あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

グリンピースの人気レシピ~ふっくら豆ご飯とおつまみ

   

グリンピース
グリンピースの旬の時期は、4月~6月です。
馴染みがある冷凍のものや缶詰は、一年中出回っていますよね。
でも旬の時期の新鮮なものは、より美味しく、それらよりも栄養価も高いです。
季節の変わり目の体調維持や疲労回復の手助けとなる成分も豊富に含まれていますよ。

普段は冷凍や缶詰を使用していても、この時期には生のグリンピースを使ってご飯を作ってみてください。

見た目は普通のシンプルなグリーンピースご飯でも、豆がシワシワにならない工夫や簡単味付けの技ありレシピをご紹介します。
簡単グリンピースおつまみ、ポタージュもあります、参考にしてくださいね~。

スポンサーリンク

 

シワシワグリンピースとはおさらばご飯レシピと簡単おつまみ

『グリンピースごはん編』

グリンピースご飯

出典 http://cookpad.com/recipe/2179370

【ぷっくりグリンピースご飯】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2179370

<材料>
・グリンピース          200~250g(正味80~100g)
・米               2合
・塩(茹で用)          小さじ1/2
・塩(味付け用)         小さじ1/2
・昆布              5センチ

<作り方レシピ>
1:さやから出したグリーンピースを塩を加えた熱湯(完全に豆が浸かる量)で4~5分程度茹で、一粒食べて好みの硬さだったら火からおろし、そのままお湯の中で冷ます。
2:といだ米をザルにあけて、1が冷めたら炊飯器に米とグリンピースの茹で汁200mlをとりわけて入れ、不足の分量の水を目盛り分まで足す。
3:炊飯器に昆布、塩を加えて炊飯し、ご飯が炊きあがるまでグリンピースをそのまま残りの茹で汁につけておく。
4:ご飯が炊きあがったら、昆布を取り出し、グリンピースをザルにあけ水分を切りご飯に混ぜる~グリンピースが潰れないように優しく混ぜて出来上がり。

※グリンピースを茹でたあと、茹で汁の中で完全に冷ますとシワができません~ご飯が炊きあがる直前に水を切ってください。
※ご飯を炊く時に茹で汁を使うので豆の風味もついて美味しくなります。
※冷凍グリンピースでも同じ行程にすると、ぷっくり豆になります。

 

【手間なし人気のグリンピースご飯~豆は柔らか♪】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2586620

<材料>(4人分)
・米               2合
・生グリンピース         正味100g
・塩               小さじ1
・酒               大さじ1

<作り方レシピ>
1:洗った米をザルにあけておく。
2:グリーンピースはさやから取り出し、洗って水を切っておく(さやつきのままだと240g程度)
3:水を切った米を炊飯器に入れ、酒を加えてから2合の目盛りまで水を足し、水切りしたグリンピースと塩を入れて炊飯スタート。
4:炊きあがったら10分蒸らして、さっくりと混ぜ出来上がり。

※グリンピースは、もう少し多くても美味しいです、お好みで。

 

【昆布茶で簡単グリンピースご飯】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2548728

<材料>(2人分)
・米               1合
・昆布茶             小さじ1
・グリンピース(生でも冷凍でも) 30g

<作り方レシピ>
1:米をといで、炊飯器に入れ、通常通りのラインまで水を入れる。
2:昆布茶をいれてひと混ぜし、グリンピースを加えて炊飯スタート、炊きあがったら出来上がり。

※冷凍のグリンピースを使うときも、解凍せずそのまま炊飯器にいれてOKです。
※薄味好みでしたら、昆布茶は少なめにしてもかまいません。

スポンサーリンク

 

『おつまみ編』

グリンピースおつまみ

出典 http://cookpad.com/recipe/1144780

【おつまみに最適グリンピースの素揚げ】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/1144780

<材料>
・グリンピース          好きなだけ
・揚げ油             適量(少しでもいける)
・塩               少々

<作り方レシピ>
1:グリーンピースをさやから出し、小さめのフライパンで火力を若干抑えめにフライパンを動かしながらグリンピースを転がす感じで揚げる。
2:短時間で揚がるので、一粒食べてみていい感じに揚がっていたら火を止めてキッチンペーパーにグリンピースをあげて油を切り、塩をふって出来上がり。

※揚げ焼きする感じです、高温だと皮が弾けてグリンピースが飛んでしまうので、抑えめにした方が良いです。…が、長時間かけると色が悪くシナシナになりがちなので、できれば最後は温度をあげて一気に揚げきってみてください。

 

【とまらないほどの人気~グリンピースおつまみ】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2648810

<材料>
・グリンピース          2カップ
・片栗粉             大さじ1
・塩               適量
・オリーブオイル         大さじ4

<作り方レシピ>
1:グリンピースを沸騰した湯が入った鍋に入れ、再沸騰し1分で火を止め2~3分放置後、ザルにあげて水気を切る。
2:グリンピースと片栗粉をビニール袋に入れ、口を閉じてシャカシャカふる。
3:オリーブオイルを熱したフライパンに2を入れ、中火~強火で炒める。
4:グリンピースがカラッとなったら、クッキングペーパーに広げて油を切り、粗熱をとる。
5:お好みの塩加減にして出来上がり。

※下茹でしてあるので、炒めてカリッとしたらOKです。

 

『ポタージュ編』

グリンピースポタージュ

出典 http://cookpad.com/recipe/1119369

【生クリームなしの簡単グリンピースポタージュ】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/1119369

<材料>(材料)
・グリンピース          250g
・玉ねぎ             1/2個
・牛乳              300ml
・水               200ml
・塩・胡椒            少々
・チキンコンソメ         キューブ1個
・バター             10g
・はちみつ            小さじ1

<作り方レシピ>
1:フライパンを熱してバターを入れ、薄切りにした玉ねぎを入れて、しんなりするまで炒める。
2:水とグリーンピースをフライパンに加え、5分程度、柔らかくなるまで煮て火を止める。
3:2の粗熱がとれたら、ペースト状にするためミキサーにかける。
4:3を鍋に移しかえ、牛乳を加え火にかけて、沸き始めたらチキンコンソメ、塩コショウ、はちみつを入れて2~3分煮たら出来上がり。

※ミキサーが回りにくい場合には、水を少し入れてください。
※冷凍のグリンピースでもOKです。

グリンピース

缶詰や冷凍のグリンピースを使うのも手軽でいいのですが、せっかくなので旬の時期には生のグリンピースを積極的に摂るようにしたいですよね。

ただし、グリンピースは常温にそのまま置いておくと、旨味成分があっという間に激減してしまいます。さや入りのものを購入したら早めに調理するのが良いでしょう。

グリンピースの栄養価を考えても、ビタミン類が豊富、ビタミンB1、B2、ビタミンCの含有量は、さやえんどうとか、えんどう豆よりも多いんです。

漢方的には、むくみにも働きかけたり、解毒作用もあるので肌の調子がイマイチなときにもおすすめです。

その上、遊離グルタミン酸の量は、なんとトマト並みです。
それだけ旨味成分を含んでいるっていうことですよ。

しかし…意外と苦手な人も多いんですよね、グリンピースって^^;
子供の頃から嫌いで大人になってもずーっと嫌いな人って結構います。

でも、これだけの魅力的な栄養を含んでいるグリンピースを食べないなんてもったいない…大損ですよ!
グリンピースご飯すれば、苦手な青々しさも軽減し旨味もアップ、おつまみにすればカリッと香ばしい。

ぜひともグリンピースの美味しさを再認識してくださいね^^

スポンサーリンク