あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

京都五山の送り火全てが見える場所や穴場スポットは?

   

五山送り火

出典 https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/

祗園祭と同様、京都の夏の風物詩の一つである京都五山送り火は、夏の夜空を彩ります。
この送り火は東山如意ケ嶽の「大文字」が最も良く知られていますが、他にも金閣寺大北山「左大文字」、松ヶ崎西山・東山の「妙法」、西賀茂船山の「船形」嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」などがあるんですね。
同夜相前後して点火されるこれらを京都五山送り火とよんでいます。

今年2016年度も京都五山の送りの点火されます。
そこで見える場所や穴場スポットなどをご紹介します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

京都五山の送り火の日程・点火の時間スケジュール

五山送り火
<日程>

2016年(平成28年)8月16日(火)

●大文字:京都市左京区浄土寺・大文字山(如意ヶ嶽)~20時点火
●妙法:京都市左京区松ヶ崎・西山と東山~20時5分点火
●船形:京都市北区西賀茂・船山~20時10分点火
●左大文字:京都市北区大北山・左大文字山~20時15分点火
●鳥居形:京都市右京区嵯峨鳥居本・曼荼羅山~20時20分点火

<お問合せ>
商工労働観光部観光振興課:075-414-4843

 

大文字五山送り火~各山送り火が見える場所と穴場スポット

大文字五山送り火は、毎年8月16日に夏の京都の夜空を輝かしく焦がします。
次々に浮かび上がる「大」「妙・法」「鳥居」「船」の文字がなんとも幻想的です。

この炎で、お精霊(おしょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世に送りとどけるとれているとのこと。

五山の送り火を見に訪れる人は、平日といえども10万人超えとも言われ、京都の街はこの時期、人で溢れかえります。
せっかく出かけたのなら、灯された文字を綺麗に見たいですよね。
しかし、火が灯るのは、1時間にも満たない僅かな時間。

しっかりと、計画的に行動しましょう。

スポンサーリンク

 

【各々の文字の見える場所】

●大文字:鴨川(鵜川)堤防(丸太町橋~御薗橋)
●妙:北山通(ノートルダム女学院附近)
●法:高野川堤防(高野橋北)
●船形:(北山橋から北西)
●左大文字:西大路通(西院~金閣寺)
●鳥居形:松尾橋・広沢の池など

京都五山送り火マップ

出典 http://lmaga.jp/series.php?id=12&series=1685

 

同時に沢山の五山送り火をできるだけ、可能なら全部見たい!っていうのは誰もが思うもの。
しかし、いっぺん同時見えるということは、遠く離れていなければできないことです。それもでも…という場合の穴場スポットをご紹介します。

 

<穴場1:京都タワー>
地上100mにも及ぶ高さからの眺望は素晴らしいです。大文字は多少、側面からになりますが全ての文字が観賞できます。

 

<穴場2:京都駅ビル空中経路>
京都駅ビル空中経路でも五山全て見えます。…が、事前抽選に当たらないとココからの観賞はできません。700人が入場できます(無料)

 

<穴場3:出町三角州付近>
穴場…というよりは、多くの人がすでに知っている場所です。故に人はたくさん集まります。
混雑はしますが、川という場所がらゴミゴミした感じはあまりありませんが、この場所で送り火を見るのなら、早めに到着して場所取りをした方が良いでしょう。

 

送り火クッキー

出典 http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/category/ivent/okuribi/page/2

暑い京都の夏の終盤を迎える頃の「大文字五山送り火」
このイベントが過ぎれは、夏の終わりを感じさせ、どこか寂しい雰囲気が漂います。

京都近辺からも多くの人が訪れる程の人気の大文字五山送り火は、精霊を再び彼岸に送るための宗教行事なのです。
五山送り火にの五山には、それぞれ歴史が伝えられていますが、起源としては諸説がありはっきりしていないとのこと。

都の長い歴史の中で、絶えることなく地域の住民によって受け継がれてきました。
いつの時代も変わることのないこの行事を、ぜひ体験してください。

スポンサーリンク