あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

秋田全国花火競技大会大曲の花火2017駐車場と桟敷席情報

      2017/04/19

大曲の花火

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34409.html

全国花火競技大会は通称「大曲の花火」として知られています。
毎年、秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園で開催される花火大会であり、日本三大花火大会のひとつです。

日本では唯一、昼花火の競技大会で、全国の花火師が技を競い合う権威ある大会です。
他にも、音と音楽の饗宴である大会提供花火も圧巻であり、見物客を魅了します。

2017年今年の全国花火競技大会「大曲の花火」の日程を始め、会場や駐車場、有料席である桟敷席の情報などをお知らせします。
また、穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

全国花火競技大会「大曲の花火」の日程・会場場所・駐車場は?

大曲の花火

出典 http://www.onitoge.org/ryokou/2003kamatsuta/12ohmagari2.htm

<日程>
2017年(平成29年)8月26日(土)
※雨天決行、好天時は延期(要問い合わせ)

<時間>
●昼花火:17時30分~18時15分
●夜花火:18時50分~21時30分

<打ち上げ数>
約1万8,000発

<会場場所>
秋田県大仙市雄物川右岸河川敷(大曲花火大橋下流、姫神橋間)

<アクセス:最寄り駅>
【電車】
・JR大曲駅:徒歩30分
※JR秋田新幹線、田沢湖線、奥羽本線で臨時電車運行(~24時前後)
【車】
・秋田空港より約50分
・秋田道大曲IC→国道105・13号経由3km:10分

<駐車場>
あり:19,000台~有料・無料(無料約5,000台・有料約3,000台)

※駐車場は、無料、有料、一般車両、大型バス、予約専用など細かく設定されています。

●駐車場についての問い合わせ先●
大仙市役所:0187-63-1111

<交通規制>
花火大会数日前より会場周駐車禁止
花火大会当日:市内で順次車両通行止めなどの交通規制あり

※詳細は全国花火競技大会「大曲の花火」ポータルサイトで確認を。
掲載してあるものは、時期によっては作年の情報のこともあります。
更新は7月上旬予定となります。

★(参考)大曲西道路利用時の注意についてのPDFはコチラ

★(参考)作年の花火大会交通規制図・駐車場情報のPDF
・交通規制図・駐車場情報・渋滞情報・迂回路マップ・大曲液発射時刻など
 

※駐車場満空情報・渋滞情報・JR時刻表などは「大曲花火アクセスnavi」でも確認できます。

●交通規制についての問い合わせ先●
大仙市 環境交通安全課:0187-63-1111 (内線231)
大仙市 観光交流課:0187-63-1111(内線249・250)

<有料席>
あり

<屋台>
あり
屋台は、花火大会会場である雄物川河川敷運動公園に集中しています。
時間が遅くなると、混雑も酷くなってくるので夕方前くらいに立ち寄るのがおすすめです。

<大曲花火大会についての問い合わせ先>
大曲商工会議所:0187-62-1262

 

大曲花火大会の有料席や桟敷席はある?

場所取りするのがたいへん…、面倒…って方は有料席の購入を検討してみてはどうでしょうか。
大曲の花火大会では、有料観覧席である桟敷席が用意されています。
桟敷席は、団体(旅行業者)向けと個人向け用に分けて販売されますが、それぞれ予約の受付期間が違いますので注意が必要です。

 

<個人向け有料観覧席(桟敷席)の購入ステップ>

有料観覧席購入ステップ

出典 http://www.oomagari-hanabi.com/ticket_02.html

<桟敷席料金>
A席(定員6名):23,000円
C席(定員5名):15,000円
イス席(定員1名):3,000円

<抽選方法は3タイプ>
桟敷席を購入するにあたり、受付してからの抽選になります。
・電話受付(ローソンチケット専用ダイヤル)
・インターネット受付(ローソンチケット専用ホームページ)
・直接販売(大曲商工会議所会館:秋田県大仙市大曲通町1番13号)※昨年と場所が変更になってます

…の3種類の受付方法があります。電話受付とインターネット受付は2017年6月9日10時~6月12日23時までの期間、直接販売は7月2日9時頃抽選後、販売です。

※詳細は、大曲商工会議所ホームページ(桟敷席チケット案内)を参照してください。

また、遠方の方とか、お手軽楽チンに全国花火競技大会「大曲の花火」を見に行きたいという場合には、有料観覧席の桟敷席や宿泊がセットになったツアー(バスツアー)などもあります。周辺の観光つきもあり、お好みでこういったものを選んでも良いでしょう。

例えばコチラでも取り扱いがあります。

スポンサーリンク

 

大曲花火大会の穴場スポットはある?

有料席の桟敷席のチケットが手に入らなかった…、会場へは、そんなに早く到着できないという場合の穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

<穴場1:大曲ファミリーキャンプ場>


打ち上げ場所からは、離れた位置になりますが、高台になる場所なので大仙市が一望できます。多少音楽は聞こえづらいですが、花火の音は問題なしです。

 

<穴場2:大曲中学校周辺>


大曲中学校周辺の農道からになります。
人通りも少なく、混雑もしない場所ですが、打ち上げ場所からは近いというおすすめの穴場です。
ただ、仕掛け花火が見えづらいという難点もあり、それが許容できる方向けです。

 

<穴場3:河川敷のキャンプエリア>


打ち上げ場所から上流の位置で、大曲花火大橋を越えた場所です。
コチラからは、かなり会場に近い状態で花火観賞できます。
車が停められるので、車中で花火が見える場所です。

予約エリアと先着エリアがあるので、予約エリアを事前に手に入れておきましょう。

 

<穴場4:姫神公園>


大平山登山口である公園で、少し高台にもなっており、大仙市を一望できます。
公共交通機関の便が良くないので、車で向かうのがおすすめです。

 

大曲の花火

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34310.html

大曲花火大会では、内閣総理大臣賞を狙うべく、全国の花火師が参加し競うあうだけあって、花火の質も盛り上がりもピカイチです。
目の前には、花火だけが広がるという状況になる迫力は半端ないですよ。

今では、各地で打ち上げられているアニメキャラの花火の発祥は、この大曲の花火大会だとのことですから、伝統のある花火大会であり、最先端でもあるっていうことですよね。

1年かけてつくられた大会提供花火の斬新すぎるワイドスターマインも必見中の必見です。
それ故、地元だけでなく、全国各地から花火見物のために多くの人が訪れます。

ぜひ、夏の夜空を鮮やかに演出する全国花火競技大会「大曲の花火」にお越しください。

スポンサーリンク