あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

2016年の電力小売り全面自由化で電気環境はどう変わる?

   

電力自由化

法改正により2016年4月から電力小売りが全面自由化されます。
これは、家庭に向けたサービスも含まれています。
今まで主流だった、地域ごとの電力会社だけでなく新電力といわれる、いろんな会社が参入してくるんですね。

大手電力会社と違って新電力はの中には、この業種に限らない企業も電力の販売をはじめることがあり、現在ほぼ120社程の販売登録があります。
一般家庭でも、電気の契約先を自由に選べるようになるわけですが…。

これって、果たして良いことばかりなのか…メリット・デメリットを調べましたので、チェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 

電力会社の選び方~重視するべきポイントはどこ?

選ぶ

電力小売り自由化ということなのですから、各家庭で自由に電力会社を選べます。
その電力会社を選ポイントですが、何に一番、重点をおいて選ぶかってことです。
これは、各々の家庭で違うでしょう。

まず、料金で選ぶ、クリーンエネルギー系かどうかで選ぶ、ポイントやセット割の有無で選ぶ…などです。
このように、電力小売り自由化で選択肢が増えますし、電気の特性(クリーンなど)をみながら自由に好きな電力会社が選ぶことができるようになるのはメリットといえるでしょうね。

エネチェンジ電力会社では、電気料金比較シュミレーションができるので、確認してみるのも良いでしょう。
お住まいの住所から、現在の料金と新たな会社の料金比較ができますので、良かったら利用してみてくださいね。(地域によっては現時点での新電力の参入がない場合もあります)

一番のメリットは、各電力会社が、自分のところを選んで貰おうと、いろんなサービスを提供してくることですね。
それが先で記載した料金だったり、セット割だったりします。

今までは、大手電力会社は独占企業状態で競争相手なしの殿様商売だったのが、これからはそうもいかないかもしれません。戦国時代に突入ということで、独自性を押し出していく必要があるわけです。

利用者にとっては、好ましいことではありますが?

電力小売り自由化でデメリットはある?

疑問

電力小売り自由化によって私たちの生活環境にどの程度影響するかは今のところわかりませんが、決して少なくはないでしょう。

電力自由化でのメリットもいろいろあるとはいえ、やはり良いことばかりではありません。

電力自由化になったら、基本は料金が値下がりするんでしょ~
…と思っている人は多いかもしれないですね。

でも、必ずそうなるとは言い切れませんよ。
制度が開始になった当初は、確かに顧客獲得のために各々の新電力が安い電気料金を提示してくることもあるでしょう。
しかし、海外の電力自由化を既に行っている国では、電気料金は下がっていないというのが現状です。直後は、若干値下がりしてる場合もあるようですが、長期的にみると、ほとんどが値上がりしています。

どうしてこのような状況になるかというと、電気料金の申請を国にしなくてもいいからです。許可を貰う必要がないんですね。

価格⇒自由化⇒料金の設定は電力会社次第⇒電気料金が上がるかも

…という理由からです。

スポンサーリンク

 

今までと比べて大規模停電が起こったり、停電の回数が多くなったりするのでは…と、慣れてない新電力が参入することで電力供給の面で、不安な人もいるかもしれませんね。

しかし、これは誤解で、電力自由化が実施されても、電力安定供給は大前提なんです。たとえ、契約している新電力が倒産に陥ったとしても電気は送電会社から供給されます。

この点についての心配はないとはいえ、電力自由化した諸外国での電気料金はほとんどが上昇していますので、手離しには喜べません。

とにかく電力小売り自由化が始まってみないと、なんとも言えないところです。今後の電力事情は、どんどん変わっていく可能性もあります。ご家庭のライフスタイルをふまえながら電力会社を賢く選ぶことはもちろん、注意深く動向を見守りましょう。

スポンサーリンク