あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

秋田角館の桜まつり2017の日程、見ごろは?

      2017/04/25

角館の桜

秋田の角館は、桜のまちと言われます。
武家屋敷通りは歴史情緒あふれる城下町に、満開のしだれ桜が降りそそぐ様は、見事ですよ。さらには、桜のトンネルが川沿いを豪華に彩ります。

春の時期には角館の街中が桜色に染まり、1年でもっとも華やかになります。その見ごろの時期にあわせて「桜まつり」も開催され、お花見をするために全国からたくさんの人が訪れ、たいへんな賑わいです。

この秋田の角館での花見情報、見ごろや2017年の桜まつりに関してご紹介します。

スポンサーリンク

 

秋田角館~桜の見ごろはいつ?お花見するなら桜まつりの時期

角館の桜

出典 http://www.konkou.com/akita_2_1.html

角館の桜の見ごろは、例年4月下旬から5月上旬です。
それに合わせて桜まつりが毎年4月20日~5月5日まで開催されます。
(桜の開花状況によっては、変更になる可能性あり)

期間中は、全国から120万人以上の人が花見に訪れるんですね。
桜まつりだけでなく、市内でもいろいろなイベントを行っているので、更に楽しめます。

<角館の桜見どころポイント>

武家屋敷通り・岩橋家付近:
通りの雰囲気とのマッチングが見事なしだれ桜は、なんと樹齢300年以上とのことです。通りにあるしだれ桜の数は約400本、どの角度からも圧巻な景観が楽しめます。

横町橋~北の水門の上からの眺め:
山の残雪をバックに満開なソメイヨシノは冬と春との混在した雰囲気が良いです。

古城橋~緑と桜の配色が映える:
土手の散歩道の緑が鮮やかであり、桜のピンク色とのコントラストが美しいです。

伝承館前~夜桜:
満開のしだれ桜の夜桜を撮影するのには、絶好の撮影ポイント。

などなど…、これはほんの一部です、他にもたくさんの見どころがありますよ。

スポンサーリンク

 

桜を観賞しながら散策するのに、おすすめコースもあります。

【外町(田町)コース】
コース(40分):西宮家⇒太田家(外観のみ)⇒安藤家⇒西宮家⇒たてつ家

外町で唯一武士が暮らしていた田町のコースです。
武家屋敷の雰囲気が漂う西宮家から始まり、商人町の岩瀬町までを歩きます。
この地域は、国の天然記念物であるしだれ桜が17本あります。建物と樹木の融合が素晴らしく、魅力たっぷりですよ。

【寺町小道コース】
コース(30分):本明寺⇒常光院⇒報身寺⇒薬師堂⇒松本家

お寺さんが多い外町から内町「商人町」に向かうコースです。
徐々に雰囲気が変わっていき、その違いが楽しめます。
商人町には、国の天然記念物こそありませんが、匹敵するほどのしだれ桜は多いですよ。

小道は、その響きも感覚も興味を引く面白さがあります。
最後にたどり着く「松本家」の裏側から見える満開時のパノラマ状の桜は、見事な絶景です。

【美術館小道コース】
コース(30分):石黒家⇒平福記念美術館⇒平福記念美術館裏⇒川原町⇒歩行町⇒樺細工伝承館

武家屋敷でも一番古いとされ、国の天然記念物しだれ桜「50番木」や一番太い縦の巨木がある「石黒家」から始まり、平福記念美術館の中庭を通って裏の小道を散策するコースです。
平福記念美術館でも、18本もの天然記記念物のしだれ桜を有しており、まさに天然記念物しだれ桜めぐり?^^;の格調高く、高貴な気分を味わえます。

 

角館の桜まつり~イベント盛りだくさん♪

角館の桜ライトアップ

出典 http://www.rurubu.com/season/spring/sakura/detail.aspx?SozaiNo=050001

2017年、平成29年度の秋田の角館の桜まつりの日程は、4月20日から5月5日です。
2kmに渡ってソメイヨシノが咲き乱れる檜木内川堤では、薄ピンク色が見渡す限りどこまでも続きます。
武家屋敷では、樹齢300年以上を誇る古木や、国の天然記念物指定であるしだれ桜が見事なまでに目を楽しませてくれますよ。
オープニングの4月20日から様々なイベントが開催されます。

<夜桜を楽しもう>
武家屋敷ライトアップ~4月20日から5月5日:日没~22時30分
桧木内川堤ソメイヨシノの電飾~4月20日から5月5日:日没~24時

他にも、コンサートや、茶席、こまち娘・ハイカラさん・鎧姿体験、クイズラリーなど盛りだくさんです。お花見だけでなく子供から大人まで楽しめるものとなっています。
各イベントの日程は、角館観光Naviで確認できます。

角館の桜

桜の名所としてしられる角館は、武家地にしだれ桜が国に天然記念物に、桧内川堤の桜並木が国の名勝に指定されています。これらは、日本さくら名所100にも選ばれているくらいなんですね。
しだれ桜は、角館北家二代目佐竹義明の妻が嫁入り道具の一つとして持参したのが始まりで、それが樹齢300年の古木のしだれ桜などということです。
角館の桜の見ごろがゴールデンウィークとも重なっていることで人出が特に多く、全国各地からの花見客で賑わいます。機会があればぜひ訪れてみたい花見スポットの一つです。

スポンサーリンク