あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

飯山菜の花公園~花まつり2017見頃と観賞ポイント

      2017/04/28

飯山菜の花公園

出典 http://ruruaizu.blog61.fc2.com/blog-entry-1512.html

飯山菜の花まつりは、2017年(平成29年)で第34回を迎えます。
菜の花のシーズンは、通常4月下旬から5月中旬、それに合わせて飯山公園で菜の花まつりが開催されるんですね。

約13haもある敷地に黄金色の菜の花畑が広がる様子は、まさに圧巻です。優雅に蛇行する千曲川と背景となる関田山脈の連なりとのマッチングも素敵ですよ。
そして、飯山菜の花まつり開催中は、いろいろなイベントも行われます。

花まつりの日程、見所、鑑賞ポイントなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

飯山菜の花まつりの日程・アクセス

菜の花公園

出典 http://bpmaple.jp/sansai/index.html

<住所>
長野県飯山市瑞穂413南付近
<開催場所>
飯山市菜の花公園
<開催日>
平成29年5月3日(水)・4日(木)・5日(金)
<アクセス>
車:上信越自動車道豊田飯山インター下車 十日町方面へ約20分(飯山市立東小学校となり)
鉄道・バス:
・北陸新幹線・JR飯山線 飯山駅~タクシー約20分
・北陸新幹線・JR飯山線 飯山駅~長電バス(飯山・野沢線)→野沢方面「湯の入荘入口」下車徒歩5分 (湯の入荘入口バス停は「中村」と「関沢」の間に位置します)
時刻表はこちら
  ▼ ▼
北陸新幹線・JR飯山線 飯山駅時刻表
バス時刻表

<駐車場>
650台(有料)

スポンサーリンク

 

飯山菜の花公園での菜の花は、例年だいたい花まつり期間前後の4月下旬から5月上・中旬頃まで見ることができます。
実際のところ見頃は…その年によって変わるんですね…^^;なので注意してください。

公共交通機関を使うのなら、連休中だけ運行する菜の花周遊バスが便利ですよ。時間が合えばこちらの利用も考えてみてください。

花まつりの開催日が近くなってきたら飯山市公式サイトで確認してみてくださいね。

飯山菜の花公園~観賞ポイントとイベント

菜の花公園イベント

出典 http://www.iiyama-ouendan.net/special/nanohana/

飯山菜の花公園の菜の花は、前の年の秋に種蒔きをして翌年のGW中に見頃になるように調整しています。
しかしながら、気象条件によって毎年見頃の時期が変動することも少なくないんですね。
特に北信濃の飯山は全国でも有数の豪雪地帯です。
大雪の年なんかだと、その可能性は大きく、寒の戻りなどにも左右されます。

…ということは、菜の花の満開を期待して飯山菜の花公園に行ってみたけど、まだ咲いていなかった…(-_-;)という状況もありえます。
そんなことがないよう、事前チェックしてから出かけましょう。

4月中旬頃から菜の花の開花状況を、ライブカメラで時々確認してみるといいですよ。⇒飯山菜の花公園ライブカメラ

菜の花は一般的に、菜種油をとるアブラナの花なのですが、ここ飯山菜の花公園の菜の花は、野沢菜の花です。
野沢菜が育つ環境は、標高が高ければ高いほど美味しいものができます。
場所によっては標高600m以上のところもある飯山市はまさに適していると言えるんですね。

菜の花まつりでは、野沢菜の漬物の試食や販売もしているので、それもお楽しみください♪

千曲川と残雪の残る山々をバックにして一面の菜の花畑を写せば、素晴らしい写真が撮れること請け合いです。

菜の花の迷路や、野外商店街、野外ステージでの音楽隊の演奏も楽しめます。
他にもいろいろあるので要確認です。
いいやま菜の花まつり

上級テクとしては、菜の花公園は、長野県のサンセットポイントにもなっているほど夕暮れの景色も見事なんですね。
菜の花公園菜の花まつりもイベント盛りだくさんで楽しいのですが、この期間をわざと外し、その前後に足を運び、混雑なしの景色を堪能するのも良いですよ。

菜の花の丘

出典 http://www.shinshu-tabi.com/iiyama.html

毎年たくさんの観光客で賑わう飯山菜の花公園。
美しい景色が満喫できるところは日本全国数あれど、ここも他の場所に引けをとらないくらい素晴らしいんです。

この風景の美しさを楽しめるのも、地元のボランティアの人々の協力があってこそ。小さな子どもから大人まで参加して菜の花を咲かせることに力をそそいでいます。

そんな苦労の賜物である菜の花をじっくり感じてください。

少し足を延ばせば、人気の高橋まゆみ人形館や、無料の外湯で有名な野沢温泉もあります。
寄り道もまた楽し♪付近の施設もいろいろと体験してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク