片方の睾丸炎を起こして、通常その後は治っていきます。
症状が起こっている時には、睾丸が3倍から5倍くらいに腫れます。
こうなると、冷やしてその場を乗り切るしかないようです。

 

※妊娠初期の女性がおたふく風邪に感染した場合は、流産する確率が高まりますので、くれぐれもご注意ください。

おたふく風邪になったことのない大人は予防接種を!

予防接種
子供の頃に、おたふく風邪に罹らずに大人になってしまった、という人は早いうちに予防接種を受けることが得策かもしれません。

初めに言うと、予防接種をしても抗体ができる確率は90%程度です。
90%しか抗体ができないの?じゃあ、あとの10%は無駄だってことじゃん、とみるか、90%には抗体ができるんだ、じゃやってみても良いな、と思うかは人それぞれ。

その上、またガッカリさせるかもしれませんが、抗体ができたとしても、年々薄れていくものなので、おたふく風邪に罹るケースはあるんです。
確実に感染しないように予防接種を受けるのではなく、感染するリスクを下げること、これが重要なんですね。

実は…もうひとつ^^;
おたふく風邪のワクチンは、比較的副作用が起こりやすいんです。

おたふく風邪は、割と少なくない率の合併症に無菌性髄膜炎がありますが、ワクチンにしても同様なんですね。

とはいえ、自然におたふく風邪に罹った場合よりは遥かに(約1/100)可能性は低いです。現実的に考えて、おたふく風邪の時に髄膜炎症状を起こす確率の方が高いということです。
どちらが良いかとか比べるようなことではありませんが、自然感染した場合と、ワクチンを受けた場合のリスクを照らしあわせて自分なりの対応方法を選ぶと良いでしょう。

おたふく風邪という、なんとも可愛らしい名前の病気ですが、意外と怖いんですよね。

特に大人が罹った場合には、人生設計が狂ってしまうことにもなりかねません(多少オーバー)
たかがおたふく風邪と侮らず、しっかりと症状を把握し、早めに医療機関を受診しましょう。早期に治療を受けて重症化を防止することが肝心です。

対策として予防接種も有効なことをお忘れなく^^

スポンサーリンク