あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

母の日ギフト~カーネーションや珍しい花の鉢植えを厳選!

      2017/04/26

鉢植え
母の日に贈る花は、花束か鉢植えか悩んでいる人も結構いるのではないですか?
昔は圧倒的に花束が多かったですが、最近では鉢植えを母の日に選ぶ人も少なくありません。
鉢植えは、花束よりも長く楽しめるのが利点ですよね。
花束より何もかも勝っているというわけではありませんが、長く飾って欲しいとか、ガーデニング系が好きなお母さんだったらぴったりです。

特に、年配の女性では、花束やアレンジ花より鉢植えを貰った方が嬉しいという人が多いようですよ。

そこで母の日に贈るお花の鉢植えをいくつかご紹介します、定番のカーネーションから、ちょっと珍しいものまで~ぜひ参考にしてください^^

 

母の日の花ギフト~おすすめ鉢植えいろいろ

【あじさいの鉢植え~咲き進むほどに色が変わる♪】

色鮮やかなピンクの八重咲きのあじさいの鉢植えです。咲き始めはガクアジサイ、そのあと手まり状になり、上手に育てばピンクから緑色に、秋にはチェリーレッドの色合いに変わります。母の日に贈ってから約半年間、いろいろな彩りが楽しめるんですね。思っていたあじさいのイメージが変わりますよ^^

 

【和風モダンな鉢植え~クレマチスビエネッタ】

人と違った比較的珍しい花の鉢植えを…と考えているのなら、おすすめ。色合いは割とシックで和風モダンな感じです。白と紫のコントラストが際立ち、見るほどに華やか。庭に植え替えて上手に育てると株が充実して、たくさんの花が楽しめます。

 

【珍しいデンドロの鉢植え~鮮やかな黄色が部屋を明るく♪】

まだ取り扱っているところが少ないという珍しい品種のデンドロビュームの鉢植え。母の日のギフトにする人は、あまりいないかも?鮮やかな黄色が眩しく、こんな鉢植えを飾ったお部屋は、ぱっと明るくなりそう。たくさんの蝶が舞っているかのような花の形は、とても華やかです。

 

【甘い香りのミニバラの鉢植え】

ミニといっても、小さいながらに整ったバラらしい形で目を楽しませてくれる鉢植えです。母の日の時期から秋にかけて何度も咲いてくれます。上品なローズピンクは女性であったら、誰もが好感をもちそう。 ミニバラは意外にも鉢植えでも育てやすく、丈夫なので、ちょっとずぼらなお母さん向きかも。

 

【花の女王オリエンタルリリーの鉢植え】

美人の象徴オリエンタルリリーの鉢植え、母の日に人気のギフトですよ。色付きのユリも可愛いのですが、気品を求めるならやはり白、豪華さが違います。さすが「花の女王」、大輪の花がゴージャスです。つぼみの状態で送られてくるので、満開になるまでの変化とユリならではの優雅な香りをを楽しめます。

 

【母の日定番のカーネーションの鉢植え】

母の日の定番中の定番、カーネーションの鉢植えです。 色は、強めのピンク色、エレガントピンクです。鉢いっぱいに花が咲き誇る様が感謝を伝えてくれそうですよね。

 

hahanohi_thankyou

母の日ギフトである花の鉢植えは、ここ何年かよく選ばれるようになってきました。特にベゴニヤやあじさい、ミニバラなんかの人気が高いです。

同じ花でも、品種が違ったり、色合いが違ったり、八重咲き、寄せ植え…様々ですよ。また、育てやすいものや、若干難しいものもあったりしますので、購入するときには注意しましょう。

とはいえ、鉢植えは、花束に比べてなんといっても長持ちするのが特徴です。
他にも、貰ったらそのまま飾れるし、花瓶などに移し替える必要もないのが利点です。

もちろん、良いところばかりではなく、ある程度、手をかけなければなりません。
しかし比較的長期間、目を楽しませてくれます^^

今年の母の日には、お母さんに鉢植えのお花を贈ってみてはどうでしょうか?