あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

はまぐりの砂抜きが5分で!あっという間の簡単なやり方

   

はまぐりの砂抜き

出典 http://luckyclover7.blog27.fc2.com/blog-entry-793.html

はまぐりの砂抜きはいつもどうやってますか?

通常は、3%くらいの塩水に、はまぐりを浸けておきますよね。
1~2時間くらいおかないと、ちゃんと砂を吐いてくれません。

だったら、そのとーりやればいいんでしょ?
ってことにしたら話が終わってしまいますので^^;

そのまま浸けて暗い所に置いておくだけでいいんだから、別にそれでかまわないわ~っていうこともあるでしょう。
でも、なるべく早く、はまぐりの砂抜きしたい時もありますよね。

時短方法でやってしまいたい時や1時間も2時間も待ってられないわっ!
っていう、せっかちさんへの早くできる簡単はまぐり砂抜きをご紹介します。

とっても短時間、なんと5分で、できてしまいますよ^^

スポンサーリンク

 

はまぐりの砂抜き時短なら50度のお湯に浸けるべし

これまで2時間くらいかかっていた、はまぐりの砂抜きが、なんとわずか5分程度で完了します。

ポイントは、はまぐりを浸ける水の温度。
水というか…お湯ですね。

あ、熱湯はダメですよ、温度調整はしっかりと。

あくまでも温度は50度にしてください。
そして塩は入れません、真水です。

<はまぐりの簡単砂抜きの手順とポイント>

・重ならないようにはまぐりを鍋や深めの容器に並べる。
・その中に、50度のお湯を注ぎ入れる。
・中身が見えてきたら、はまぐりを洗って冷水に移して冷ます。

たった、これだけです^^;手順なんて言えないくらい簡単ですよね。

ポイントは、やはりお湯の温度、50度を守ることです。
温度が低すぎる(43度以下)と砂抜きができないので、注意してくださいね。

塩の濃度も気にしなくても良いし、簡単だし、時短にもなるし…
…と、いい事ずくめと思いきや、実はデメリットもあります。

スポンサーリンク

 

はまぐり簡単砂抜きが向いていない場合は?

時短での砂抜きが向いていない場合が2つあります。
この方法で砂抜きをするなら、以下の2点を守ってください。

1:買ってきた、はまぐりで行うこと
潮干狩りでとってきたものは、スーパーなどで購入したものと違って、下処理がされていません。砂の量も多いです。
しっかりと砂抜きの必要があります。

2:保存しないで食べきること
お湯で処理したものは、鮮度が保てません。
日持ちがしないので、冷蔵保存はもとより、冷凍保存もおすすめできません。
処理後は、おいしく調理して食べてしまいしょう!

はまぐりのお吸い物

出典 http://www.maruetsu.co.jp/index.php/recipe/detail/4139

時短で簡単な、ほまぐりの砂抜きは、毎回の処理でやらなくても良いでしょう。
その時の状況、タイミング、予定などによっても変わってきますから。

少量のはまぐりを買ってきてすぐ食べる時には、かなり有効です。
でも、多めのはまぐりが手に入った、または、潮干狩りに行ってきたとかの場合には、一度にそんなに食べられるわけではないですよね。

そんな時には、基本の砂抜きをして冷凍保存すればいいのです。

毎年2月から4月の時期は、はまぐりが美味しい時期です。
旨味が凝縮されていて、食べるには最も適しています。

時期的にも、ひな祭りメニューとして、はまぐりのお吸い物はよく作らますしね。

旬の食材を体に摂り入れることって栄養的にもいい事なんですよ。
食べられる時に、どんどん美味しく食べたいものです。

スポンサーリンク