あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

旭川市神楽花火大会2017花火inKAGURA日程や時間は?

      2017/05/18

神楽花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0101e00712/

“音と光のファンタジー” 花火 in KAGURAは、北海道旭川市の夏の風物詩として開催される花火大会です。
約3,000発の多様な花火や音楽に合わせた幻想的な花火が打ち上げられ、夜空を彩ります。

花火大会だけではなく、会場では様々なイベントも盛り沢山です。

そこで、今年2017年の旭川市神楽花火大会(花火inKAGURA)の日程、開催場所、時間、アクセス、駐車場情報などなどをお知らせします。

また見どころもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

旭川市神楽花火大会~花火inKAGURAの日程・場所・時間は?

<日程>
2017年(平成29年)8月14日(月)
※少雨決行、荒天時未定

<会場場所>
北海道旭川市両神橋上流河川敷

<時間>
20時15分~21時

<打ち上げ数>
3,000発

<有料席>
なし

<アクセス>
【車】
道央自動車道旭川鷹栖ICから~大雪アリーナ、あさひかわ道の駅方面へ20分
【電車】
JR函館本線旭川駅からクリスタル橋を渡り神楽方面へ徒歩約20分(約2km)

<駐車場>
あり:無料~大雪アリーナ横・あさひかわ道の駅周辺

<交通規制>
なし

※神楽花火大会当日は、17時頃から会場周辺混雑あり。駐車台数も少ないため、できるだけ公共交通機関の利用推奨

<問い合わせ先>
花火 in KAGURA 実行委員会(あさひかわ商工会南支所内):0166-61-3661

※予定は変更となる可能性もあります、ご了承ください。

スポンサーリンク

 

旭川市神楽花火大会~花火inKAGURAの見どころは?

神楽花火大会

出典 http://www.gutabi.jp/spot/detail/1240

“音と光のファンタジー” 花火 in KAGURAは、旭川の夏の名物として人気があります。
花火の打ち上げ数は、3,000発、人出は約5万人程と、大規模とは言えませんが、むしろそこが良いんですね。

比較的、ゆったり、のんびりと花火観賞ができます。
しかも、花火自体が趣向を凝らしたもので、充実しています。
音楽と共にメッセージ花火や新作花火の数々が、息をつく暇もない程に次々と打ち上げられる感覚を持つほど、待たされ感がないのです。

音楽もロックやアップテンポのジャズなどジャンルも色々で、打ち上げ場所と会場も近いため、迫力もかなりのものですよ。

見上げると真上に大輪の花が咲くほどに美しいです。

神楽地区の花火大会「音と光のファンタジー花火inKAGURA」では、花火大会だけでなく、様々なイベントも催されます。

【イベント開催予定時間】
●12時~:昼のイベント開始
●17時~:夜のステージイベント開始
●20時15分~:花火打ち上げ

 

ヨーヨーすくい

出典 http://www.gutabi.jp/spot/detail/1240

露店(屋台)は、30店舗以上が出店しており、定番の焼き鳥、ホタテ、イカ焼きなどなど、お腹も満足すること請け合いです。まさに、プチ神楽マルシェといってもいいほどです。
子供に人気の遊び系の露店のヨーヨーすくいもあり、大人から子供まで楽しめます。

屋台やイベントで遊んだ後のお楽しみは、カウントダウンでスタートする花火でワクワク感を募らせます。

 

<花火打ち上げ場所>

 

川のまち旭川では、河畔は市民の憩いの場です。
旭川市神楽花火大会~花火inKAGURAでは、市内で石狩川に合流する美瑛川のほとりにある外国樹種見本林とせせらぎ広場が舞台となります。

この神楽花火大会は、故郷で夏を過ごす子供たちのために神楽地区の有志が始めたもので、今年2017年で29回目を迎えます。

現場の草刈りやステージ作り、打ち上げ作業などの準備も、全て地域の住民が行う手作りの花火大会なんですね。
大規模ではないにしても、道内外から訪れる人も年々増えている旭川の人気イベントに成長しました。

一日を通して、夏のお祭り気分を味わえる旭川市神楽花火大会~花火inKAGURAに、ぜひお出かけください。

スポンサーリンク