あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

大人でも水疱瘡の予防接種は必要?初期症状や治療に関して

   

水疱瘡の発疹水疱瘡は、子供が必ずかかると言われるほどに、よくあるウイルス性の病気です。
ほとんどの場合は、2歳~10歳くらいに感染することが多いんですね。
水痘ウイルスに感染すると、発熱や全身に発生する発疹の症状がみられます。

通常は、子供のうちに発病すると、抗体ができて二度とかからないと言われていますが、子供時代に罹患せず、大人になってから発症する場合があります。

子供が水疱瘡にかかった時の症状は比較的軽い症状で住すむことが多いのですが、大人になってから感染した場合は、重症化することもあるので、注意が必要ですよ。

大人の場合は特に初期症状を見逃さす、早めに受診すること大切でしょう。

そこで大人の水疱瘡の予防接種や症状、治療についてご説明します、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

大人の水疱瘡の注意点~初期症状を見逃すな!

発熱
水疱瘡のウイルスは、水痘・帯状疱疹ウイスルと同じもので、そのウイルスに感染して症状を起こすので発症するわけです。

原因としては、やはり家族内での感染率が圧倒的に高いです。
感染経路は子供が罹患して、それをうつされてしまう…というものですね。

この水疱瘡のウイルス…かなり感染力が強いのです。
通常の接触感染はもちろん、飛沫感染、空気感染でもうつってしまうことがあります。

水疱瘡の潜伏期間はおよそ2週間程度。
自分が小さい頃に罹患した既往がなく、子供が水疱瘡にかかってしまったら、かなりの確率で発症するかもしれないということを覚悟しておきましょう。

心構えができていると、すぐに受診して適切な治療を受けることができます。
初期治療が早ければ早いほど、治るのも早く重症になりずらいです、そして周囲の人への感染も防ぐことができます。

さて、大人の初期症状ですが…基本的には子供と同じです。
感染してから10日~3週間ほどの期間を経て、初期症状としての倦怠感や発熱、食欲低下、軽度の頭痛などが起こることが多いです。
一般的な風邪の症状と間違えやすいんですね。

そしてその後、腹部や背部を中心にした特徴的な小さい発疹があらわれてきます。
3~5日程度で、頭や口の中などに発疹が広がっていくこともあります。
発疹の状態は、小さなものから水ぶくれ状になることもあるんですね。

発疹が出始めて3日目くらいが最高潮で、その後はかさぶたになって治っていきます。
通常は、1周間程度で完治します…が、大人だからこそ水疱瘡だと気づかずに受診をせず、こじらせてしまうあるので、即刻受診をするようにしてください、ここが肝心なところですよ。

大人が水疱瘡の予防をするには~予防接種って有効?

予防接種
大人でも予防接種は有効です。
むしろ大人こそ予防接種が必要です。
特に流行の時期に水疱瘡患者に関わる保育、教育、医療関係の職業に関わる人は、行っておいた方が良いでしょう。

そして…以前予防接種を受けた、または罹患したっていう場合でも、終生免疫と考えられていた水疱瘡の抗体は20年くらいをめどに薄れてくることがわかってきました。
気になる方は、再度予防接種を受けることを検討してはどうでしょうか。
その前に、抗体検査をしてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

特に、妊娠中の妊婦さんが罹患した場合、妊娠週の時期によっては胎児に影響することもあるので注意が必要です。
子供の頃に水疱瘡にかかったことがなく、これから妊娠することを考えているのなら、予防接種を受けておくことをおすすめします。

水疱瘡の治療~大人の場合

皮膚科
一般的に大人になってから水疱瘡にかかると子供よりも症状が重くなりがちです。
肺炎などをおこしたり、重症化する率が高いんですね。

…というと、思わず内科に行きたくなりますが、治療には皮膚科を受診してください。
いえ、内科でも治療はしてくれるんですよ。でもとかく水疱瘡というのは発疹の症状が出ます。外観上の問題があるわけです。

特に女性などは、熱は下がって調子は良くなったけどブツブツのかさぶた痕が残ってしまった~~~( TДT)なんてことがあるわけです。
皮膚科だと、それを含めての治療を行ってくれます。まさに「餅は餅屋」ですよ。

顔の発疹

大人が水疱瘡に感染して重症化すると、子供の症状に加え発疹が酷くなったり、高熱だけではなく、肺炎、脳炎、肝炎なども併発することがあります。
要するに症状が強く出る傾向があるんですね。

場合によっては、口内だけでなく、声帯や上気道にできた発疹が呼吸を妨げることにもなりかねません。
だから…怪しい症状が出現したら…すぐに受診→治療です。
発疹が出現して早めに抗ウイルス剤の使用を開始しないと効果も半減します。

また、見た目に気なる発疹の水ぶくれは潰さないようにしてください。治癒しても痕が残ってしまうことになるので気をつけましょう。

スポンサーリンク