あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

いたみ花火大会2017日程や場所、屋台や穴場スポットは?

      2017/05/20

いたみ花火大会

出典 http://www.rurubu.com/photo/list.aspx?spotid=14289&type=3

伊丹花火大会では、夜空を彩る鮮やかな華、水面に咲く美しい睡蓮、宇宙空間を思わせる銀河の華など、新作花火やミュージック花火を織り交ぜ、数々の華たちが競い合います。

複数箇所から同時に連射されるグランドフィナーレは、まさに圧巻。
伊丹名物の「黄金しだれ柳の重ね咲き」も必見です。

2017年今年の伊丹花火大会の日程をはじめ、会場の場所、駐車場の有無、交通規制などの情報をお知らせします。
また、屋台の場所や、花火が綺麗に見える場所の穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

伊丹花火大会の日程・会場場所・時間は?

<開催日程>
2017年(平成29年)8月26日(土)
※荒天時は翌日に順延

<時間>
20時~21時

<打ち上げ数>
3,500発

<会場場所>
猪名川神津大橋南側河川敷(伊丹市口酒井字蔵ヶ淵地先)

<住所>
兵庫県伊丹市口酒井

<打ち上げ場所>

<有料席>
なし

<問い合わせ先>
いたみ花火大会実行委員会事務局(まちなかにぎわい課):072-784-8068 
当日の開催状況(自動音声案内):0180-99-3210(当日のみ)

 

※予定は変更になる場合もあります、ご了承ください。

 

伊丹花火大会へのアクセス・駐車場・交通規制は?

<アクセス>
【電車:最寄り駅】
・JR福知山線伊丹駅から徒歩10分
・阪急伊丹駅から徒歩20分

<駐車場>
なし
※公共交通機関の利用推奨

<交通規制>
あり:18時~22時
花火大会当日は、会場周辺で通行止め区間あり。

交通規制案内図

交通規制図

出典 http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/TOSHIKATSURYOKU/TOSID/KANKO_EVENT/hanabitaikai/1464742820770.html

赤の斜線:車両通行禁止
点線囲い部分:通行止め

 

いたみ花火大会の屋台(露店)の出店はある?

いたみ花火大会屋台

出典 http://justsize1234.cocolog-nifty.com/blog/

伊丹花火大会でも屋台(露店)の出店は、もちろんありますよ。
河川敷の右岸と左岸、両岸に屋台が立ち並びます。
右岸が約170、左岸が約30くらいで約200店舗程のお店が出店の予定です。

定番のメニューは揃っているので、楽しみですよね。
夕方の17時頃には、すでに営業しているようです。

ただし、打ち上げ時間が近づくにつれて混雑してきますので、屋台に立ち寄るなら早い時間に利用するようにしてください。
さっさと物色して、めぼしいものを買っておきましょう。

スポンサーリンク

 

伊丹花火大会の穴場スポット情報

会場に早く到着できないので、場所取りできない…などの場合の穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

<穴場1:大阪国際空港の展望デッキ>


大阪国際空港(伊丹空港)の展望デッキは、伊丹花火大会全体を一望できる場所です。
飛行機と花火のコラボが美しく、貴重ですよ。
花火大会ということでのイベントも開催されているので、楽しみ2倍です。

ただし、入場規制がかかりますので、この場所を目的とするなら、早めに到着しましょう。遅くとも19時までの入場は必須です。

 

<穴場2:イオンモール屋上(ダイヤモンドシティの駐車場)>


打ち上げ場所の近くに位置するスポットで、迫力ある花火が綺麗に見える場所です。
ただし、車の渋滞は必至です。
食べ物やトイレの心配がないのが良いですね。

 

<穴場3:伊丹空港の公園スカイパーク>


大阪国際空港近くにある穴場スポットです。駐車料金がかかってしまいますが…格安です。
広くて、遊具がたくさんあるので家族連れなどにおすすめできます。

混雑もさほどではなく、比較的ゆっくり花火観賞できます。

 

<穴場4:神津大橋河川敷>


穴場というより、そのまんま…^^;ですが、神津大橋河川敷からの花火観賞になります。
ベストスポットは、南側が特におすすめ。
…ですが、混雑がゆるいのは東側なので、臨機応変に場所選びをしてください。
場所取りができない…という場合には無理ですが、1~2時間前くらいに行くと、争奪戦スポット以外だと、地面に座った状態でゆっくり観賞できます。
相当に近くから見える場所になりますので、かなり迫力があります。

 

いたみ花火大会

出典 http://airlinesphoto.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

伊丹花火大会は、毎年テーマが変わり猪名川を舞台に美しい花が夜空を彩ります。

メイン会場である河川敷両岸からは間近に打ち上がる花火が楽しめます。
夜空に咲かせる様々な華の宴が見応えたっぷり。四季の移り変わりを表現した花火が次々と打ち上げられる演出は、見逃せません。

必見の「黄金しだれ柳の重ね咲き」で、関西の夏を締めくくります。
夏の終わりを飾るにふさわしい、伊丹花火大会をぜひ満喫してください。

スポンサーリンク