あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

ひろしまフラワーフェスティバル2017スケジュール日程

      2017/04/21

フラワーフェスティバル

出典 http://www.pressnet.co.jp/article/150425_15.shtml

ひろしまフラワーフェスティバルは、2017年で第41回目の開催となります。
このイベントは、1977年から始まった広島最大級のものなんですね。

平和をテーマに、今まで受け継がれてきました。
開催日である5月3日~5日には、パレードやステージを初め、いろいろな催しものが盛り沢山です。
8月開催の平和記念式典とは対照的な生命感あふれるイベントとなっています。

その、ひろしまフラワーフェスティバルのスケジュール情報をご紹介します、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

フラワーフェスティバルスケジュール~ステージ・パレード・ゲストは?

フラワーフェスティバル

出典 http://ameblo.jp/shokokai-saka/entry-11240392826.html

ひろしまフラワーフェスティバル2017は、例年通り、ゴールデンウィーク期間中に行われます。
花の総合パレードやステージが楽しめますよ。
約100チームも参加する最終日のきんさいYOSAKOIパレードでの踊りも見ものです。

<開催日>2017年5月3(水)・4(木)・5日(金)

【パレード】

<花の総合パレード>
日程:5月3日(水):平和大通り
2017年度のフラワーフェスティバルでも、初日を飾るのは、パレードです。
約9000人ほどの参加者は、花をあしらった衣装や演出を凝らして約1.2キロの平和大通りをパレードします。
時間は例年11時開始~14時30時まで行われます。

途中の沿道には、観覧席が設けられており、高齢の方や体の不自由な方もゆっくり鑑賞できるようになっています。また車いすの方のスペースも用意されているなどの配慮がされていますよ。

<きんさいYOSAKOIパレード>
日程:5月5日(金):平和大通り
フラワーフェスティバル最終日のパレードはYOSAKOIです。
約100チームの参加があり、盛り上がります^^
例年、時間は11時~15時までとなっています。

花の総合パレードときんさいYOSAKOIパレードは、平和大通りで行われますが、見学者で大混雑します。じっくりと楽しむなら、早めに場所を確保しておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

 

【ステージ】

日程:5月3日(水)・4日(木)・5日(金)の3日間とも行われます。

28ステージ、240以上の団体が参加し、ダンスや音楽を披露します。
その中でも、5日(金)のカーネーションステージ(メインステージ)で行われる、きんさいYOSAKOIステージが目玉ですが、どのステージの盛り上がりも大変なもので、どこを見に行こうか悩むところかもしれません。

各ステージには花の名前がつけられているのも、ほのぼの感があって良いですよね。

 

【ひろば】

ひろしまフラワーフェスティバル期間中には、平和大通り、平和記念公園内に広場ブースが作られ、その数80箇所以上。
体験コーナーなどもあって、子供はもちろん大人もワクワクしそうです。

また、通りには観光物産フェアや、フリーマーケットの出店があり楽しめますよ、混雑は必須ですが…^^;

 

【ゲスト】

フラワーフェスティバルの2017年のゲストはまだ発表されていません。
例年、初日の5月3日にカーネーションステージ(平和記念公園内)での登場となります。

因みに2016年度は平原綾香さん、芹洋子さん、岸谷香さん、モーリス・グリーン、2015年度は夏川りみさんと加藤登紀子さんでした。
公式サイト上には名前はありませんが、2014年には、May Jさんも参加しました。

なんせステージが28もあるので、記載されてるのはメインステージのみのようです。

過去の出演者はこちらで確認できます。
フラワー歌手・フラワーフェスティバルスペシャルゲスト

 

ご紹介した内容については、過去の情報を参考にしているものもあります。
現時点において2017年度の詳細が発表されていないものもありますのでご了承ください。
フラワーフェスティバルの開催時期が近づいてきたら、公式サイトでスケジュールを確認してみてくださいね。
41thひろしまフラワーフェスティバル

必ずガイドブックもチェックしましょう!

ひろしまフラワーフェスティバルを効率的に楽しむためには

フラワーフェスティバル

出典 http://www.rccbc.co.jp/event/work/news/index.html

5月3日だけに行われるパレード、5月5日だけに行われるYOSAKOI…ということを考えれば、中日の4日は、意外と穴場かもしれません。

目玉となる催しは、ちょっと外してでも、できれば若干なりとも人混みは少ない方が良いなら、4日にするのもアリでしょう。

折角なので、パレードはぜひ見たいですけれどね^^;

フラワーフェスティバルの醍醐味であるステージですが、市内何ヶ所もあるので、とてもじゃないですが、全部回るのは無理です。大通りのステージはまだしも、それ以外の施設への移動も大変です。

あらかじめ、ガイドブックを確認しておき、見たいプログラムに目星をつけて計画的に行動しましょう。

また、混雑のある場所での利用はできませんが、離れているステージへの移動はレンタサイクルを利用する手もあります。

3日間でおよそ160万人も訪れる、ひろしまフラワーフェスティバルの熱気をぜひ体験してきてください。

スポンサーリンク