あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

藤沢江ノ島花火大会2016日程や場所は?穴場スポット6選!

   

江の島花火大会

出典 http://amikarin.blog19.fc2.com/blog-entry-90.html

湘南の秋の風物詩である、ふじさわ江の島花火大会は、江ノ島を背景にスターマインなどの色とりどりの花火が打ち上げられます。
湘南海岸で唯一観られる直径約480mほどの二尺玉は必見で、秋の夜空を鮮やかに彩る大輪の花は、見物客を魅了します。

今年2016年の藤沢江ノ島花火大会の日程をはじめ、場所、時間などをお知らせします。
また、有料観覧席についてや穴場スポットもご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

 

江ノ島花火大会の日程・場所・時間は?

江の島花火大会

出典 http://syounanlife.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_0060.html

<開催日程>
2016年(平成28年)10月15日(土)
※小雨決行、荒天時は10月16日(日)に順延(16日も荒天の場合には中止)

<時間>
18時~18時45分

<打ち上げ数>
約3000発(2尺玉含む)

<会場場所>
神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜

<打ち上げ場所・席場所>

打ち上げ場所

出典 http://www.fujisawa-kanko.jp/event/fujisawahanabi.html

 

<問い合わせ先>
公益社団法人藤沢市観光協会(藤沢市観光センター):0466-22-4141 

※予定は変更になる可能性もあります、ご了承ください。

 

アクセス・駐車場情報

<アクセス>
【電車:最寄り駅】
・小田急片瀬江ノ島駅より徒歩2分
・江ノ島電鉄江ノ島駅より徒歩5分
・湘南モノレール湘南江の島駅より徒歩7分
【車】
・圏央道【さがみ縦貫道路】八王子JCT→茅ヶ崎海岸IC→国道134号江の島方面へ
・東名高速厚木ICから国道129号平塚方面→国道134号線を江ノ島方面へ
・横浜新道より国道1号線を江の島・藤沢方面へ

<駐車場>
会場周辺に民間有料駐車場あり
普通車400円~/1時間
藤沢市観光協会のホームページ→江の島・片瀬海岸周辺駐車場

混雑、渋滞が予測されるので、可能な限り公共交通機関の利用が望ましいです。
車で現地入りを考えている人は、早目の到着を心がけましょう。

<交通規制>
花火大会当日は、会場周辺で交通規制あり(一部会場付近の住宅街が通行止め)

 

有料観覧席情報

ふじさわ江の島花火大会では有料観覧指定席の用意があります。

<有料観覧席場所>
境川河口左岸(東側)

<定員>
パイプ椅子席:1名

<販売価格>
2,500円

<販売開始>
2016年9月1日(木)10時~

<購入方法>
チケットぴあ・ローソンチケット

販売席数は2,500席、売り切れ次第販売終了。
会場への入場は16時から可能です。

有料観覧席の詳細は、ホームページで確認できます。

スポンサーリンク

 

屋台の出店はどこに?

屋台
藤沢江ノ島花火大会でも屋台の出店はありますよ。
ジャンルとしては、食べ物系が多いです。
小田急江の島線の片瀬江ノ島駅を中心に数十店舗ほど出店しています。

屋台巡回は、早めに済ませておいてから花火をゆっくり観賞するのがオススメです。

 

ふじさわ江の島花火大会の穴場スポット情報

有料観覧席を手に入れてゆっくり花火を観賞するのも良いですが、そこまでは…という方に幾つか穴場スポットをご紹介しますね。

 

<穴場1:江の島温泉周辺>


地元住民の方が多く見物しています。
割りと行きづらい場所のため、混雑度はやや低めのスポットです。

それでも、打ち上げ場所からは比較的近いので、迫力もあり、綺麗に見える場所です。

 

<穴場2:湘南モールフィル藤沢店>


打ち上げ場所から、かなり離れた位置にある場所なので、花火の大きさはソコソコといった感じ。
花火大会当日は、屋上駐車場を開放してくれている商業施設です。
食べ物やトイレの心配なく、家族連れにもおすすめ。
早目に到着し、中で時間を潰して花火に備えましょう。

 

<穴場3:湘南海岸公園>


小田急江ノ島線鵠沼海岸駅と片瀬江ノ島駅の間に位置する海岸線上の公園です。
花火観賞できる敷地が広く、芝生もあるのでゆっくりできます。
アクセスも良く、どちらの駅からも徒歩15分程度です。

 

<穴場4:七里ガ浜周辺>


会場から、割りと離れた位置にあるので、迫力度は低めです。
その分、人出も少ないですし、混雑も回避できます。

 

<穴場5:新江ノ島水族館周辺>


人気スポットです…あまり穴場ではないかもしれません^^;
夕方近くに到着すると立ち見になるかも。

ある程度、早めに場所取りした方が良いでしょう。
水族館からは、花火を観賞することはできないのでご注意を。

 

<穴場6:片瀬漁港駐車場周辺>


穴場というか…かなり混雑するスポットです^^;
こちらも人気があるので、朝早くからの場所取りが必要です。

その分、迫力、臨場感とも文句なしの場所です。

 

 

江の島花火大会

出典 http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.aspx?SozaiNo=140024

ふじさわ江の島花火大会の目玉は、なんと言っても大型の2尺玉です。その大きさは、まさに圧巻たるもの。
打ち上げ数こそ、多いとは言えませんが、迫力、火薬量は他の花火大会にも負けてはいません。

昼のうちは、江の島観光を、夜は花火を楽しむ…というのもおすすめな過ごし方。

湘南海岸の夜空を美しく彩る花火は、ロマンチックな雰囲気たっぷりです。
秋の海の花火大会を満喫するべく、ぜひ藤沢江ノ島花火大会へお出かけください。

スポンサーリンク