あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

北竜町ひまわりの里のまつり2017見頃や迷路は?

      2017/04/17

ひまわりまつり

出典 http://4travel.jp/travelogue/10794988

ひまわりの作付面積が日本最大規模を誇る北竜町では、ひまわりを中心とした町づくりを行っています。
その一環として、毎年開催される「北竜町ひまわりまつり」は、約1ヶ月間にわたって、ひまわり畑が開放され、訪れる人を魅了させます。

23ヘクタールにも及ぶ丘に約150万本のひまわりが咲く景色は、壮観以外の何物でもありません。

2017年今年31回目を迎える、ひまわりの里おいての北竜町ひまわりまつの開催日程や見頃、見どころのひまわり迷路などもご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

北竜町のひまわりまつりの日程・アクセス・見頃は?

ひまわりの里

出典 http://portal.hokuryu.info/org

<開催日程>
2017年(平成29年)7月15日(土)~8月20日(日)無休

<会場場所>
ひまわりの里

<住所>
北竜町板谷143-2

<時間>
24時間観覧可:入場料無料
ひまわり観光センター開場時間:8時~18時

※ひまわり迷路(2箇所)はそれぞれ有料300円

<敷地面積・株数>
約23.1ヘクタール/約150万本
展望台あり:車いす対応スロープ付き

<ひまわりの品種>
ハイブリッドサンフラワー・春りんぞう・夏りんぞう…など。

<アクセス>
【車】
●小樽・札幌方面:
・国道275号線を北上~約2時間
・国道12号線→滝川市→国道275号線を北上~約2時間30分
・道央自動車道深川JTC→深川留萌自動車道→秩父別IC→国道233、275線へ~約1時間30分

●旭川方面・富良野方面:
・旭川→国道12号線→深川→国道233号線→国道275号線(滝川方面)~約1時間10分
・富良野→国道38号線→滝川→国道275号線~約2時間10分
・道央道深川JTC→深川留萌自動車道→秩父別IC→国道233、275号線~約1時間30分

【高速バス】
・札幌ターミナル(14番乗り場)高速るもい号→ひまわりの里北竜中学校前下車~約2時間

【路線バス】
・JR滝川駅(滝川ターミナル4番乗り場)→ひまわりの里北竜中学校前下車
・JR深川駅(深川市立病院)→ひまわりの里北竜中学校前下車~約30分
※深川駅より深川市立病院までおよそ800m
公式サイトで公開しているひまわりの里のアクセス・地図・バス時刻表はコチラ

<駐車場>
あり:無料~24時間利用可
普通車500台/大型車15台/身障者用4台/キャンピングカー可

<問い合わせ先>
北竜町ひまわり観光協会:0166-34-2111
ひまわり観光センター:0164-34-2082(ひまわりまつり開催中のみ)

※予定は変更される可能性もあります、ご了承ください。

 

ひまわりの里の開花状況や見頃は?

北竜町のひまわりの里において、播種から開花までの日数としては、およそ約75日です(平均気温によっても異なります)
ですが、開花状況はその年の天候、土壌の状態によっても変わるんですね。
例年では、大体7月の最終週~8月のお盆頃まで、どこかの区域で満開を迎えています。

それぞれのひまわりが、時期違いで楽しむことができるっていうのも良いところです。

・7月下旬:初々しく瑞々しいひまわり
・8月上旬:力強く勢いがあるひまわり
・8月中旬:熟成し、輝かしい黄金期のひまわり

ひまわりの里全体が黄色に色づき、一面満開になる見頃は8月上旬頃です。

ひまわりの見頃は、例年8月上旬ですが、天候、気象状況によって変動します。
北竜町ポータル運営協議会では、毎年ひまわりの開花状況をお知らせしています。
2017年開花状況はコチラ

スポンサーリンク

 

北竜町ひまわりまつりの見どころは?

ひまわりの里

出典 http://www.att-japan.net/jp/event/guide?code=EE000048

北竜町のひまわりの里で開催されるひまわりまつりでは、盛りだくさんのイベントが予定されています。
期間中の常設イベントと期間限定のものに分けられます。

<常設イベント>
●ひまわり迷路:2箇所
●遊覧車
●レンタサイクル

…など。

<期間限定イベント>
●ビールパーティー
●歌謡ショー
●花火大会
●ひまわりフリスビー大会
●特産米まつり

…などなど。

まずは、巨大「ひまわり迷路」に挑戦してみてはどうでしょうか。ひまわり迷路は、1990年に開設されてから、今年で27回目を迎えます。
作年は、入城者の中からメロンの抽選プレゼントや、ひまわりクイズの正解者に抽選で新米が当たりました!

今年の詳細は、まだ発表されていませんが企画中となっています。
ひまわりまつり公式サイト
(時期によっては、更新されていないこともあり得ますのでご注意ください)

ひまわりの里では、レンタサイクル(料金別途)ができます。
颯爽と畑を駆け抜けて、ひまわりを満喫するのも良いですよね。

自転車はちょっと…っていう方には、回遊ひまわり号料金別途)がおすすめです。トラクターに繋がれたひまわり号が、ひまわり畑をゆっくり15分ほどかけて周遊します。
また、ペット同伴も可能で、遊覧車ひまわり号への乗車もできるっていうのも嬉しいところ。

のんびりと楽チンに、ひまわり畑全体を巡りたいという場合には、こちらが良いですよ。屋根も付いているので、太陽の強い日差しも避けられます。

すぱらしい一面のひまわりを写真に収めるには、ぜひ展望台から♪
展望台は2箇所あり、3m以上の高台から眺める360度のパノラマが楽しめます。
ひまわりの品種は、30種類程度あって、めずらしいものも見られますよ。

都合が合えば、期間限定(1日のみ)の「花火大会」もおすすめです。

※予定は変更となる場合もありますので、ご注意ください。

 

ひまわり

北竜町のひまわりの里では、約1ヶ月にわたって、里のどこかでは満開のひまわりを観賞できる日本有数のひまわりの名所です。

東向き斜面の丘に東向きに一斉に咲く150万本のひまわりは、観光客を唸らせるほどの絶景です。
人口2,000人程の北竜町ですが、町民皆で大切に育てているのが「町花ひまわり」です。
見頃の時期のお天気が良い午前中などは、一段と黄色が映えて見事です。

ぜひ、日本一のひまわり畑を見に足を運んでください。

スポンサーリンク